• 2010.11.12 (金) 14:20 日常

    こんにちは@はらだです。

     

    本日の仕入れが終わりました。

    当社の社員も「ドキドキ」でしょう。

     

    何故なら、私、

    営業日前日、そして、

    当日の注文はあえて聞きません。

     

    というのも、

    長年の経験で当日の売上を

    ほぼ予想できてしまうからです。

     

    決して、

    むやみやたらに仕入れるのではありません。

     

    「この位ならいけるだろう」と、

    私なりの独自の判断するのです。

    (これが時々危険な結果を生むことも・・・)(汗)

     

    社員の皆さんも、

    根を上げてきません。

     

    何故なら、

    注文通りでは予算達成が不可能だということが、

    分かっているからなのです。

     

    というより、

    多分「意地」かな???

     

    売られた喧嘩は「受けて立つ」なのでしょうか?

     

    私の役割は、

    販売しやすくする環境作り・・・。

    終わりなき、、、

    「新規開拓」

    「仕入先開拓」

     

    そして、

    個々の社員がそれぞれ持っている「壁」を

    乗り越えられる環境作り、土壌を整備すること、

     

    つまり、

    「チャレンジ」の場を設ける。

     

    「負担」と解釈するか、

    成り上がれる「チャンス」と解釈するか・・・。

     

    給与アップや賞与は「結果」を出し、

    勝ち取るものなのですよ。

     

    イチローだって、

    最初から高年俸ではないですよね?

     

    年末の結果が楽しみです。

     

    遠く「東京」より、

    見守っております。

    (毎日O部長より報告ありますから)

     

    社員の皆様、

    12月は「爆弾」いっぱい落としますよ・・・。

     

    「覚悟」しといてくださいね(笑)

     

    今期は売れるお客様をかなり開拓したつもりです。

     

    利益額が伸びないなら、

    売っていない商品をお客様に売り込めば良いのです。

    ごくごく、単純です。

     

    買っていただくシュミレーション

    1、最初は「心」を掴むため価格も多少は・・・。

    2、同業他社と同価格なら「三力」とご指名いただく

    この「3」が難しい・・・。

    3、同業他社より少々高くても

      「三力なら信用しているから仕方ない」と言っていただく。

     

    「価格」だけでもダメ!

    「魚の知識」だけでもダメ!

     

    要は、

    「コミュニケーション」

    「人ととの対話」なのです。

     

    さぁ、

    今から売り込めそうなお客様を

    「チェック」しておくのですよ。

    (来週のミーティングが楽しみ→1日でダメなら次の日も?)

     

     

    私を煽るくらいじゃないと・・・。

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.11.08 (月) 16:43 日常

    こんばんは@ハラダです。

     

    先程、ミーティングを行ない、

    自社のホームページに関する課題についても

    社員の皆さんからご指摘をいただきました。

    ありがとうございました。

     

    しか~~~~し、

    「根本的に閲覧者がまだ少ない」という結論に達し、

    早急に手を打ちます。

     

    とにかく見ていただかないと・・・。

    制作料だって、結構かかりましたからね。

     

    という訳で、

    せこくて、世知がない話ではありますが、

    当社もご多分に漏れず「経費削減」というものに、勤(いそ)しんでおります。

     

    特に、

    見本とならなければいけない私ハラダとしては、

    色々と行なっているのですが、

    例えば、「出張」

     

    ご存じの通り、

    築地で頻繁に通っておりますので、

    宿泊費、そして交通費が積もり積もると「バカ」になりません。

     

    ましてや、

    先週のような「空振り」状態ですと、

    とんでもない事態となります。

     

    そこで、

    1、時間に制約がない時は「高速バス」

    新幹線 (長野→東京)往復@14,920円(片道/約1時間40分)

    高速バス(長野→新宿)往復@ 5,800円(片道/約3時間40分)

    東京に多く通う程、「ボディーブロー」のように響くのだ。

    そして、

    2、宿泊費

    とあるビジネスホテル一泊/@7,770円(税サ込)

    そして、、、

    私が時々使っているのが、

    新橋駅近くにある「マンガ喫茶」(俗に:ネットカフェ)。

     

    約一畳程の広さに

    テレビとパソコンが装備されております。

     

    寝るだけなら十分ですが、

    ちょっとした作業をするとなると、

    ちと、つらいですね。

     

    ただ、昨夜は「日曜日限定」ということで、

    21時から2時までに入店すると、

    10時間/@1,200円(通常5時間/@2,000円)

    というプランで宿泊できました。

    (ラッキーラッキー)

    F1000018.JPG

    本来なら「満足」と言いたいところですが、

    昨日の私のブログではありませんが、

    現状に満足してはいけないのです。

     

    目標(段階的に)

    「ビジネスホテル」→「ウィクリーマンション」

    そして、、、

    東京3区(千代田区、港区、中央区)のいずれかに

    「マンション」購入!

     

    と、「目標や夢は高く!!!」ですよ。

     

    想像はどれだけ描いても「タダ」ですからね。

     

    しか~~~し、

    その前に立ちはだかる様々な課題は、

    色々と問題をはらんでおりますが、、、、、

     

    「これで良いのだぁ~」と、

    思った時から「成長」は止まりますよね??? 勝間さん?(知人ではない)

     

    成功の習慣癖は、

    常に「自問自答」ですよね??? 和代さん?(同じだよ)(爆)

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.11.07 (日) 05:45 仕事日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    久しぶりに会社に来ました(休日なので誰もいませんが・・・)

    休日の会社は静かなので仕事が集中しやすく、なかなかの環境ですよ。

     

    ただ、私の出社一時間後に当社の「〇野」君が、

    自主的に仕事にきておりました。

     

    私が東京へ「ふら~っと」出張に行けるのは、

    このような社員の「影の努力」の積み重ねのおかげです。

     

    ありがとうございます。

     

    昨夜ブログを更新しようと思ったのですが、

    飲みすぎて、そのまま寝ちゃいました~~~。

    (失礼しました)

     

    ところで、

    私が常宿としている築地のビジネスホテルに3日間宿泊していたのですが、

    何が良いかと言うと・・・

    1、設定しなくてもLANケーブルを繋ぐだけでネット環境がグット!

    2、築地へ歩いて行ける

    3、朝食がタダ(仕入れ時間と重なるので、あまり食べませんが自家製パンです)

    4、新聞の朝刊(〇日)が実質タダ

    5、銀座に近いので、閉店間際のデパ地下「タイムセール」が「お・と・く」

    6、皇居へジョギングに行ける

    7、洗濯機がある(有料ですが)

    8、近くに一人で行けて落ち着いて飲める居酒屋がある

     (後日「うまいもの日記」で・・・)

     

    前振りが長くなってすみません。

     

    本題ですが、

    昨日6日のホテルでもらった新聞に、

    経済評論家で有名な勝間和代さんのコラムが掲載されておりました。

     

    題名は「人生を変える『法則』」・・・と、すごいタイトルですね。

    サブタイトルは、、、

    「原因は能力にではなく努力にある」(ワイナー/達成動機づけの帰属理論)

     

    私、思わず読み込んでしまいました。

     

    人の行動には2つのパターンがあるそうです。

    それは、

    「成功しようとする行動」→→→→失敗を恐れない。

    「失敗を避けようとする行動」→→成功しようとする行動をとらない。

    この2つが常に反発し合うそうです。

     

    成功志向の動機が強い人、失敗回避の動機が強い人、

    この両者にまつわる4つの要因を分析すると・・・、

     

    ①本人の「能力」

    ②本人の「努力」(的が外れると、ただの自己満足)

    ③チャレンジした課題の「難易度」

    ④「運」

     

    だそうです。

     

    「成功思考の動機が強い人」

    成功した時、その理由を「自分の努力のたまもの」と考え、

    失敗した時は、その逆に「努力不足が原因」だと考える。

    つまり最終的には言い訳せず「100%自分が悪い」と認められる人。

    成功率が50%程度、時にはそれ以下のチャレンジを好む。

    そして、今置かれている現状を受け入れ、

    実力(肩書き、もしくは将来なりたい地位や収入)に相応の課題を選び、

    「運」に頼らず成功を求める。

     

    つまり、前向きにしている行動が、

    時には身内にも理解されず、

    批判や誹謗中傷を覚悟の上で強引に物事を進めてしまうが、

    それは最終的に身の回りの人々を幸せにするってことなのかな?

    もしかしたら、「利他の心」につながるのかな? 

    (この5行は私がコラムを読んでの『裏メッセージ』と解釈した感想)

     

     

    「失敗回避の動機が強い人」

    例え成功しても、その原因を特定せずに運まかせのように考え、

    失敗したら「(先天的な)能力不足」を理由にする。

    (つまり、すぐにあきらめ、課題を先延ばし現実逃避してしまう)

    成功への意欲が足りない人は、

    失敗の原因を、やる気さえあれば誰にでも取り組める努力の問題にではなく、

    どうにもならない能力の問題に帰することで、

    努力しなければいけないというプレッシャーをうち消そうとする。

    成功率が50%よりもかなり高いか、逆にかなり「低いチャレンジ」を好む。

    なぜなら、

    実力に相応の課題だと、失敗した時に自己責任が問われるので、

    「とても簡単な課題」

    もしくは、

    「超難題」に挑んだ方が気が楽。

     

    つまり、

    逃げる『現実逃避』、『自分らしさ』という安易な言葉で自己完結してしまい、

    常に逃げ道や言い訳を作る『癖』が染みついている。

    ちょっと否定されると、開き直ってしまう。

    要するに人の事を考えているようで、

    実は自己の体裁、そして自分の事しか考えていない???ってこと?

    「高いプライド、付かぬ『実力』」って感じ?

    (この7行は私がコラムを読んでの『裏メッセージ』と解釈した感想)

     

    過度な努力至上主義、そして「的外れな」努力は危険です。

     

    だからといって、すべての失敗を

    「能力不足」や「課題の難しさ」にしていると、

    知らず知らずのうちに、意欲的でなくなってしまうそうです。

     

    常に自分に問いかけるそうです。

     

    「自分は努力しているか?」と疑ってみる。

     

    その人それぞれの価値観も違えば、

    現状の置かれている状況にもよります。

    「お金」だけで計ることもできませんが、

    各企業だけではなく、

    人々の「勝ち組」「負け組」も大きく二極化しつつあるのでしょうか???

    (この5行は常に私が疑問に思うことです)

     

     

    私個人の目標ですが、

    私の子供たち、あるいは当社の社員がこれから様々なことに興味を示し、

    チャレンジしたいと自己主張するようになると予想されます。

     

    その時に、

    私の不甲斐なさで子供や社員の

    「チャレンジ精神」や「やる気(モチベーション)」を

    損なわせたくない、

    チャレンジができる環境を常に作りたい、

    ただそれだけです。

     

    あいまいな目標ですが、

    必ず、達成しますよ!

     

    当たり前ですが、

    絶対に「三力」は潰しません!

     

    このコラムを読ませていただき、

    改めて決意した次第です。

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.11.05 (金) 20:32 仕事日常

    こんばんわ@ハラダです。

     

    先程ツイッター、そして昨日のブログでも紹介しましたが、

    この解体ショーのマグロを依頼いていただいた方は、

    私が大学時代、とても熱心に一緒に活動した後輩。

     

    これだけでは分かりませんよね?

     

    実は私、

    中学から大学まで約10年間、

    吹奏楽に没頭しておりました。

     

    たまに学生時代の話をする時に、

    「何を演奏していたの?」と聞かれる度に、

    最初は「ホラ吹いてたよ~」と心を掴み・・・、

    「トランペットだよ」と事実を話します。

     

    結論としては、

    音楽のセンスは「皆無」に等しいことが分かりましたので、

    「魚屋」の道を選んだ次第であります。

     

    ただ、

    大学の時はとても楽しかった。

     

    当時、私の所属していた大学の吹奏楽部は

    「東京都大学吹奏楽連盟」

    俗に「大吹連」に加盟しており、

    加盟校の大学間交流というのが「合同演奏会」などを通じて頻繁に行われ、

    それはそれは、本当に楽しい日々の連続でありました。

     

    色々武勇伝???はありますが、

    長文となりますので、

    追々とブログで小出しすることにして。。。

     

    前振りが長くなりましたが、

    今回当社のマグロを購入していただいたのは、

    先程紹介した「大吹連」で当時私は「総務担当」の役員をしていました時に、

    多大なる協力をしてくれた後輩の一人であります。

     

    大学は違えど、

    当時は同じ大学の同僚以上の付き合いで、

    色々と助けてくれた方でした。

     

    明日、マグロの解体ショーが行われ、多分すぐに連絡が来ると思います。

     

    拝啓、南君へ

    色々と数々の付き合いなどが予想される中、

    当社にご指名いただき、ありがとうございました。

     

    また、会いたいですね。

    たとえば、、、

    ・拓大吹奏楽部の地下室?

    ・茗荷谷駅の「札幌軒」で肉丼?(通称:ポロ軒)

    ・朝霞台の〇洋大学の学食で伝説の「ビール1200本」ですか???

     (この事件で〇国ホテルの面接が「パー」になった奴もいたね)

    ・合同演奏会で一緒に演奏した「新宿文化センター」かな?

    ・年末恒例の歌舞伎町の「セントラルパーク」でイッキかな???

     

    切りがないね。

     

    では。。。

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.11.04 (木) 03:04 仕事日常

    おはようございます@只今午前3時前の、ハラダです。

     

    これから築地へ向かいますが、

    少々早起きしてしまいましたので、

    恒例の「ブログ」作成でございます。

     

    昨日はホテルにチェックインするまで、

    時間が少々余ってしまいましたので、

    下見に行ってきました。

     

    「下見」って何???

     

    私、

    先日のブログでも書きましたが、

    12月はとてもとても大切な月。

    この月で稼がないと3月決算が大変なことに・・・(汗)

     

    という訳で、築地周辺で約一か月間、

    マンションを借りることにしました。

     

    母:「家庭不和?になるからやめなさい(怒)」

    私:「大丈夫、お金ないから」

     

    かなり強く反対されましたが、

    私の中ではかつて経験のない、かなりの危機感を持っておりますので、

    今回の決断をした訳です。

    (いつ回収できるか分からないので、家賃はもちろん私個人の立替えですが・・・)

     

    それに、現在も会社宛で色々かなりの金額を費用を立替えております。

    つまり、「ない袖は振れない」状態でございます。

    「家庭不和」になるにも、お金がかかりますから。。。。。

    そのような甲斐性もありませんし・・・。

     

    拝啓、母へ

    私の事はご心配なく。

    心配するなら、「お金」と「社員」の心配のみで結構です(笑)

    つまり、

    「お構いなく」でございます。

    それに私には、

    鬼嫁、、、失礼、たくましい「妻」がついておりますので、

    重ねてご心配なく・・・。

     

     ところで、

    一昨日の幹部会で、主に二つのことを言いました。

    一つは、「危機感の欠落」

    人間は先々のトラブルが起こると分かっていても(わからない人もいるが・・・)、

    「受動的」、つまり自分からアクションを起こさない。

    あくまで私の主観ですが、

    これは仕事にもプライベートにも反映されると考えております。

     

    「世の中なんとかなるさ~~」という人がいますが、

    それは、日頃から地道な努力を積み重ねている人が言う言葉であって、

    そんな人は「一握り」ではないでしょうか?

     

    私は、「世の中何とかならない」と常に思います。

    つまり、「何とかならない、自分で何とかするものだ」と考えます。

     

    マスコミや様々な社会現象で、

    企業活動はかなり「萎縮」していると感じます。

     

    だからこそ、今がチャンスと考えております。

    リーダーになればなるほど、

    つまり会社で例えるならば、

    役職が上がるに連れ、自らリーダーシップを発揮しつつ、

    部下が仕事に「奮起」できる環境づくりが必要かと考えます。

     

    2つめ。

    幹部会では、会社は「家族」であると言いました。

    特に当社のような零細企業はまさしく「家族」単位なのです。

     

    時と場合によっては、

    個々の家族以上に時を長く接する機会が多く発生いたします。

     

    その家族が「路頭」に迷って良いのでしょうか???

    父親ならば、幹部ならば、

    もし家族に何かトラブルが生じたら、

    命がけで、身を挺して守りますよね?

     

    会社の幹部、部下、

    そしてその家族をカウントしていくと、

    結構な人数になります。

     

    男は常に「背水の陣」で危機感を抱き、

    そして、家族を守って「なんぼ」でしょ。

     

    安心していると、

    すぐに足元をすくわれますよ。

     

    仕事で成長する過程の中で、

    頻繁に逃げ道を作り、ペース配分をする人は、

    「人は分かっていない」と勘違いしている人。

     

    周りはよ~~~~く、、、、、見てますよ。

     

    パフォーマンスは通用しません。

     

    私も時間が掛かりましたが、

    この境地で臨むしかありません。

     

    腹を括って、、、、、

    「やるしかない」と・・・。

     

    この気持ちが生まれると、

    色々見えてきて、

    やらなければならない順位が自然と分かります。

     

    「できる、できない」ではありません。

     

    「やる」か「やらない」かです。

     

    だから、

    私は「やります」を選択します。

     

    なぜならば、

    絶対に会社を潰したくないからです。

     

    私の責任で、

    会社が潰れたら、社員や家族が路頭に迷うからです。

     

    では、気合を入れて、

    仕入れに行ってきますね!

    Comment0 Comment0
  • 2010.11.02 (火) 19:55 仕事日常

    こんばんわ@ハラダです。

     

    今日は強行スケジュールでした。

    まずは早朝の魚の加工お手伝いもさらりと終わらせ、

    新潟県は上越市へお客様の表敬訪問、

    そして、

    久しぶりに行ってきました。。。

     

    店名:こってりらーめん「Gita」(ギタ)

    住所:新潟県上越市大字中田原153-2

    電話:025-522-4387

    営業時間

    [月~金] 11:00~15:00  17:30~22:00

    [土・日・祝] 11:00~22:00

    ランチ営業、日曜営業

    定休日:水曜日(祝日の場合翌日)

     

    F1000016.JPG

    チャーシューメン@810円

    辛ねぎトッピング@200円

          合計@1,010円也

     

    いかがでしょうか?

    「ギトギト」系の方にはたまらないでしょ?

     

    たま~~に食べたくなるのですが、

    なにせ、「初老」でございますので・・・。

     

    一昔前、

    新規開拓で上越近辺を営業しておりましたら、

    あまりにも店名が強烈であったため、

    初老でなかった私はおもわず「フラリ」と立ち寄ったところ、

    当時の私的には、、、「どストライ~~~~~ク」になりました。

     

    胃の丈夫な方、

    チャレンジしてみてくださいね!

     

    ところで、話しは戻りますが、、、

    上越から帰長後、14時より約2時間の幹部会、

    そして終了後、

    上田へ向かい、当社のお客様より新規のお客様をご紹介いただきました。

     

    販売する側にとって、「ご紹介」ほど有難いものはありません。

     

    ましてや、

    既存のお客様よりご紹介いただくことは、

    日頃の当社の社員の皆さんが地道に対応している「証」でございます。

     

    新規を1件獲得するということは、

    ものすごい大きなエネルギー、

    つまり、「労力」と「気力」と「時間」と、

    なにより「忍耐」を要します。

     

    今回ご紹介いただいたお客様、

    そして、

    手前味噌ではありますが、、、

    社員の皆さん、

    本当に感謝申し上げます。

     

    ありがとうございました。(礼)

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.10.31 (日) 08:29 日常

    おはようございます@ハラダです。

    明日築地へ行こうかと計画しておりましたが、

    入荷情報によると、台風の影響もあり、

    あまり集荷しないようですので、見送ることにしました。

     

    慌てないあわてない・・・・・。

    お客様にお腹を空かしていただきましょう。

     

    ところで昨夜、

    長男に会って参りました。

     

    2週間ぶりと短期間ではありますが、顔が引き締まり、良い表情でしたね。

    多分妻をはじめ、実家のご両親に愛情をもって接していただいているのでしょう。

     

    ありがとうございます(感謝感謝)

     

    私とはあまり会えないので、

    長男は夕食もサラッと終わらせ、

    「パパ、遊ぼうよぉ~~」と言われると、、、もぅ、た・ま・り・ま・せ・ん。

     

    豪華な食事を用意していただいたご両親に申し訳ないと思いながらも、

    長男と「ミニカー」で遊ぶのです。

     

    遊ぶと言っても、

    子供は自分がミニカーをいじっているところを私が見ているだけで満足そうなのですが、

    チラッとテレビに目を背けようものなら、

    私の顔を自分が遊んでいる方向へ両手で軌道修正しちゃいます(笑)

     

    そして、

    時はあっという間に朝を迎え、「暫しのお別れ」を迎えるのですが・・・。

     

    長男 :「一緒に行く~~~」

    妻  :「パパは用事があるからね」

    長男 :「いやだいやだ一緒に行くの~~~(大泣き)」

    私  :「・・・・・。」(連れて帰りたいよぉ~~)

    私  :「頼むよ」と妻に託し、ドアを閉める・・・。

     

    つらくて目頭が熱くなりますが、仕方ない。

    後ろ髪を引かれる思いで帰長することに・・・。(涙)

     

    当社も年末に向かって、とてもとても重要な期間となります。

    そして、原田家では年末まではこのような状況が繰り返されます。

     

    今は自社の根元を確固たるものにするための大事な時。

    そして非常につらいですが、あえて言うなら、

    「仕事が一番、家族は二番」

     

    仕事に専念できるのも、

    家族、とりわけ「妻」の理解の賜物でしょう。

     

    よい正月を迎えられるよう

    「パパ」頑張りますよ!

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.10.29 (金) 19:57 日常

    こんばんわ。

     

    先程善光寺の周辺を軽くジョギングし、

    風呂上りの状態で偶然テレビを見て、

    思わず涙が出てしまいました。

     

    NHKで19:30より放送された「特報首都圏」

    内容は「世界も注目!手作り弁当」

     

    私は途中から視聴しました。

    栃木県の、とある警察官の家族に密着。

    中学生の娘は多忙になるにつれ、父親とすれ違いの生活。

     

    この頃は会話もほとんどないとのこと。

     

    娘さんはある時父親に手作り弁当を作った。

    理由は分からないが、きっかけがあったようだ。

     

    弁当の中身は、

    のり弁当+「モロ」のから揚げ。

     

    「モロ」とはサメで、

    サメをニンニク醤油で下味をつけた、

    栃木県では定番食。

     

    母親が見守る中、

    ぎこちなく、慣れない手つきで調理開始。

     

    出来上がったお弁当は、

    父親が働く職場に母とともに直接届けられた。

     

    娘は照れくさそうに:「弁当持ってきたから」

    父親は笑顔で:「おぅ、ありがとう」

     

    娘さんはそそくさと帰ってしまった。

     

    受け取った父親は、

    昼食時、同僚に「お先に」と言いながら、

    弁当を頬張っていた。

     

    父:「のり弁とモロのから揚げ、大好きなんですよ」

     

    私、この言葉を聞いただけで涙が出てしまいました。

     

    正直、決して出来栄えは・・・。

    ただこのお弁当には熱いメッセージが込められています。

    「お父さん、いつもありがとう」と。

     

    以前、自社でもこの不景気の中善戦されているお客様に

    言われた一言が忘れられません。

     

    「手間の掛かった家庭料理は例え味がイマイチでも愛情がこもっていて、

     安心でき、精神安定剤になる」と・・・。

     

    私は商売柄、

    一般の方々に比べ、

    比較的高価な食事をさせていただく機会が多く発生いたします。

     

    結論、

    「愛情」のない料理は、「ま・ず・い」

     

    美味しい料理は「笑顔」が出ます。

     

    本来はこれで十分です。

     

    生意気ながら私の主観ではありますが、

    「美味しい」+「愛情」が入った料理は、

    笑顔ではなく、

    感動し、「涙」が出ます。

     

    料理が提供されるまでに、

    仕入れを始め、お客様に「飽き」を感じさせないよう、

    目に見えない直向きな「努力」が手に取るように創造できます。

     

    料理人の皆様、

    涙の出るような料理に期待しております。

     

    お客様は、、、

    「手抜き」を分かっていますよ!

     

    「予算が安いから」とか、 

    量を多く出せば「お客さんは分からないよ」などと思ったら、

    「終わりの始まり」・・・ですよ。

     

    なぜなら、

    そのような料理は汗水流して稼いだお金を出してまで、

    食べる必要がないからです。

     

    人の事言ってる場合じゃないですね。

    身を正さないと。。。

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.10.28 (木) 15:18 日常

    こんにちわ@原田です。

     

    先程築地より戻って参りました。

    朝食兼ランチでカキフライを食べました。

     

    築地市場内「豊ちゃん」

     

    築地修業時代、

    給料の半分以上が家賃になってしまった私にとって、

    秋と冬限定である豊ちゃんのカキフライライス(タルタルソース付)は

    ほんのささやかな楽しみであった、というより贅沢品であった。

     

    寒くなるにつれ、カキのジューシーさがたまらなくなります。

    ここのカキは正真正銘「フレッシュ(生)」であります。

     

    F1000015.JPG

    他にも

    「オムハヤシライス」

    「アタマライス」(かつ丼の具とご飯を別々の皿にのせたもの)

     

    色々ありますので、足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.10.27 (水) 12:58 日常

    こんにちわ@はらだです。

     

    先程所用のため、ある病院へ行ってきました。

    病院の匂いというのは独特ですね。

     

    私、過去に6回ほど入院いたしました。

    当たり前のことがどれだけかけがえのないことか、

    入院すると骨身に染みるのです。

     

    この頃は神経も多少図太くなり、

    開き直る術を身に付けましたので大丈夫ですが、

    役職が上位になるにつれ、

    人には言えない諸問題に直面する訳で・・・。

     

    よく「心・技・体」、「三位一体」とか言いますよね?

    基本的には正しいと思いますが、

    仕事するにも遊ぶにしても、

    まずは「健康」でなければ何にもなりません。

     

    築地で修行していた頃、

    練馬区の石神井公園で鮮魚店をしている魚屋さんに

    大変お世話になりました。

     

    その社長さんは

    とにかくいつも「笑顔」「笑顔」「笑顔」でした。

     

    「笑う門には福来る」

    そして何より「健康一番」。

     

    日々試練の連続ですが、

    「健康なら何とかなるか」という心境です。

     

    あっ、、、いけない、

    これから高速バスで東京です。

     

    明日が良い魚に出会えるように!

     

    行ってきま~~~す。

     

    Comment0 Comment0
  • « 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 »

    ページトップへ