上げる妻 OR 下げる妻!?

2013.04.03 (水) 04:45 日常

おはようございます@ハラダです。

今流行の“アベノミクス”
私個人としては全く実感もなく、
会社の実績にもまだまだ反映されてきません・・・。

ただ、
お金を回すという意味ではアベノミクスの高揚感というのは非常に大切ですね。

都会と地方の差でタイムラグがあるのかなぁ~という気もしますが、
いずれにしても地道に前進するしかありませんね。

ところで、
先日あるサイトで面白い記事が掲載されておりました。

題目はズバリ、
「男を大金持ちにする妻、落とす妻」の法則!

つまり男を上げるか下げるかということらしいのです。

【上げる夫】
□夫の小遣いは年収比例
□家族で家計の透明性を保つ
□夫婦共通の夢、目標を持っている
□いざとなったら稼ぐ力を持つ
□家に夫の居場所をつくる努力をする
□夫という資産の健康管理ができる(料理が上手)

【下げる妻】
□年収関係なく夫の小遣いは一律
□家計を夫に見せない、又は使うだけで管理しない
□子供以外に夫婦共通の夢がない
□自分が働く気も能力もない
□稼いでくれれば夫は家にいなくていい
□夫の健康(管理)についてうるさく言わない(料理に進歩なし!)


 
これはあくまでもこのサイトの見解であり全て当てはまる訳ではありませんが、
考え方によっては該当するものもあるのかもしれません。

ところで我が家の場合はと申しますと、、、
ご存じの通り私はオーナー社長であります。

もちろん会社の財布と個人の財布は区別しておりますが、
何か不測の事態が生じた時や“いざ”という時には、
オーナーの方々ならばご理解いただけると思いますが、
最後は逃げることのできない“オーナー”という立場は、
特に金銭面でショートした時には一時的でもいわゆる“持ち出し”するもの。

これがオーナーの宿命であります。

簡単に例えるならば銀行さんに冷たくあしらわれ、
「貴社にこれ以上お貸しできません!」
あるいは何の前触れもなく、
「〇月〇日までに一括で返済してください!」
と言われた時にしかオーナーは役に立たないということなのです。

オーナー個人で蓄財した預金というのは自分のお金なのですが実感が湧かないのです。

つまりオーナーの預金というのは自由なようで実は全く自由ではないのです。

なので我が家の場合、
妻は専業主婦ですが私がオーナー社長のため個人の家計のやり繰りは私です。

なぜならば迅速に資金面で融通を聞かせる場面で、
いちいち妻にお伺いを立てていられません。

というよりも億単位で商売し24時間365日、
目に見えないかなりの精神的重圧が押し寄せる環境であるオーナー業、
おそらく妻の性格では余程覚悟しない限りビビッてしまい無理ではないかと思いますので、
任せないというのが本音です。

なので我が家はある意味妻が夫で私が主婦?かもしれませんね(笑)

妻には「あなたは暇だから!」と言われているので、
そういう目線で言うならば、
私は明らかに該当項目が多い“下げる妻”になるかもしれません(汗)

私もこの立場を理解してもらおうとはさらさら思わないので、
逆らわず「そうだよ、暇なんだよ!」と言ってその場を凌いでおりますが(笑)

なぜならばこれはオーナーでしか分かり合えないので・・・。

ただ一つだけ私にも“下げる妻”の項目の中で異なることがあります。
それは「自分が働く気も能力もない」という項目でしょうか!?(^_^)

さて皆さま、
特に男性の方々、
奥方は上げる?下げる?
どちらに該当しますか!?

コメント

トラックバック

ページトップへ