出張。

2013.06.18 (火) 05:07 仕事

おはようございます@ハラダです。

梅雨入りと言いながら雨らしいものが感じられませんでしたが、
ようやく本格的な梅雨に突入するような感じでしょうか・・・。

今月の最大イベントでありました“父の日”が終わると海の日を絡んだ3連休まで閑散期が続くのであります。

こういう時は何をするかと申しますと、
お盆商戦に向けて商品力の更なる強化対策を練るのであります。

つまり全国各地の既存取引先さまへ出向き、情報交換をするのであります。

当たり前ですが時季の魚を販売するに当たり、「味を知らない」というのは通用せず、
味を知らない魚屋から魚を仕入れる人は誰もいないと思うのですが、
昨今
一部の業界内の味を知らない素人が横行し講釈を言いながら販売しているのも事実であります。

なので当社の場合、
特に新人さんにはかなりの費用を投じ当社のお客様で試食し勉強する機会を与えています。

さらに仕入担当責任者には各産地へ出向かせ、
コミュニケーションを図ると共に時季の魚を食するように指示しております。

実際のところ、産地へ行かなければ体験できないことは数多く存在します。

地域によっては調味料の塩加減の違いや出汁の種類も異なることで調理法も全く異なることも多々あり、
こういう体験は産地へ出向き五感で感じなければ己の引き出しも増えないのであります。

また我々魚屋は時にはお客様から時季の魚の一番良い調理方法まで聞かれることがあります。

私の経験上、魚の旨みをより引き出せる方法を知っているのは時季の魚を取り扱う産地の方々です。

そしてそれを教えていただき味わうことが出張では必須条件であり、
同時に産地の方々とコミュニケーションを図ることによりその後の仕入取引をより円滑に進めることができるのです。

一部ご存じの方々もいますが、
6月29日から7月6日まで当社の大日方常務を東北→北海道→築地へ出張に派遣します。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、商品力強化のため何とぞご理解の程宜しくお願いいたします。



コメント

トラックバック

ページトップへ