» 2013年4月

  • 2013.04.30 (火) 01:15 仕事

    おはようございます@はらだです。

    昨夜、NHKの特集を偶然拝見しました。
    “演歌の女王・八代亜紀 ジャズを歌う”

    彼女は18歳で故郷熊本より上京後銀座のクラブでジャズ歌手からスタートし、
    21歳の時演歌歌手としてデビュー、
    ご存じの通り“雨の慕情”や“舟唄”など数々のヒット曲を持つ演歌歌手。

    還暦を過ぎた彼女が“原点回帰”と言うべき、
    再びジャズにチャレンジするという特集が放映されていた。

    既に彼女は名声を手に入れ、誰もが羨む生活を手に入れています。

    しかし彼女は現状に満足することなくチャレンジしたのです、ジャズに。

    例えるならば、
    お寿司屋さんがフレンチにチャレンジするようなもの。

    考え方によっては料理の幅や己のオリジナリティーが広がるので、
    チャレンジすることは素晴らしいことなのですが、
    大いにして年齢を重ねると無意識のうちにいわゆる“守り”に入ってしまうもの。

    彼女より遥かに年下の小僧である私も振り返ってみると一時期エゴイスト、
    いわゆる“利己主義者”に陥ってしまった時期もありました。

    つまりチャレンジすることを忘れていたというより、
    何かを失うことが怖くて現実を直視しようとしなかった、
    今思えばチャレンジする人たちを妬んでいたのかもしれません。

    当社はリーマンショック後経営危機を迎え、
    私も何をして良いのか分からず、
    日々悶々とした日々を過ごしておりました。

    そして追い込まれていく中で同レベルで競争することの“無駄”や、
    売上至上主義による何も生み出さない“不毛さ”に気付き、
    当社独自の仕入れ方法の一つとして“産地直送”に踏み切った次第なのであります。

    閉鎖的な業界で産地直送をするというのは、私にとっては相当の覚悟でありました。

    独自の仕入方法を構築する当初、
    仕入業者さんを選定していく中である社長さんに出会うことができました。

    現在では第一線を退き息子さんが跡を取られていますが、
    接していくうちに現会長さんのチャレンジ精神の素晴らしさと申しますか、
    商売の原点、そして忘れていた魚屋の原点に気付かせていただきました。

    80歳を間近にしてもチャレンジする姿勢は現2代目にも受け継がれ、
    おかげ様で当社のお客様に美味しい魚を提供させていただくことができます。

    40歳そこそこの私は、80歳の御大から見ればまだまだ“鼻垂れ小僧”

    冒頭でも触れましたが、
    還暦を過ぎた八代亜紀さんも異国の地で新たなジャンルにチャレンジしてるじゃないですか!

    ライブ終了後観客からは、
    「歌詞が分からなくても心に響いた」
    「鳥肌が立った」

    言葉が伝わらなくても、
    本物は万国問わず心に響くということを証明したようです・・・。

    私もまだまだ道半ばで、
    お恥ずかしながらやりたいことの1割も実現していないというのが現実。

    この番組を拝見し、チャレンジすることの大切さを改めて再認識いたしました。

    様々な試練が付き纏い、心が折れそうになることもありますが、
    すぐにチャレンジできる環境でなくても「いつか必ずチャレンジするぞ!」という精神だけは、
    心に秘め続けていきますよ!
    Comment0 Comment0
  • 2013.04.22 (月) 05:18 仕事

    おはようございます@ハラダです。

    いよいよGWがやって参ります。

    今年は前半型と後半型の異なる連休ですが、
    間の3日間を連休してしまえば何と最大で10日間の大型連休となります。

    “10日間”ともなれば、
    時間やお金に余裕のある方ならばやはり海外旅行でしょうか!?

    ただ昨今のアベノミクスと申しましょうか“黒田ショック”と申しますか、
    急激な円安や中国との関係悪化に伴い、
    海外旅行の予約状況は前年を超えていないとのこと・・・。

    さて皆さまはどのようなGWを計画されているのでしょうか!?(^_^)

    ところで当社もGWはやはり稼ぎ時です。

    当社の場合、
    GWを利用し実家に帰省する方々が外食時に利用する飲食店さん、
    そして中には冠婚葬祭でご利用される方々の食材も対象となります。

    そうなりますと、
    やはり現場の板前さんやコックさんは品質について当然のことながら神経を尖らせております。

    当然と言えばそれまでですが、やはり結果が全て。

    もちろん当社にもいつも以上に品質に関しましては厳しく追求されます。

    「天候などの状況はお客様には関係ないので、とにかく品質を“安定”させて欲しい」

    こうした内容の要求が多く寄せられます。

    鮮魚系、
    つまり生(フレッシュ)魚を安定させる一番楽な方法、
    それは養殖魚を活用することです。

    目の届かない場合、
    止む無く使用するのも至極仕方のないこと・・・。

    確かに安定供給できますが、味の差別化は抜きんでることはできません。

    と私が主張しますと必ずこのような質問が・・・。
    「天然物は安定しないじゃないか!」と。

    確かにご指摘通りで、
    需要と供給のバランスにより価格が上下変動するのも周知の事実。

    例えばマグロ。
    まずは鮮明な“赤色”の身がこの魚の特徴であり、
    お刺身に盛り付けには欠かせないものであります。

    極論を言えば、
    マグロさえ良ければ周りを囲む他の食材はより“映える”のであります。

    なので当社のお客様に然り、マグロは皆さま神経質になります。

    飲食店によっては大量に仕込まなければ間に合わないため、
    事前に切り付けなければならず、また同時に酸化し始めるので、
    モノによっては美味しいのにもかかわらず鮮明な赤色が変色してしまう場合もあります。

    これは品質が悪いという理由だけではなく、
    あまりにも色のみを追求してしまうと触感や旨みがなくなってしまうモノもありますので、
    これらをお客様の好みや提供する場面をお聞きしながら提案するのが当社の役割なのであります。

    つまり、
    毎回同じものを安定供給するというのは難しく、
    海の天候などの条件等も考慮しながら個々のお客様に提供するのであります。

    またマグロは養殖だから安定しているという訳でもなく、
    同じ地域でも個々のメーカーによって出来不出来が違ってくるのであります。

    なので、
    当社の場合産地の日々の状況の情報を取りながら、
    その日のベストな産地のマグロを提供しますので、
    どうしても産地は出荷ごとに違ってまいります。

    という訳で当社の過去の経験に基づいたこの仕入れ方法に行き着いたのであります。

    さらに天然物も同様で、
    同じ種類の魚でも産地毎に天候などにより品質は全く異なりますので、
    それを見極めながら提案するのが我々魚屋としての“使命(ミッション)”なのであります。

    当社のスタンスとして、
    基本的には天然物を中心にご提案させていただいておりますが、
    季節や天候によりモノによっては品質の安定供給を最優先するため、
    時には天然物より品質が良いと判断した場合は養殖物や冷凍物を提案させていただくこともあります。

    つまり、
    このように柔軟的かつ臨機応変に提案するということは、
    日頃のコミュニケーションを頻繁にするというのが前提条件となります。

    お客様が不信感を抱く場合の根本的な理由、
    それは日頃のコミュニケーション不足に他なりません。

    私も過去に何度となく痛い目に合っておりますので、
    今年は改善しなければと意識しております。

    信頼関係さえ構築していれば、
    中途半端な“約束”をする必要はなく、
    あうんの呼吸で売買取引ができるのではないでしょうか・・・。

    とはいうものの、
    こんな生意気なことを言っている私もまだまだ勉強不足なのであります・・・(汗)
    Comment0 Comment0
  • 2013.04.17 (水) 06:44 仕事

    おはようございます@ハラダです。

    この時期、
    春の諸々のイベントも落ち着き、
    GWで使うであろうお金を蓄積すべく、
    一般消費者のお財布の口は強く閉ざされております(^_^;)

    つまり閑散期、
    分かりやすく例えるならば暇だということですね・・・。

    こういう時は勉強するに限ります!

    先日ある資料が目に留まりました。
    そのテーマは、
    「上司のポジティブな言葉 なぜ部下は後ろ向きになってしまうのか?」という題目。

    結論から申し上げますと、
    部下のマイナス思考も時には受け入れ“共感”しなければならないということなのです。

    非常に難しいことです。

    特に経営者にとっては信念も揺るがしかねないことでもあります。

    ここでは後ろ向きな考え方の人に前向きな考え方を説いても、
    それは相手を受け入れず“反論”としか感じ取られないというのであります。

    なので、
    例え極々小さなことでも共感できることを見つける努力をするのが上司の役割だと説いているのです。

    解釈によっては、
    経営者は時には“男芸者”あるいは“茶坊主”になれということなのかもしれません・・・。

    確かに私にも思い当たる節があります。
    これが原因で断腸の思いで別々の道を歩んでいく方も存在したのは事実です。

    私としては特に販売業績に関しては“結果が全て”であり極論を申し上げるのであれば、
    内容が良ければ例えサボっていても遊んでいてただいても一向に構わないというのが私の持論です。

    言っている内容は非常にシンプルですが、
    これもある意味解釈によっては究極のハイレベルな要求なのかもしれません。

    正直、
    マイナス思考のお客様とお話ししていると極度のストレスが蓄積され、
    私の場合気持ち悪くなってきます、本当に。

    確かに世知辛い世の中、
    政治や景気に左右され、
    アベノミクスと持てはやされても実体経済はまだまだデフレ不況から出していないというのが現状・・・。

    ここで私の本来の持論である、
    「この不況でも繁盛している企業がある限り業績が悪いのは100%自己責任」と論じても、
    「そうではないんだ、政治やデフレ不況が業績不振の原因なんだ!」
    というマイナス思考方々に私の持論を申し上げても先程触れたように、
    “(マイナス思考を)共感して欲しい”相手はより強固な態度を取り、
    今より、より心を閉ざしてしまうということなのでしょう・・・。

    昔築地で働いていた頃、
    ある先輩に指摘されたことがありました。

    「人は手の平で転がせ」
    「相手と同じ目線で話しなさい」

    確かにご指摘はごもっともです。

    私自身、己の器の小ささに自問自答の日々です。

    特にマイナス思考のお客様や社員さんとの共感を見つけ出すということも、
    経営者としての、
    というより私にとっての試練なのかもしれませんね・・・。
    Comment0 Comment0
  • 2013.04.16 (火) 08:44 日常

    おはようございます@ハラダです。

    閑散期のこの時期が絶好の機会と思い立ち、
    一週間ほど休暇をいただきまして家族旅行に行って参りました。

    日頃家を留守にする機会が多いので、
    いわゆる“罪滅ぼし”といった感じでしょうか(汗)

    ところでテレビや雑誌で昨今、
    露出度が高い女性タレントさんで一際目立つといったら“壇蜜”さんではないでしょうか!

    10~20代の女性タレントを押さえてグラビアを飾る彼女の露出度はまさに一際異彩を放っております。

    恐らく一般的な女性グラビアの平均年齢の常識を破る30歳を過ぎてからのメジャーデビュー。

    普通の常識からみれば30代半ばの女性がこんなに注目されるということは考えづらいですよねぇ~。

    経営者の端くれある私には色々疑問に思うことがあります。

    こういう表現を言うと大変失礼かと思いますが、
    彼女の過激な言動や体の露出は計算されているように思えてならないのです。

    彼女よりピチピチした若い女性、
    具体的に申し上げれば彼女よりスタイルや美貌を兼ね備えた女性はいくらでも存在するはず。

    なのに、
    なぜあれだけ受けるのか???

    というより、
    これは我々視聴者がバックボーンである所属事務所や媒体の戦略に、
    まんまと踊らされているのではないかと・・・。

    ということは明らかにメディア対策と申しますか彼女を取り巻くビジネスパートナー軍は、
    壇蜜という“商品”としての魅力作りのための戦略が非常に長けているという事なのでしょう。

    つまり、
    壇蜜さんの言動や行動に世の男性たちが心そそられるように戦略を構築し、
    結果新たな境地を見出し、
    見事に商品としての魅力作りに成功したということでしょう・・・。

    余程の独自化が図れなければ飽きられてしまう“芸能界”のタレントさん。

    これは芸能界に限らず時流がますます加速しているあらゆるビジネスモデルにおいて、
    信念を貫き末永く反映させるためには一体何を守り何を捨てれば良いのか、
    そして何が正しい道なのかを非常に考えさせられる事例です。

    本物って一体何なのでしょうか・・・。

    どの業界も魅力作りのための“独自化”を構築するのは大変ですね。





    Comment0 Comment0
  • 2013.04.09 (火) 06:44 仕事

    おはようございます@ハラダです。

    昨日はある打ち合わせで愛知県へ行って参りました。

    詳細は言えませんが当社の物流についての、
    ある事項の再確認をするために行きました。

    卸売業にとって、
    物流費は人件費と並ぶ2大固定費と申し上げても過言ではない位大事な固定費です。

    当社のような少数精鋭部隊は確かにルートセールス、
    いわゆる自社配送で運営しなければなりません。

    ただ、
    年々微減する既存のお客様の売り上げだけでは停滞するのも目に見えても明らか。

    となると今後の新規開拓は自社便だけでは限界があります。

    ならば寸分の可能性がある限り、
    リスク覚悟でチャレンジしなければなりません。

    そのためには“物流”は大事なキーワードとなります。

    インターネットが普及する昨今、ネットでは物は運べません。

    やはり時代が変わろうとも、変えられないものもあります。

    昨日の商談、
    結論から申しますと当社の意向がほぼ可能であると確約をいただきました。

    あとは私次第です。

    当然のことながら競合相手はかなり手強いですが、
    手前味噌でありますが当社の商品構成ならば、
    目を留めていただけると確信しております。

    このために何年も前から“産地直送”や直接取引に力を入れ、
    当社なりに構築してきたのですから・・・。

    まずは鮮度勝負!
    そして商品力にさらなる磨きを掛けなければ・・・。

    遅くともゴールデンウィーク明けにはアプローチしていきたいと考えております。

    やるしかありませんね!
    Comment0 Comment0
  • 2013.04.05 (金) 04:40 仕事

    おはようございます@ハラダです。

    4月に入った途端、静かになってしまいましたね・・・。
    GWまで我慢といった感じでしょうか。。。

    ところで、
    私はこの頃経営者の営業力について考えさせられることがあります。

    最終的には“人 対 人”、信頼関係だということは重々承知しております。

    これは私にとって永遠の課題であるかもしれません。

    “ゴルフ”などの遊びから、
    あるいは共通の知り合いを介して、
    あるいは独自路線を歩むに当たりその企業でなければ前向きに取り組めないから・・・。

    取っ掛かりは色々考えられますね。

    例えばゴルフ。

    私も以前はお客様とのコミュニケーションを図る手段の一つとしてゴルフをしておりました。
    それこそ週一位でラウンドした時期もありました。

    しかしここ何年間、全くしておりません。
    というより今の自分に余裕ががなく器が小さいのでゴルフをしたいという気になれません。

    出会いは人それぞれですので、
    後にお客様に繋がる偶然の出会いがたまたま“ゴルフ”というのも
    ご縁の一つとしては良いかもしれません。

    ただ私の場合、
    こういう遊びの延長の営業は苦手でして・・・。

    商売を絡めると私の場合上手くいった試しがありません。

    仮に最初は上手く経営者の懐に入り込み取り繕うことはできるでしょう。
    しかし先方が望むものが一致しなければ人間関係は悪化します。

    相手にとっても遊びから生じる出会いの繋がりは、
    例え商品が良くなくても無理をしてお付き合いし続けなければなりません。

    実際、
    以前ある飲食店さまに営業活動をしようとした時に、
    既存の魚屋さんの商品が良くないことを承知の上で仕入れているとお聞きしましたが、
    その方は「良くないのは分かっているけど長年の付き合いだから」と言ってましたが、
    結局は業績も思わしくないようです。

    良くない魚を無意味な人間関係で無理して買わせている魚屋も最低ですが・・・。

    ただ、先方がそれで良いの言うのであればどうしようもありません。。。

    ご存じの通り“遊びと商売”は全く別物です。

    あくまで“商品力”あっての商売。
    しかし最後は人間力が勝ることも重々承知しております。

    こればかりは答えはありませんが、
    私はズブズブの“傷の舐め合い”的な人間関係は長続きしないと考えております。

    飲食店さん、
    例えば商品力が良くないのに長年の付き合いだとか、
    近所だから人間関係ばかり注視し結局は同業者と差別化が図れないとか、
    共通の遊び仲間だから関係を断つことができないとか、
    つまらない体裁やプライドに固執していませんか!?

    遊びを通じてしか営業活動できない経営者は商品力で差別化が図れないので、
    ゴルフなどの“遊び”で繋いでいる方も存在するようですよ。

    私もこういう青臭いことを言ってるから、
    商売が下手なのかもしれませんね(爆)



    Comment0 Comment0
  • 2013.04.03 (水) 04:45 日常

    おはようございます@ハラダです。

    今流行の“アベノミクス”
    私個人としては全く実感もなく、
    会社の実績にもまだまだ反映されてきません・・・。

    ただ、
    お金を回すという意味ではアベノミクスの高揚感というのは非常に大切ですね。

    都会と地方の差でタイムラグがあるのかなぁ~という気もしますが、
    いずれにしても地道に前進するしかありませんね。

    ところで、
    先日あるサイトで面白い記事が掲載されておりました。

    題目はズバリ、
    「男を大金持ちにする妻、落とす妻」の法則!

    つまり男を上げるか下げるかということらしいのです。

    【上げる夫】
    □夫の小遣いは年収比例
    □家族で家計の透明性を保つ
    □夫婦共通の夢、目標を持っている
    □いざとなったら稼ぐ力を持つ
    □家に夫の居場所をつくる努力をする
    □夫という資産の健康管理ができる(料理が上手)

    【下げる妻】
    □年収関係なく夫の小遣いは一律
    □家計を夫に見せない、又は使うだけで管理しない
    □子供以外に夫婦共通の夢がない
    □自分が働く気も能力もない
    □稼いでくれれば夫は家にいなくていい
    □夫の健康(管理)についてうるさく言わない(料理に進歩なし!)


     
    これはあくまでもこのサイトの見解であり全て当てはまる訳ではありませんが、
    考え方によっては該当するものもあるのかもしれません。

    ところで我が家の場合はと申しますと、、、
    ご存じの通り私はオーナー社長であります。

    もちろん会社の財布と個人の財布は区別しておりますが、
    何か不測の事態が生じた時や“いざ”という時には、
    オーナーの方々ならばご理解いただけると思いますが、
    最後は逃げることのできない“オーナー”という立場は、
    特に金銭面でショートした時には一時的でもいわゆる“持ち出し”するもの。

    これがオーナーの宿命であります。

    簡単に例えるならば銀行さんに冷たくあしらわれ、
    「貴社にこれ以上お貸しできません!」
    あるいは何の前触れもなく、
    「〇月〇日までに一括で返済してください!」
    と言われた時にしかオーナーは役に立たないということなのです。

    オーナー個人で蓄財した預金というのは自分のお金なのですが実感が湧かないのです。

    つまりオーナーの預金というのは自由なようで実は全く自由ではないのです。

    なので我が家の場合、
    妻は専業主婦ですが私がオーナー社長のため個人の家計のやり繰りは私です。

    なぜならば迅速に資金面で融通を聞かせる場面で、
    いちいち妻にお伺いを立てていられません。

    というよりも億単位で商売し24時間365日、
    目に見えないかなりの精神的重圧が押し寄せる環境であるオーナー業、
    おそらく妻の性格では余程覚悟しない限りビビッてしまい無理ではないかと思いますので、
    任せないというのが本音です。

    なので我が家はある意味妻が夫で私が主婦?かもしれませんね(笑)

    妻には「あなたは暇だから!」と言われているので、
    そういう目線で言うならば、
    私は明らかに該当項目が多い“下げる妻”になるかもしれません(汗)

    私もこの立場を理解してもらおうとはさらさら思わないので、
    逆らわず「そうだよ、暇なんだよ!」と言ってその場を凌いでおりますが(笑)

    なぜならばこれはオーナーでしか分かり合えないので・・・。

    ただ一つだけ私にも“下げる妻”の項目の中で異なることがあります。
    それは「自分が働く気も能力もない」という項目でしょうか!?(^_^)

    さて皆さま、
    特に男性の方々、
    奥方は上げる?下げる?
    どちらに該当しますか!?
    Comment0 Comment0
  • 2013.04.01 (月) 04:43 日常

    おはようございます@ハラダです。

    本日より当社も新年度に突入いたしました。
    色々不備な点も多々ありますが一年間宜しくお願いいたします。

    私も社長業を継いでから丸十年・・・。

    あっという間で何をしてきたのか思い出せず、
    「一体会社のために何ができたのだろうか!?」と自問自答の日々ですが、
    地道に一歩ずつ地固めするしかないのではないかと感じる今日この頃です・・・。

    さて先日家族でお風呂に、
    いわゆる“スーパー銭湯”という所へ行って参りました。

    清潔でゆったりし、
    マッサージや食事処や休憩所まで完備され、
    私のような幼児を連れて行く家族にとっては貴重な場であります。

    私の子供は5歳と2歳半で今まさにやんちゃな時期で喜怒哀楽が激しく、
    時には親の私もイラッとくることもしばしば・・・。

    そしてある程度予想していた事態が訪れたのであります。

    2歳半の長女が何か機嫌が悪かったのかぐずり出し、
    人目も憚らず泣き喚いておりました。

    当然のことながら公共の場ですので静かにするよう嗜めていましたが、
    お子様を持つ方々ならばお分かりの通り、
    子供はそんなに簡単に言う通り聞くはずもありません。

    しばらくするとある中年の方が私たち家族に近寄ってきて、
    子供に向かって何と「うるせえんだよ、静かにしろ!」と怒鳴りつけ、
    そのまま喫煙所へ去って行きました。

    確かにご迷惑でしたので100%私の責任。
    ならば私に言えば良いのになぜか子供に怒鳴る始末・・・。

    私も気が収まらず先方のテーブルを覗いてみると、
    奥様らしき方が寝ていたようでしたのでイラッとしたのでしょう。

    あくまでも予想ですが、このご夫婦にはお子様がいないのでしょう。

    以前の私もそうでしたが、
    子供がいるといないとでは現実的に環境や考え方が全く異なります。

    当然のことながら“子供中心”になってしまうのは周知の事実。

    子供がいなかった以前の私は公共の場で子供が騒いでいると、
    先程触れた男性ほどではありませんでしたが「うるせえなぁ~」と感じたのも事実で、
    子を持つ親の苦労など全く知る由もありませんでしたが、
    いざ子供が授かり逆の立場となると考え方も変わり、
    今ではぐずっているお子様を窘めている親御さんを見かけると、
    「お気の毒様」と感じてしまいます。

    情けないのですが現実問題として、
    その立場にならなければ相手も置かれている状況や精神状態が分からないもの。

    良くも悪くも早い時期から様々な経験を積み重ねた方が、
    営業活動に例えるならば、
    相手の立場に立った提案ができるのではないかと考えております。

    ただ、
    経営者あるいはリーダーの方々は仮に相手の立場が分かっていても、
    特に部下が苦しんでいるのが分かっていても、
    見守る事しかできない場面も多々あるのではないでしょうか!

    そしてその歯がゆさにイライラし、
    ストレスを溜めてしまうのであります・・・。

    なかなか上手くいきませんね・・・。
    Comment0 Comment0
1

ページトップへ