» 2013年1月

  • 2013.01.24 (木) 08:52 仕事日常

    おはようございます@ハラダです。

    中東アルジェリアで起きた天然ガス工場におけるイスラム系武装勢力による一連のテロ行為、
    如何なる理由があれ到底許される行為ではありません。

    「国の根幹を死守する」という大義名分を振りかざし、
    良い解釈で例えるならば迅速に、悪い解釈で例えるならば手段を選ばず何の罪もない多くの人質の犠牲の上に成り立ち沈静化させたアルジェリア政府・・・。

    答えは一体何なのか?

    国か、それとも尊い命か、、、一体何が優先順位なのか、
    そしてそもそも優先順位という感覚も抱いてはいけないのか、色々と考えさせられます。

    現場はまさにそこにいた方々、当事者でなければ決断できないものです。

    これを会社に例えることはあまりにも乱暴でありますが、
    残念ながら当てはまってしまうこともあるのではないでしょうか!?

    アルジェリア政府の姿勢として、
    テロリストには一切の妥協を許さず断固たる姿勢で臨み、
    国の根幹を揺るがすものは多くの罪のない人々の犠牲を払ってでも国を守るというのは誰から見ても周知の事実・・・。

    それが時には罪のない外国人でも特例はないということでもあり、
    残念ながらこの国ではこの思想が歴史的背景からもはや常識化と化し、
    いわゆる“正義”となっているのです。

    つまり、
    一般常識である「人命最優先」というのは少数として解釈されてしまい、
    アルジェリアではこの「人命最優先」という一常識としての価値観を捨てなければ、
    生きていけないということが今回の一連のことによって世界中に再認識させられたのであります。

    個々の企業、
    個々の個性というのはある意味常識の価値観の違いを明確に発信し、
    これを差別化→独自路線を確立できる企業こそが支持される一因というのも紛れのない事実が存在するのであります。

    私は決して今回のアルジェリア政府の一連の軍事行動を支持している訳ではありません。

    しかし、
    アルジェリア政府は優先順位として国を最優先として選択し、
    これを死守するためならば罪のない人命の犠牲も厭わず、
    世界中から非難されることを覚悟の上で独自の“大義”を主張し正当化させようとすることで、
    自国の信念を貫いているのでしょう・・・。

    “大義”とは、
    時には時には様々な物の犠牲の上で成立しているということが、
    今回の件で残念ではありますが証明されてしまったのではないでしょうか!

    経営者、
    あるいは経営幹部の方々も、
    個々の所属企業の正義を貫くための“大義”を守るため、
    何かしらの犠牲を払っている数少ない方々なのです。

    企業の“大義”、
    まずは企業を何が何でも死守する、
    そのためには非難されようが格好付けずに形振り構わず、
    何か大切な物を失ってでも守るべき社員や家族のために一心不乱に死守するための行動に邁進できる人こそが、幹部あるいは経営者として選ばれているのではないでしょうか!?

    つまり、腹を括り覚悟を抱くと良くも悪くも突き進むのみなのですね・・・。
    Comment0 Comment0
  • 2013.01.21 (月) 07:15 仕事

    おはようございます@はらだです。

    外食産業、
    特に当社のお客様は1~2月はまさに辛抱の時ではないでしょうか!?

    ご多分に漏れず当社も「右に倣え」なのですが(^_^;)

    ところで先日、
    ある経営者の方との会話で、、、
    お客様:「うちの責任者の〇〇〇〇はきちんと利益を出すから優秀なんだよ」
    はらだ:「あぁ~そうですか」

    これには裏がある。

    責任者の〇〇〇〇さん、
    当社の間では評判の悪い方。

    ビジネスなのでシビアなのは良いのです。

    ただ会話の中で勘違いしているように感じられることがしばしば聞き取られます。

    根拠もなくただ闇雲に「競合する〇〇は安い」
    とか、
    「競合する〇〇〇は魚がある」とか、
    自分の店の名前を出せばどの仕入業者も何でも言うことを聞くと思っているようです。

    身の程知らずも甚だしいといった感じでしょうか!?
    年齢を重ねても交渉術の進展が見られないというか・・・。

    かと思えば特定の商材に対しては、
    「〇〇〇というブランドだと魚が売れる」などなど・・・。

    ブランドや産地で支持されるほど今の消費者は甘くありませんよ。
    というより、
    競合する同業者の動向が全く分かっていないのであります。

    あまのじゃくと申しますか、世間知らずと申しますか、
    こんな人が責任者で私が経営者ならば恥ずかしくて責任者に据えて置けませんが・・・。

    “ブランド”でお客さんが受ける、支持する!?

    自分の料理人としての腕が悪く、
    ブランドに頼らなければ売上が上がらず“自分が愚かだ”と主張しているようなものではないでしょうか!?

    信念がないと申しますか、こだわりがないと申しますか・・・。

    このマネジメント能力のない方を自慢げに冒頭で紹介したこの経営者、
    「責任者の〇〇〇〇は利益を上げる」と結果のみ、
    あるいは経営者には見せない“うわべ”だけを評価しています。

    そしてこの経営者、
    自社の置かれている現状、
    あるいは幹部の本質が全く分析できていないのであります。

    なぜならば、
    売上が落ちている、
    その原因が利益を確保することを目的とした商売になってしまっているから、
    つまり、飲食店の存在意義である「美味しいものを提供したい」という本質を忘れてしまっている、
    まさに“本末転倒”なのです。

    自店が魅力がなくなり、
    味も良くないことに気付かないのか、
    あるいは気づいていても“利益、利益、利益”と都合良く自己分析してしまうのか・・・。

    客単価が低ければ極上品は使えませんが、
    あきらかに商材が不味いと分かっていながら技術ではどうしようもないのに販売するのは、
    私には理解できません・・・。

    私は昔から知っているので、
    この現状を見ていると先行きが不安になり、
    現状を聞く限り私ならば身震いしてきますが・・・。

    確かに企業ですので最終的には利益は計上しなければなりません。

    そして個々の企業によってお家事情は人それぞれ・・・。

    ですがこの経営者の言動や行動を伺っていると、
    そこそこ余裕があるのではないかと感じます。

    前回述べたように、
    大間の本マグロも蓄養のマグロもスーパーのマグロも、
    この方にはこだわりがないようなのです。

    日戻りのキンメ鯛も、
    一週間操業して帰って来た鮮度の悪いキンメ鯛も同じようです。

    つまりこのお店、
    セントラルキッチンで調理された大手ハンバーガーチェーン店や居酒屋チェーンの、
    愛情や魂があまり感じられない料理と遜色のない飲食店と同じ選択肢に堕ちてしまっていることに全く気付いておらず、
    毎回この経営者が主張するのは「毎期毎の利益は良い」ということばかり・・・。

    この経営者から「うちは地域の中で美味しい!」と聞いたことがありません。

    政治家が政治屋と例えられますが、
    飲食店ではなく、あまり特徴がない“飲食屋”になっている光景は非常にもったいないように感じます。

    ただ冒頭の会社はある程度の売上は確保されているようですが、
    それ以上は越えられない壁が立ちはだかっているように見受けられます。

    責任者の行動や言動は経営者の代弁でもありますから。

    あくまで飲食店に限ることでありますが、
    売上規模で支持されているというのが資本主義的な“正しい解釈”でいうところとなるのか、
    あるいは本来の「美味しく愛情のこもった料理を!」と提供することが“正しい”のか、、、
    これは個々の経営者の生き方なので答えはありませんが、当社にできることはできる限り対応したいと考えております。

    ただし、
    できないことはできないと申します。

    そうしなければ、地元における存在意義がなくなり、オンリーワンとして構築できないので・・・。
    Comment0 Comment0
  • 2013.01.17 (木) 19:33 仕事

    おはようございます@はらだです。

    ご多分に漏れず当社でも定期的に自己廃業あるいは倒産に追い込まれるお客様が多い中、
    先日あるお客様にご指摘を受けました。

    「他の魚屋にはあるのに三力(さんりき)さんには何故同じ鮮度の魚がないの!?」
    「同じ魚を置かないから三力さんから買いたくても買えないよ・・・」

    さて皆さん、この文の本質お分かりですか!?

    この方の動向を見る限り当社と同業他社を競争させて、
    付加価値のある魚まで鮮度の悪い同魚あるいは低価値の魚と同じ評価で仕入価格を叩き、
    仕入を有利にしようとするのが見え見えなのです。

    自分のペース、
    つまり“買い叩き”主体の仕入ができないという苛立ちも垣間見れます。

    例えばマグロの赤身は本マグロやメバチマグロでも、
    スーパーで主力販売されているような噛み切れないようなマグロでも、
    くくり(カテゴリー)を一緒にしたがる傾向が見受けられます。

    当社は同業他社との不毛な競争をするのは互いに体力を削ると考えているので、
    地元同業他社が品揃えしていないリスクの高い商材、
    あるいは比較対象とならない商材を取り揃えるように企業努力をし
    ていますが、
    このお客様、何でもかんでも鮮度が良かろうが悪かろうが同じ商品として
    競合相手と競争させようとしていま
    す。

    これは価値観というか、
    “生き方” “方針” “戦略”の問題ですので答えは色々ですが、
    日用品を主体に取り扱うスーパーと遜色のない魚を仕入れて、
    いくら職人さんの「手間賃」を加味した売価を設定しても、
    所詮日用品の素材を一流素材に仕上げるというのは余程の差別化が図られない限り、
    本質を見抜く眼力の高い今の消費者に“目暗まし”という手段は通用しないというトレンド(動向)が
    全く分かっていないようです。


    このお客様、
    結果としてどのお店でも食べられる商材しか置いていないということに全く気
    付かず、
    『魅力がない』から支持されなくなり自らお店の価値を低下させている、
    だから売上が下降の一途を辿っているという根本原因の自覚が
    ないのです。

    いくら技術が優れていても、
    素材がダメならばどうしようもできないのです。

    当社も然りですが既存店の売上が前年対比をクリアしないというのは、
    消費者から見れば付加価値が明確ではなく、ごく“普通の魚”しか食べられない、
    例えるならば280円の牛丼を食材の品質を変えずに1,000円で販売しようとするから
    クリアできないのです。

    冒頭で取り上げたこのお客様、
    「販売価格に見合わず“魅力がない”から売上が下降の一途を辿っている」
    という自覚がないのです。

    外食産業の現状として
    繁盛しているお店もあるので、「不況だから」は一切通用しません!

    「価格が高かろうが安かろうがマグロは赤ければ良い」
    あるいは、
    「ヒラメならば鮮度が良くても悪くても一緒だ!」などと考えだから、
    このお客様も「数多くある飲食店のひとつ」という枠で解釈されてしまい、
    支持されなくなったのではないかと私は解釈しております。

    ちなみにこのお客様、閉店を視野に入れているようです・・・。

    繁盛していて後継者が育っていれば「閉店」という選択を考える必要性がない訳で、
    あくまで憶測ですが「金は残して人(財)は残さず」の典型的な例ですね。

    閉店という選択も視野に入れているようですが、
    できれば踏ん張っていただきたい・・・。

    ただ、今のくだらないプライドを捨
    て、
    過去の自分を全否定する位の覚悟をしない限り、
    閉店前より独自路線を歩めず、同じことの繰り返しとなるでしょう・・・。

    このお客様、
    いつの間にか他店より負けたくないという“ハングリー精神”がなくなり、
    保身に走ってしまったように見受けられます。

    んな青臭いこと言ってるから私は商売がへたなのでしょうね(^_^;)


    先日ある方が鋭い指摘をされて私もハッとされられました。
    「ハングリー精神の欠けた人間に何を言っても同じことを繰り返すだけで、
     最後は言い訳で、そしてまた人のせいにして、同じことをしてしまう。
     プロになりきれない、セミプロに多い現象ですよね」と・・・。

    つまり彼はセミプロ→中途半端者と言いたいのでしょうね。

    私も同感です。

     
    Comment0 Comment0
  • 2013.01.15 (火) 05:49 仕事

    おはようございます@はらだです。

    先日あるお客様より質問がありました。

    「三力さん、産地から直接荷物を引いても大丈夫なの?」と・・・。

    確かに飲食店さんからみれば、
    当社の産地直送に違和感を感じてしまっても仕方のないことです。

    市場で業務を遂行するに当たり、
    “卸売市場法”という法律が制定されております。

    当社は2次卸と言われていた“仲卸業者”です。
    しかし、今の市場法では“荷受け”と言われる1次卸と当社の2次卸の垣根は、
    実質無くなってしまいました。

    卸売市場法
     (仲卸売者の業務の規制)
    第四十四条
    仲卸業者は、第三十三条第一項の許可を受けて仲卸しの業務を行う中央卸売市場における業務については、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
    ただし、第二号に掲げる行為については、仲卸業者がその許可に係る取扱品目の部類に属する生鮮食料品等を当該中央卸売市場の卸売業者から買い入れることが困難な場合であつて、農林水産省令で定める基準に従い業務規程で定めるところにより、開設者が当該中央卸売市場における取引の秩序を乱すおそれがないと認めたときは、この限りでない。

    一) その許可に係る取扱品目の部類に属する生鮮食料品等について販売の委託の引受けをすること。
    二) その許可に係る取扱品目の部類に属する生鮮食料品等を当該中央卸売市場の卸売業者以外の者から    買い入れて販売すること。

    といった感じです。

    分かりづらいので要約すると、
    仲卸売業者は直接に産地から商品を仕入れる(直荷引=産地直送をする)ことができるようになり、
    言い換えれば、冒頭で述べたとおり卸売業者と仲卸売業者の垣根がなくなったという訳です。

    当社のスタイル、
    つまりコンセプトは店頭販売で対面販売で、
    いわゆるお寿司屋さんのような“ネタケース”を目指しております。

    旬を先取りした商材を並べお客様に提案する、
    つまりお勧めするのです。

    旬やその日のおススメ商材を事前に発注できるでしょうか!?

    事前に発注できる商材としたら、
    養殖魚や冷凍品など劣化や相場のリスクの少ない、
    極論を言えば経験値を基にした熟練した営業マンではなく、
    子供でも販売できるようなつまらない商材に限られます。

    このような商品も決して否定いたしませんが、
    築地やその他場外流通との明確な差別化を構築するに当たり、
    果たして養殖魚や冷凍品主体あるいは同業他社と同品質の商品で、
    当社“三力 信和水産”の存在意義は図られるのでしょうか!?

    当社は旬を大事にした“商品力”が命!
    商品力を確固たるものにしなければ、
    主に業務用食材を主体とするお客様は地元から商材を調達しなくなり、
    築地や場外流通を活用し、
    行く行くは地元でお金が循環しなくなってしまうのではないかと、
    私自身大変危惧しております。

    方向性というのは個々の企業の“生き方”ですので答えはそれぞれです。

    ただ当社の場合、
    同じ志で取り組んでいただけない仕入業者さんは、
    大小に関わらず必要ありません。

    “ベクトル”
    つまり方向性がある程度似ていなければ所詮“水と油”になってしまい、
    互いに効率良い仕事が遂行できないのです。

    率先してリスクを取らなければ当社の存在意義は図れず、
    “魚屋”と名乗れる資格がないのではないかと考えております。


     
    Comment0 Comment0
  • 2013.01.11 (金) 07:28 仕事

    おはようございます@はらだです。

    本日は正月の挨拶回りの最終日となります。

    ところで先日、
    ある会社の社長さんとお話ししました。

    社長就任が間もないとのことで、
    話しを聞いていると自分の社長就任時のことを思い出しました。

    この方は私と一緒でいわゆる“二代目社長”

    私もそうでしたが古参社員さんに気を使っているようで、
    自分で自信を持って主張できるものがなければなかなか我は通せないもの・・・。

    当然のことながら私もこのような経験がありますので、
    気持ちは痛いほど理解できます。

    社長は一人しかなれません。
    副社長は企業規模や方針によって2名でも3名でも就任させることはできます。

    なので、
    社長と副社長でも責任の度合いというのは相当開きがあるのではないかと考えております。

    先日お会いしたこの社長さん、
    私より若く、
    自分に自信がないというか、
    まだ自分自身で確立できないでいる己に対して良い意味で焦っているように見受けられます。

    社長という責任転嫁できない立場となり社内の内情、
    特に会計面で現実を知れば知る程、
    一時は守りの姿勢になってしまうのも十分理解できます。

    思わず私は生意気ながら、
    「その給料ならば経営者として安いんじゃないの!?」と申してしまいましたが、
    この社長さん曰く、
    「自分に自信もなく、まだ確立できていないし、社員の目もあるので・・・」と申しておりました。

    “社員の目!?”
    確かに経営者は社員さんの目が気にならないと言ったら嘘になります。

    経営者が社員を冷静かつ客観的に分析しているのと一緒で、
    社員さんも社員さんなりに経営者を見ているのでしょう・・・。

    ましやは私自身も当然社員さんからの視線は意識します。

    分かりやすく例えると、
    「会社の金を使って飲み食いしている」とか・・・。

    どこの会社の社員さんならばそう思うことは至極自然の事・・・。

    私は一昨年の東日本大震災以降、
    特に当社のお客様を中心に食事をさせていただく機会をあえて多くしております。

    なぜならば旬の食材を勉強するに当たり、
    どうせお金を使うのならばお客様、
    特に当社をメインに仕入れていただいている方々で使いたいと考えるようになりました。

    なので旬の商材の味を知る上でも、
    そして味がより活かされるにはどのような調理法が一番良いのか、
    それを知るのであれば効率よくお客様のお店で食事するのが、
    より有効的なお金の使い方ではないかと考えております。

    この新米社長さん、
    業界は違えどこれから多くの経営者の方と出会い、
    経営者でしか味わえない様々な経験をすることによって、
    独自の信念を構築していくことでしょう・・・。

    お金の使い方の解釈というのは、
    会社の個々に置かれている社員さんの役職によって人それぞれ・・・。

    一部の社員さんから言わせれば、
    「飲み食いしたり接待するお金があれば、給与を上げてくれよ!」
    このような声が上がってくるのは当然ですね。

    営業職に限って言えること、
    それは現在自分自身が、
    2年前、3年前、5年前、10年前、そしてそれ以上よりも、
    ただただ販売するのではなく、
    お客さまだけでなく会社にも貢献する、
    つまり販売技術が向上し、決算書が改善できるような貢献をしていただければ、
    自ずと給与=役職が上昇するのは自然の流れ。

    「会社の金だから、会社の備品だから適当に管理すれば良いんだ!」
    このような思想の方は残念ながら給与も役職も上昇しません!

    私は有難いことに、
    経営者として当たり前と言われればそれまでですが、
    決算書やキャッシュフローの把握ができます。

    極論を申すならば、赤字にしないことが絶対条件!

    会社の方針に従った上で低利益であれば仕方がありませんが、
    方針に従えなければ給与は上げられません。

    なぜならば、
    方針に従えないということは、
    評価が上がらない理由の一つは販売コストが掛かりすぎ、
    給与アップをしたくてもコストの補てんをしなければならず、
    給与アップすると赤字決算に陥るので、アップができないのです。

    いかに限られた条件で最大限の生産性→売上と利益を計上しなければ、
    販売の“プロフェッショナル”として認められません。

    私が申し上げていることはシンプルで大変難しいことですが、
    これはどの経営者でも譲れない所ではないでしょうか!

    社員の目を気にしていれば、
    実力がなくても給与を上げれば一時的には凌げるでしょう。

    しかしそうなると、
    今度はいわゆる“出来る社員さん”→幹部の不満が溜まってしまいます。

    なので経営者は、
    様々なものを陰で犠牲となっている社員さん→貢献してくれる社員さんを中心に、
    仕事がやりやすい環境作りに専念する訳です。

    中小零細企業でこれができるのはオーナーである“社長”しかいません。

    “社員の目”
    当然個々の社員の能力に応じて仕事をしやすい環境作りに努力をしますが、
    残念ながら社員さん全員を満足させられることは困難なのであります。

    たとえ何かを失ってでも、何かを敵に回しても、
    やり抜かなければならないことがあるのです。

    だから経営者は孤独なのです・・・。
    Comment0 Comment0
  • 2013.01.07 (月) 05:04 仕事

    おはようございます。

    そして、新年明けましておめでとうございます!
    本年もご贔屓の程、宜しくお願いいたします。

    年末年始、
    特に飲食店の皆さまにとってはまさに勝負ですよね!?

    勝敗はいかがでしたでしょうか?

    4日より年始の挨拶回りをしております。

    当然年末年始や12月期の状況をお聞きする訳ですが・・・。

    2日間で約70件のお客様の訪問いたしましたが、
    当社のお客様に限っては約9割の方が前年並み、
    あるいは前年をクリアした、
    中にはレコード(新記録)を叩きだし、断ってしまったという強者まで!

    主要販売先のお客様が繁盛されているのもお聞きし、
    笑顔を拝見することが私にとって何よりの“お年玉”となるのであります。

    ただ、
    残念ながら一部のお客様は商品を余らせてしまったという方も・・・。

    私の予想が全てではありませんが、
    前年より業績が悪いというお客様は大抵当たってしまいます。

    「売上減少」という私の予想を外れて欲しいと願うのですが、
    ほぼ当たってしまいますね・・・。

    さて、
    こういう業績が低下している共通点は一体何か!?

    ・ネタがワンパターン
    ・メニュー力の向上が図られない
    ・人財育成→権限委譲が図られない etc

    そして何より、
    経営者が“ネガティブ(マイナス思考)”である、
    あるいは業績低下を時事問題や仕入業者に責任転嫁しているということ。

    業界は違えど、
    そして個々に置かれている環境の差があれど、
    条件に誤差はないのではないでしょうか!

    実際に業績の良い飲食店も存在しているのですから、
    政治が悪い、景気が悪い、場所が悪いなどなど言い訳していても発想の転換、
    つまり自分自身が前向きに変わらない限り、
    そして今の状況は良くも悪くも自分自身が選択をしているということを素直に認め、
    “100%自己責任”であるのだということを自覚しない限り、
    前にも進めず、現状の負のスパイラルから抜けられないのではないでしょうか!

    実際私も自分に都合よく言い訳したいことも多々ありますが、
    良くも悪くもまずは現実を受け入れなければ前進する糸口も見出せません。

    負の現状を打開されたい方、
    自分が前向きに変わらない限り、
    周りの環境は何一つ変わりません。

    なぜならば、あなたが変わらないからです。
    他力本願では周りは何も変化しません!

    己の現状が何も進展しないのは自分に100%非があると認識すると、
    自然に問題解決に繋がるのではないかと考えております。

    逃げてもいずれまた同レベルの試練は訪れるのですから・・・。

    出来ることから一つ一つ地道に、
    そしてポジティブ(前向き)に解決していくしかないというのが私の主観であります。

    生き方は人それぞれ・・・。

    後悔のない一年にしたいと考えております。

    改めまして一年間宜しくお願いいたします。
    Comment0 Comment0
1

ページトップへ