• 2011.06.03 (金) 17:30 日常

    どうも@はらだです。

     

    「侮辱罪」

    先程ある報道番組で使用された言葉。

     

    昨日から今日にかけて世間をお騒がせしている管首相。

     

    鳩山前首相との「言った言わない」「解釈の不一致」など、

    庶民とはかけ離れた茶番劇。

     

    私にはそのように映って仕方がありません。

     

    ただ、

    「確認書」などという書類が出てきましたね。

     

    署名捺印がありませんので何とも言えませんが、

    鳩山さんはかなり強気というか、

    自信ありげですね。

     

    「侮辱罪」

    現役総理大臣に鳩山さんが「ペテン師」とまで言い放った言葉。

     

    厳密に言うと侮辱罪に相当するとのこと。

     

    当然公然の場で「うそを付いてはいけません」と主張した鳩山さん、

    余程の自信があるのでしょう。

     

    「一定のめど」

    抽象的で曖昧な言葉ですね。

    どうにでも解釈できます。

     

    原発の温度が下がったことが確認できたら、

    若い人にバトンタッチしたいとのこと。

     

    まぁ、「目暗判」押されたようなものですね。

     

    管さん鳩山さん、お互い様でしょう。

     

    先程も「確認書」というものをテレビで拝見しました。

     

    1、民主党を分裂させない

    2、自民党政権に戻さない。

    3、震災関連の2次補正予算を迅速に・・・みたいな。

     

    こんな感じだったでしょうか?

     

    あえて言わせていただくならば、

    1と2はどうでも良いです、私情で内輪揉めですから。

     

    何が最優先事項でしょうか?

     

    せめて、

    「3」を一番最初に記載していただきたかったと考えます。

     

    管首相には「武士の一分」はないのでしょうか?

     

    総理大臣になるのが目標で、

    私にはしがみ付いているようにしか感じられません。

     

    皆さん、

    どう思いますか???

    Comment0 Comment0
  • 2011.06.02 (木) 05:00 日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    以前にもブログで書きましたが、

    私には一男一女の子供がおります。

     

    長男は3歳と1カ月、

    長女は9か月。

     

    私にとって子供と過ごす時間はまさに至福の時であります。

     

    長男は4月より保育園へ通い始め、

    日々たくましくなる姿が非常に眩しく映る訳でして、

    親として嬉しい限りであります。

     

    ただ、

    長女が誕生すると「一人天下」だったのが、

    いつの間にか長女に注目の的が・・・。

     

    長男は長女の存在そのものが気に入らないようでして・・・(汗)

     

    それに加えて、

    経験済みの方もいると思いますが、

    日を追うごとに極度の「赤ちゃん帰り」と、

    「甘えん坊」になっちゃいまして、

    困ったものです。

     

    時折ですが、

    保育園へ迎えに行くと、

    駐車場で何故か「お家へ帰りたくない」と、

    地べたに寝ころび動こうとしない事が起こるようになりました。

     

    子供だまし?というのも変ですが、

    できない約束や物で釣るようなことをしたくないので、

    ある程度は諭するのですが結局はダメな訳でして、

    最後は泣き出し暴れる長男を強制送還することとなります。

     

    妻には、

    「もぅ甘やかして(怒)。もっていき方が悪いのよ!」と

    怒られる始末。。。

     

    妻が迎えに行くとこのようなことはないようなのですが、

    私が迎えに行くと極度の「甘えん坊」になるようでして・・・。

     

    3歳なりにうまく両親を使い分けているのかと思うと、

    ある意味感心してしまうのですが。。。

     

    私も出張する機会が増え長期に渡ってしまいますので、

    子供と過ごす貴重な時間は知らず知らずのうちに

    甘やかしているのでしょうか?

     

    いずれはこちらが望んでも、

    子供たちは親元から離れ、

    友達や楽しい事に打ち込んでいくと思うと、

    今のうちにできる限り一緒に過ごすように心掛けおり、

    両親が長女に取られていると勘違いしている長男の行動を見ると、

    過度に甘やかしているのかもしれません。

     

    日々反省と自己嫌悪の繰り返しであります。

     

    でも、

    これが幸せなのでしょうね。。。

     

    日々感謝(合掌)

    Comment0 Comment0
  • 2011.05.31 (火) 11:55 仕事日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    本日は言わずと知れた月末。

     

    業界によって差があるかと思いますが、

    我々水産業界は極度の売り上げ不振に陥ります。

     

    ましてや、

    週の真ん中で、

    固定資産税や自動車税、

    これに加え法人では消費税の支払いが発生するなど、

    年間を通じて消費マインドが落ち込む

    ベスト5以内にランクイン?する日が5月31日となる訳です。

     

    そして、

    当社では夏場にかけて社屋の屋根と外壁工事を計画しており、

    上記に加え更なる出費が重なり、

    私ハラダ、ホントに凹んでしまいます・・・(涙)(爆)

     

    仕方がないですね、

    23年間メンテナンスをしませんでしたので・・・。

     

    毎年毎年、

    何かしらの大がかりな出費が次から次へと、

    ホントによく発生するものですね。

     

    多くの企業が出費との終わりのない、

    し烈な「節約」バトルを繰り広げる訳ですが、

    これも世の中にお金を回すためには

    いた仕方ないのも理解できるのですが切ないですよね???

     

    ただ唯一救われること、

    それはお客さまや社員さんのおかげで

    今月も販売実績が前年対比を上回ることができたこと。

    (利益はと申しますと・・・⇊)

     

    本当にありがとうございました。

     

    これに満足することなく、

    商売道に励みたいと切に思う次第であります。

     

    明日当社は休日となります。

     

    休日明けは6月に突入します。

    宜しくお願いします。

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.05.28 (土) 04:47 仕事日常

    おはようございます@はらだです。

     

    関東甲信越も梅雨入りしましたね。

    必要と理解していても商売柄決して素直に喜べない

    今日この頃であります。

     

    「自戒」

    つまり己を戒める、

    自分自身に注意を図るということでしょうか。。。

     

    経営者という立場はなかなか周りの皆さんから

    ご意見をいただかなくなります。

     

    なので、

    果たして自分が正しいかどうか、

    信念が定まっていても、

    高いアンテナを張っていても、

    気持ちは右往左往しているものです。

     

    私の場合、

    行き着くところは「開き直り」に尽きます。

     

    こればかりは人それぞれですので答えはありません。

     

    例えば仕入で失敗した時は、

    一部の商品を自分で買い取ります。

    時にはお客様に買っていただいた単価より高く買い上げます。

     

    特に高額商品は

    この位の意気込みで仕入れなければ、

    あるいは勝負しなければ同業他社に勝てず、

    三力の存在意義が発揮できません。

     

    だ・か・ら・・・、

    お金がなかなか貯まらないのです(涙)(爆)

     

    三力は零細企業。

     

    経営者が挑戦する気持ちを奮い立たせない限り、

    社員さんにハッパをかけられません。

     

    この精神を三力の社風にしたいので・・・。

     

    いちいち上司にお伺い立ててるような

    のん気なこと言っているようでは、

    同業他社に負けてしまいます。

     

    ただ、

    これをすると利益率の低下を招きます。

    最終的には利益です。

     

    なので、

    社員さんには申し訳ないと感じております。

     

    「売りなさい!」

    「利益率を向上しなさい!」

     

    このご時世矛盾を感じることもありますが

    企業として当然といえば当然なのです。

     

    何が答えなのでしょうか?

     

    誰も答えは教えてくれません。

     

    日々迷走する次第であります・・・。

     

    「長野県には美味い魚がない」

    「東京や沿岸へ行かないと美味しい魚が食べられない」

    以前はこの言葉を連呼され、

    自分が否定される思いでどれだけ辛かったことか。。。

     

    「流通経路が悪い」と仕入先を責めても仕方がありません。

    なぜなら「利益重視」と言われればリスクは張れないですから。

    つまり水と油という訳です。

     

    だから、

    自分の目で納得いく商品を産地や築地で直接買い付けているのです。

     

    何を言いたいか。

     

    今後我々「卸」と名の付くあらゆる会社は、

    余程の企業努力、

    あるいは危機感を抱かなければ生き残れません。

     

    なぜなら、

    時代背景が「卸」そのものを全否定しているのですから・・・。

    如何に今までの卸が努力怠慢であったかということなのです。

     

    選択されない、

    購入しないお客様には理由があるのです。

    「不況」「不安定な政治」

    あるいは右に倣えと言うが如く

    「お客さんが売れないからうちも売れないよ」

     

    全く関係ありません。

     

    販売者に「魅力がない」

    これに尽きるというのが私個人の意見です。

    魅力ある商品を提案しない方、つまり販売者が100%悪いのです。

     

    「同業他社が苦戦している」

    だから今がチャンスなのです。

     

    しかし、

    この考えも捉え方によっては間違っているのかもしれません。

     

    なので再三言うように答えはないのです。

     

    「自戒」

    常に神経が磨り減る想いです。

    Comment0 Comment0
  • 2011.05.27 (金) 13:42 日常

    こんにちわ@はらだです。

     

    先ほど長野へ帰って参りました。

     

    2泊で宿泊交通費その他諸々を2万円以下で過ごしました。

    カプセルホテルも結構な値段です。

    ただ、

    閑散期ということもありビジネスホテルも

    料金が差ほど変わりませんので奮発して宿泊しました(笑)

     

    ところでこの度、

    今流行りの「フェイスブック」というやつに登録いたしました。

     

    ご存知だと思いますが、

    このサイトは実名登録が基本となります。

     

    なので、

    別人に成りすますことができず、

    しかもつぶやく場合でも「友達」として登録しないと

    拝読できないというものです。

     

    登録したきっかけは、

    ある方に

    「日頃ブログを書いているのだから見てもらってコメントもらったら」

    とのことでした。

     

    ブログでは生意気なことばかり書き込んでおります。

     

    理想はいくらでも書けるのですが、

    いざ実行に移すとなりますと様々な障害が立ちはだかります。

     

    結構凹まされることも多々ある訳でして・・・(涙)

     

    つい最近再ブレイクし始めたタレントの岡本夏生さん。

     

    私は素晴らしいと思います。

    番組内ではある意味KYという位の発言で会場を笑いの渦にする彼女。

    プライドを捨てたのでしょう。

    くだらないプライドは視野を狭め、

    時には数少ないチャンスを失うこともあります。

     

    全盛期には年収2億円を4年間稼ぎ出した彼女が、

    急激に売れなくなった後、

    ありとあらゆる節約に徹したとのこと。

     

    この行動ができたのは

    「絶対あきらめない」「必ず復調する」

     

    この思いが全てのようでした。

     

    出演する番組で彼女は、

    「あきらめてはいけない」と度々発言しています。

     

    私もつい最近凹むことがありました。

     

    ただ、

    凹む原因を発生させてしまったのは

    100%私の責任であると考えています。

     

    凹むたびに、

    「理想が高すぎるのかな?」

    「理想を少し落とした方が良いかな?」と

    気持ちが逃げてしまいそうになり自己嫌悪に陥ります。

     

    そんなに特別なことは考えておらず、

    シンプルに物事を遂行しようと思うのですが、

    いざ実行に移すとなると、

    日頃の当たり前の常識が遂行できなくなる事があります。

     

    しかし考えてみると、

    この「当たり前」の発想や行動こそが、

    とてつもなく「かけがえのないこと」なのだということも、

    最近では身を以て感じる次第であります。

     

    来週から6月です。

    気持ちを切り変えなくては・・・。

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.05.09 (月) 05:03 日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    昨日は長野県の南部、

    伊那市へ行って参りました。

     

    私の妻も子供とともに実家へ帰り

    自由の身になれましたので行った次第です。

    (自由になれなくてもちろん行きましたよ!)

     

    先日、

    何気なくパソコンで検索していましたら、

    「東日本で被災した学校吹奏楽部を支援するチャリティーコンサート」

    という文字が・・・。

     

    そしてびっくり!

    なんと、

    私の中学校の恩師が主催するとのこと。

    これを知ったのが開催2日前だったということ。

     

    「これは神のお導きかな?」と勝手に解釈し、

    「絶対に掛けつけよう」と現地へ伺った次第であります。

     

    ただ、

    現地へ行ってみたものの、

    「もし同姓同名で別人だったらどうしよう?」と、

    遅ればせながら現地で気づき(笑)、

    「支援する気持ちは一緒だから」と考え、

    開演時間を向かえました。

     

    やはり恩師でした。

    実に約20年ぶりにお目にかかりました。

     

    この恩師に何を教わったか?

    それは演奏も商売も何事も一緒、

    人と同じ事をしていてはダメ!

    何倍も何十倍も努力しなければということを

    身を以て教えてくれた方です。

     

    20年前と比べ白髪交じりで、

    少々痩せたかなぁという印象でした。

     

    実は私も日々悶々としておりました。

    「この震災で微力ながら私に何かできることはないか?」と・・・。

     

    この演奏会を知った時、

    「これなら私も少しは役に立つのではないか」と・・・。

     

    ましてや零細企業ながらも、

    今の私の「社長」としての原点を引き出してくれた

    恩師が主催するのだから。

     

    当日は多分話すこともできずお忙しいと予想されたので、

    直接渡したかったのですが赴任されている学校の生徒さんに託し、

    気持ちばかりですが寄付をさせていただきました。

     

    久しぶりにタクト(指揮棒)を振る姿を拝見しました。

    「変わってないな」と・・・。

     

    フィナーレは300人による大合奏。

     

    金額はお恥ずかしくて言えませんが、

    あえて感想を言うならば、

    「もっと払えばよかった」と後悔してしまいました。

     

    終了後、

    先生に向いて一礼し、

    その場を後にしました。

     

    拝啓、小林先生。

    お疲れ様でした。

    と、

    感動をありがとうございました。

    私も先生の精神を見習い、商売道に励みます。

    是非今度はゆっくり飲みましょう。

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.05.02 (月) 17:48 仕事日常

    こんにちわ@ハラダです。

     

    本日は私、

    珍しく朝から働いてしまいました。

     

    何件かのお客さまより電話をいただいたのですが、

    全く気付かず、

    大変失礼しました。。。

     

    市場関係者の立場で言わせていただくならば、

    非常に営業日の配置の効率が悪いですね。

     

    現場を知らない方の休市設定かと

    疑惑を抱いてしまうのは私だけでしょうか?

     

    ところで先程、

    とあるお客様の告別式に行って参りました。

     

    私にとっては物心付いた時から知り合いの方で、

    幼少時、

    握っていたお寿司を物欲しそうに見ていた私に、

    「はいよ」と

    鉄火巻きを差し出し、その美味しかったこと。

     

    私にとっては今でも忘れられない味です。

     

    また、

    美味しいカレーをごちそうしてくれたり、

    温泉に連れて行ってくれたり、

    様々な思い出が走馬灯のように頭を過ぎり、

    故人との思い出話に尽きることはありません。

     

    まさに、

    私の幼少時を知る数少ないお客さまのひとりであり、

    昭和54年に創業した当社を育てていただいた、

    現存する数少ないお客さまのひとりでもありました。

     

    逝ってしまった・・・。

    享年65歳。

     

    現実ですので受け入れるしかありませんね。

     

    私から見れば破天荒でしたが、

    なぜか憎めない方。

    これからああいう人はおそらく現れないのではないでしょうか。

     

    故人に対してできること。

    それは、

    生きている者が最大限一生懸命「生きる」

    これに尽きるのではないでしょうか。

     

    今日は故人を偲びながら、

    故人が大好きだったビールで一杯やるか・・・。

     

    65年間、本当にお疲れ様でした。

    天国でゆっくり休んでください。

     

    心より故人のご冥福をお祈りいたします。

     

    合掌。

     

    そして献杯。。。

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.04.09 (土) 07:03 日常

    おはようございます@はらだです。

     

    昨日も色々ありましたぁ~~~(疲)

     

    そして、

    昨夜は妻が友達と夕食に行きたいというので、

    長男と二人で外食しました。

     

    たまには当社のお客様ではない飲食店へ行きたいと思い、

    とあるお寿司屋さんへ偵察がてら食事して参りました。

     

    知りたかったことは、

    1、お客さんの入り具合

    2、ネタの品揃え

    3、子供への接客サービス

     

    といった感じでしょうか・・・。

     

    1と2に関しまして、

    正直そこそこでしたね。

     

    つまり、

    金曜日ということもあるのでしょうが、

    活気がありましたね。

     

    2のネタの品ぞろえもまあまあでしょうか

    (あくまで私の主観ですので)

     

    3の子供の接客について。

    長男は原田家の「破壊王」でありまして・・・。

    予想通り、

    ガラスのコップを割り、

    私のジーパンは見事に濡れました~~(涙)

     

    これに関しての対応は

    瞬時に対応していただきました。

     

    ただ気になったのは、

    やはり料理の出るタイミングや、

    取り皿や子供用の飲み物の取り扱い方ですね。

     

    正直、

    なっていませんでした。

     

    サービスをした方も独身ということで、

    他の常連と思われる方々に、

    「あなた、分かってないわね」とお叱りを受けており、

    私としては、

    「良くぞご指摘しれくれた!」という感じでした。

     

    仕方のないことでしょう。

     

    そこへ連れて行った私にも責任があります・・・。

     

    ということで、

    これからあるお客様へ表敬訪問して参ります。

     

    では・・・。

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.04.07 (木) 05:32 日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    昨日、

    高校時の同級生より久しぶりに連絡があり、

    クラスメートだった仲間がスキルス性胃がんのため、

    若干40歳という若さでこの世を去ってしまったのです。。。

     

    このガンは、進行性の早いガンとして有名ですよね・・・。

     

    志半ばにして、

    家族を残し、

    さぞ悔しかったであろう。。。

     

    逝ってしまった彼に対して、私ができる供養とは一体何だろうか?

    それは、

    「一生懸命生きる」

     

    これしか思い付かない。

     

    さぁ、そろそろ気合を入れて、

    故人を偲ぶ想いで、、、いざ、動くぞ。

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.04.01 (金) 05:27 日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    今日から新年度突入ですね!

    色々ありますけど、

    気持ちを入れ替える努力に励むことにします。

     

    いつも、

    理屈ばかりのブログですので、

    本日はプライベートについて。

     

    この時期大変不謹慎ではありましたが先日、

    地震直後よりしばらくの間家族旅行をさせていただきました。

     

    出発直前まで実行しようか悩んだのですが、

    何カ月も前から計画し、

    この一年間家を留守にする機会が非常に多かった私にとって、

    タイミングとしては「この時期しかない」と考え、

    また今回の地震では、

    幸いにも当社の社員やお客様に被災者がいなかったことも考慮し、

    不謹慎ではありますが家族旅行に踏み切りました。

     

    当社の場合、

    早朝勤務でありますので、

    家族と朝食を一緒に囲むというのは皆無であります。

     

    今回の旅行、

    何が一番楽しかったというと、「朝食」でしたね。

     

    ゆっくり食べて、

    新聞読んで、

    会話を楽しみ、

    子供たちが遊んでいる姿を見ながらのひととき。

     

    当社で働いてくださる社員さんには大変申し訳ないのですが、

    久しぶりに家族だんらんの至福の時を過ごすことが出来ました。

    ありがとうございました。

     

    今月4月も原田家ではお祝い行事を予定しておりますが、

    迷わず実行いたします。

     

    私は、

    あえてこの時だからこそ、

    普段通りに過ごそうと考えております。

     

    これを読んでいただいている方々、

    特別なことをする必要もありませんが、

    気持ちを切り替えて震災前の生活モードに戻りませんか?

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • « 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 »

    ページトップへ