» 2014年2月

  • 2014.02.27 (木) 06:28 仕事

    おはようございます@ハラダです。

    今月、当社は閑散期で単月では毎年赤字にもかかわらず(業界みな一緒!)、
    中旬に集中的な積雪によって当社は甚大な被害を受けました。

    商品が着荷されない→連日に渡り売上額が一桁減った→大赤字といった感じです。

    そうは申しましてもこればかりは皆条件は一緒。

    またまたそうは申しましてもいかなる理由があろうとも、
    今回の“雪害”を理由に決算を赤字にさせたくはないのです。

    なので色々算段しているところですが微妙な感じといったかんじです。

    また、大赤字だからと申しましても人財育成や人財採用は継続しなければ企業の生き残りは図れません。

    昨年12月に2015年3月卒対象の就職活動が解禁となりました。

    当社は3月より本格的に人財採用に取り掛かります。

    “長野の漁港”
    “100%築地とオンタイム仕入”
    “店内をお寿司屋さんのネタケースのように見てわくわくする商品構成”

    上記の3点が当社の当面の目標!

    「海のない魚屋が何夢みたいなこと言っているんだ!」
    「こんなの続く訳ないだろ!」
    「やらしておけ、どうせ続かないから!」

    約6年間に起きたリーマンショックで当社は窮地に立たされ、
    生き残りのため、そして「長野県民の方に美味しい魚を食べて欲しい」との思いから仕入方法を抜本的に見直し、
    本格的に産地直送に取り組んだ直後はこのような陰口を叩かれたものでした。

    当初はノウハウもなく、
    産地へ赴いてもあしらわれ相手にされない始末。

    何度となく
    悔しい思いを経験し挫折しそうになったこともありましたが、
    日々地道に活動し、まだまだ道半ばですが国内外約20か所の産地様やメーカー様からの直接取引が可能となりました。

    直接取引のメリット、それはお客様の声や反応を直接伝えることで迅速に反映できる点です。

    仕入先様との間に当社と同レベルあるいは思いのない業者が入ると歪んだ、
    つまり業者にとって都合の良いことしか伝わらず、互いに不信感を抱くようになります。

    また、当社は年齢にかかわらずやる気と向上心を抱く社員さんに関しましては、
    リスク覚悟の上、仕入れや販売を権限移譲いたしております。

    「失敗を恐れずに、とにかくやってみる!」「任せる時は全面的に任せる!」
    これが当社の社風です。

    このブログをお読みの学生さん、
    当社で、海のない長野県で一緒に“長野の漁港”を一緒に作り上げていきませんか!?(^_^)

    近日中にマイナビにて採用情報の詳細発表並びにエントリーを受付いたします!

    魚の好きな方、お待ちしております!
    Comment0 Comment0
  • 2014.02.10 (月) 05:19 仕事

    おはようございます。

    この週末は強い低気圧により全国的に荒れた天候となり、
    東京では45年振りに積雪が27センチに達したとのこと・・・。

    私も週末は会社の雪かきを何回も行ない、
    お恥ずかしながら腰や足がガクガクしてしまいました(^_^;)

    ところで当社ではこのような閑散期、
    若手社員を中心に研修を行なっております。

    社会人として、
    あるいは中間管理職として業務を遂行するに当たり問題点や改善点があるかどうか、
    研修ではある意味“気づき”の場を設けていただくように講師の方にはお願いしております。

    私も研修資料の一部を見ましたがそれほど難しい内容でもなく、
    社会人として最低限のマナーが記載されているのですが、
    40代の私を含めて果たして資料に記載されているような基本的な事についてできているかどうか、
    私も読んでいく中で“この項目はできていないなぁ~”と赤面してしまう記載項目もありました。

    “当たり前?”
    当たり前の事ってできていそうでなかなかできていない事の方が多いのではないでしょうか!?

    社会人ならば“挨拶”
    あるいは報・連・相(報告・連絡・相談)、雑務の効率化、優先順位の瞬時な決定、思考力の向上など、
    至極当たり前のことに気付かず、資料を見ることにより私も注意緩慢な部分に気付くことができました。

    行き着くところ、
    日頃当たり前と感じる行動の大切さ、尊さ、かけがえのなさに気付き、感謝することができるかどうか、
    そして特に若手の方にはそれに加えて“素直さと謙虚さ”が必要ではないかと日々感じております。

    ただ、気付くとは簡単に申しておりますが、
    残念ながら「ここを気付けばもっともっと成長するのに・・・」と感じる場面もあります。

    能力や向上心の度合いにもよりますが、
    当社の部下には
    私ができる限りの“気付き”の場を設けなければならないということも感じるのであります。

    当社のような零細企業はある意味社員さんとは家族のような間柄。

    人生を預かっている以上、
    特に“気付き”ができる環境作りに対して、
    私も悔いのないようにやれるだけの事はしたいと考えております。

    Comment0 Comment0
1

ページトップへ