ジレンマ!?

2012.11.27 (火) 06:00 日常

おはようございます@ハラダです。

本日27日、
私はある食材の商品力向上と差別化のため、
兵庫県赤穂市に来ております。

ネタ晴らしは後日改めましてご報告いたします。

ところで話は変わりますが一昨日の25日、
NHKで2013年元日に放送予定の“ ニッポンのジレンマ”と
いうヤフー本社で行なわれた番組収録に参加させていただきました。

テーマは“格差”

ちなみに“ジレンマ”という意味を辞書で調べると、
「二方からの相容れない要求によって身動きが取れない」
あるいは
「ある問題に対して2つの選択肢が存在し、
 そのどちらを選んでも何らかの不利益があり、態度を決めかねる状態」

先日、Yahooのトップページであるアンケートの参加の呼びかけがありました。
冗談半分で収録参加に応募したところ、
何と当選してしまいましたが、
参加者が1970年生まれ以降の限定だったということもあって、
良くも悪くも参考となる意見を聞く機会ができて楽しませていただきました。

参加した当日、
事前にネットで集約され下記に記載したアンケートを元に討論されたのですが、
質問事項は4つ。

・日本における経済格差をどう思いますか?

・これから就職先を選ぶとしたら、どのような会社を選びますか?

・年金をもらう高齢者が増え、払う若年者が減る昨今、
 
 」」」」」 
4つ4 」」 バランスをどう取るのが良いか?

・(経済)格差を減らそうとすれば、何が最も有効だと思いますか?

アンケート結果の詳細に興味のある方に付きましては、
元日の番組をご覧ください!

当日私は様々な方々の意見を聞くことに徹しておりましたが、
なかなか面白い考え方の方々もいましたね・・・。

印象に残った意見として、
「中小零細企業にお金を貸さない銀行のシステムに格差の原因がある」

「昔からの男性が女性を養うという考え方は改めて逆でも良いのではないか!」

「大企業は転職した場合のキャリアにはなるが、
 辞めて初めてネームバリューやつまらないプライドだけで就職したことを後悔した」

「零細企業を経営しているので“ベーシックインカム”を導入するべきだ」

なかには精神的に病んでいる!?方もチラホラ見え、
論点がズレまくる一幕もあり、
司会者の方もお気の毒でありました。

おそらくその場面はカットでしょうけど・・・。

そして特に印象に残った意見として自称“大学3年生”という彼曰く、
「政治や経済に責任転嫁しても最後は自分が選択していること。
 
  経済格差の根本的な原因は個々の自己責任ではないか」という
  まさしく社会人顔負けの立派な主張も・・・。

ちなみに“ベーシックインカム(Basic Income)”
聞きなれないキーワードでしたが、
私もお恥ずかしながら収録当日に初めて学んだ言葉です。
その意味は、
最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して
  最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を無条件で定期的に支給する」
という構想だそうですよ。 

これはあくまで私個人の感想や主観ですが、
参加者全員とは申しませんが、多くの方は何かに縋(すが)りたい、
あるいは何かに“責任転嫁”しなければ格差は解決しないという
思想の方々が多いのかなぁ~と感じました。

ベーシックインカムという構想も存在すること自体、
私には信じられませんでした。

なぜならば、
働かない子供や若年者にも現金を、
しかも無条件でという発想は、
資本主義の根幹を揺らしかねないのではないかと感じたからです。

しかし、生き方や考え方はまさしく人それぞれで、
肯定も否定もしません。

確かに昨今の政治も体たらくなのも事実ですし、
経済情勢も消費税増税法案が可決した今年8月あたりから、
根拠はありませんが消費マインドは降下している気がするのも事実です。

年金も
昭和16年生まれ以前の方々の年金支給額が厚遇されているのも事実で、
一部の意見としてこの層の方々の年金額を減額しなければ、
年金システムは破綻してしまうという考えもあります。

企業が負担している社会保障の費用も負担が重荷になっているのも事実で、
それを知らない従業員の一部が給料の手取りが低いと言う始末・・・。

経済格差には様々な要因があるのも否定しませんが、
考え方や視点を少し変えてみると、
以外にも本質が見えてくるのではないでしょうか!

これはあくまで私の主観に過ぎませんし、
決して“上から目線”ではないことご承知していただきたいのですが、
昨日のFBでもコメントし賛否両論のご意見もいただきました。

私は己の“100%自己原因”を前提に生き方を追求するならば、
答えは自ずと一つに集約するのではないかというのが私の思想です。

周りにいませんか!?
センスがあるのにちょっと視線を変えれば生きるのに「この人って残念な人だ・・・」
と感じる
ことってありませんか!?

夢や目標は逃げません。
逃げているのは何かにつけ都合良く責任転嫁している本人、
つまり今の自分の立ち位置や置かれている状況は、
良くも悪くも自分で選択しているのです。

これが100%自己原因→自己責任ということなのです。

これもまた上から目線!?と言われ、
私は叩かれてしまうかもしれませんね・・・。

これが生き方の下手な私の主張でございます。

コメント

トラックバック

ページトップへ