» 2012年1月

  • 2012.01.31 (火) 08:32 仕事

    おはようございます@はらだです。

     

    突然ですが皆さま、、、

    今月「1月」はいかがでしたか?

     

    当社は惨敗でしたね・・・。

     

    反省点は色々ありますが、

    新年度に向けて課題も山盛りですので、

    確実に前進したいと考えております。

     

    ただ、連日テレビや媒体などを通じて、

    「不況」を題材にした報道や特集が多すぎるように感じます。

     

    人間の心理、

    特に景気を左右すると言われる「消費マインド」が

    このような情報を通じて影響されているようにも見受けられます。

     

    そうは申しましても、

    今が「現実」であります。

     

    惨敗なのは結局のところ、

    当社に"魅力がない"ということに尽きるのです。

     

    先日ある卸の社長さんに、

    「お宅の高級鮮魚を使うお店って減ってきているんじゃないの?」と

    ストレートに指摘されました。

     

    確かに、その通り。

    安い方へと流れがあるのも事実。

     

    「飲み放題込みで『@3000円』」なんてお店もザラですから・・・。

     

    バイイングパワーを最大限に活用した大手飲食店チェーンが

    仕掛ける「安売り合戦」。

     

    このような形態の飲食店も繁盛しているのも事実。

     

    こうなると、

    「価格のみ」か「品質重視」かのいずれかの選択をしざるを得ない。

     

    一番良くないのは「中途半端」

    バイイングパワーのない当社は「品質重視」突き進むしかありません。

     

    さぁ~て、

    暖かくなってきたら物色しようかなぁ~。

     

    冬眠から覚めても餌が見つからなければ飢え死にしますからね!

    Comment0 Comment0
  • 2012.01.27 (金) 04:15 仕事日常

    おはようございます@はらだです。
     
     
    昨夜フェイスブック仲間のある方の投稿を読み、
     
    心が"グサリ"と突き刺されたような・・・。
     
    私への戒めの言葉と解釈し、肝に銘じます。
     
    さて、その内容は下記に張り付けましたのでご覧ください!
     
     
    ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 
     
     
    「問題が起き、事態が落ち着いた後からなら何とでも言えます。
     
     まずは自分が率先して、この問題にどう立ち向かったのか、
     
     どうやって解決すれば良いかを必死で考えたかどうかです。
     
     矢面になって取り組んだ人は、絶対スキルアップになります。
     
     人に任せ静観していた人は、一瞬だけ記憶に残って忘れます。
     
     同じ取り組みでも、この差が非常に大きいですよね。痛感」
     
     
     
    つまり、
     
    「逃げてはいけない。『修羅場』や『試練』がその人を成長せるのだ」と
     
    語り掛けられているように感じました。
     
     
     
    同年齢でも幼さを感じる方に見受けられる傾向として、
     
    やはり気持ちが「逃げてしまう」あるいは争いを避ける、
     
    常に現実逃避している"生き方"が自ずと醸し出されているでは・・・。
     
     
     
    上記のコメントをしてくださった〇〇さん(笑)、
     
    肝に銘じます、「逃げてはいけない」と・・・。
     
    Comment0 Comment0
  • 2012.01.26 (木) 06:06 日常

    おはようございます@はらだです。

     

    今朝の長野市、

    雪がこんこんと降っております。

     

    会社に着くやいなや、

    雪かきに四苦八苦しました(^_^;)

     

    また本日はアメリカ・ノースカロライナ産の天然生本マグロが入荷し、

    私にとっては気持ちの良い朝となりました。

    (自己満足ですが・・・)

     

    ところで、

    昨日は日帰り手術をいたしました。

     

    病名:「手根管症候群」

    手首にある『腱』が萎縮してしまい、

    血管や神経を圧迫し、

    私の場合、常にしびれや鈍痛が約4年に渡り続きました。

     

    神経の伝道速度も左手に比べ鈍っていましたので、

    思い切って手術する運びとなりました。

     

    日帰りとはいっても手術は手術。

     

    当然メスを使う訳でして、

    手術方法として「内視鏡」を使用し腱を切除、

    傷口を最小限に留めることで負担が軽減されるというもの。

     

    本日は手術翌日ということもあり、

    物をちょっと掴もうとするだけで激痛が走りますが、

    2週間ほどで抜糸とのこと。

     

    神様が「しばらく大人しくしていなさい」と囁いているのだろうか。。。

     

    新年度を迎えるにあたり、

    ご多分に漏れず当社も「問題山積」でありますが、

    客観的に整理し、

    効率よく業務を遂行する準備に取り掛かりたいと考えております。

     

    皆さま、

    お体にはくれぐれもご自愛ください!

    「健康」って良いものですよ。

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2012.01.24 (火) 05:46 仕事日常

    おはようございます@はらだです。

     

    「便利」

    日々追われる生活を過ごされる方が大半を占めるこの国。

     

    正直、「楽をしたい」と手を抜けることならば、

    飛びついてしまうのが今のご時世でしょうか・・・。

     

    社会で生きていく以上、

    人との繋がりは、

    空しいですが「お金」で繋がっているのも事実。

     

    自分ができないことを、

    人に依頼することで問題解決する。

     

    これならばある程度仕方ないのでしょう。

    現実問題、これで社会が成立しているのも事実なので・・・。

     

    しかし、良識のある良い歳をした大人が、

    日常生活あるいは仕事面で自分ができる物事まで、

    人にお金を払って「手を抜く」

     

    これも時によっては仕方がない場面も・・・。

     

    百歩譲って、

    身銭で払うならば自己責任ですからまだ許されますが、

    自分で手配できることまで、

    その費用を他人が出している場合も・・・。

     

    またまた百歩譲って、

    他人様のお金を使うならば、

    「必ず取り返そう」「感謝」・・・なんて思わず、

    「人のお金だから良いんだ」「身銭だけは払いたくない」と考える方々。

     

    こうなると、「重症」ですね。

     

    コスト意識も微塵も感じられない、

    考えなくなってしまうのが、「便利」という言葉。

     

    そして、

    この「便利」な環境が当たり前と考える、

    たちの悪い方々。

     

    「便利」

    決して良い言葉ではありませんよ。

     

    コスト意識を鈍らせる、

    感謝の気持ちが湧かない「罠(わな)」だと考えます。

     

    私の考え方、

    確かに少々ストイックな考え方かもしれません。

     

    ただ、

    あまりにも「便利」に依存していると、

    本来、大事にしなければならないものまで失いますよ。

     

    電気がつく。

    ガスが通る。

    水道の水が出る。

    車が動く→ガソリンの購入。

     

    社会で生きていく上で、

    必ず費用は発生するということ。

     

    当たり前は"当たり前ではない"ということ。

     

    当たり前なことを大切にし、

    感謝の気持ちを伝えないと、

    後に「しっぺ返し」が来るということ。

     

    そろそろ気づかなければ・・・。

     

    「便利」を都合よく悪用する人は、

    必ず何らかの形で反映されます。

     

    仕事ならば、

    役職や給与(賞与)に反映されます。

     

    なぜならば、

    稼ぎが悪く、

    コスト意識がなければ、

    それなりの位置(ポジション)となるでしょう。

     

    家庭ならば、

    家の使用していない電気を消すとか、

    無駄に水を流しっぱなしにしないとか・・・。

     

    意識しなければ、

    子どもが真似ます、特に親の悪いところを。

     

    ただ、

    こういう人達を見て、

    「反面教師」と思う人も稀に存在することが救いでありますが・・・。

    Comment0 Comment0
  • 2012.01.23 (月) 06:09 仕事

    おはようございます@はらだです。

     

    ホントに暇ですねぇ~。

    その割には魚が高くて・・・。

     

    天然物を追っかけるとなかなか安定しません。

     

    ただ養殖物を主体にするのは、

    当社の存在意義がなくなるので頑張りますが、

    全国20か所余りの荷主さんとお取引きしていても、

    「安定供給」ってなかなかつらいものです(爆)

     

    先日、

    携帯の写真データを見ていたら、

    先月特集していた日本経済新聞の「私の履歴書」で記載されていた

    歌舞伎俳優の松本幸四郎さんの文章の一部を、

    私が携帯カメラで写していた画面が・・・。

     

    「役者はうまくなるのではない、だんだん下手になってゆく。

     うまくなったと思うのは、慣れからくる『錯覚』だよ」と・・・。

     

    つまり、「油断するな、一生勉強だ」と筆者は述べたいのであろう。

     

    何が正しいのか分からない。

    何を基準にして良いのか分からない。

    誰も教えてくれない。

    答えが見つからない。

     

    しかし、止まってはいられない、

    己の信念に基づいて自分で切り開いて前進あるのみ。。。

     

    「学び」も「気づき」も自分の心掛け、姿勢次第。

     

    仕事って難しいなぁ~。

    Comment0 Comment0
  • 2012.01.19 (木) 07:54 仕事

    おはようございます@はらだです。

     

    先日、私のフェイスブック画面に見知らぬ方からのメッセージが・・・。

     

    なんと、新規取引に関するお問い合わせ。

    しかも、以前より取引できたらいいなぁ~と思っていた

    お店からの「逆アプローチ」!

     

    嬉しかったですねぇ~。

     

    お客様の数は多いに越したことはありません。

     

    なぜなら、

    既存のお客様におんぶに抱っこ、

    つまり依存度が増してしまい、

    「NO」と言えない営業活動となり、

    いずれ赤字を発生してしまうからです。

     

    それにしても嬉しい悲鳴。

    一昨日は嬉しくて少々お酒の接種量が増えてしまい・・・(爆)

     

    「飛び込み営業」

    否定はしませんが、結構怖いもの。

     

    なにが?

    それは、、、「お金」です。

    これしかありません。

     

    なので、

    新規の場合は慎重に事をすすめます。

     

    プロがこのような発言は失格かもしれませんが、

    「相性」もありますね・・・。

     

    というのも、

    方向性→姿勢がある程度は同じでないと、

    厳しいかなぁ~と。

     

    ただの、「価格競争」は、

    否定はしませんが、

    品質にこだわらなければ、

    それなりの商品を提供するしかありませんね。

     

    新規の方と初めてお話しする時、

    私はあまり価格に関してお話しはしません。

     

    お客様の現状、

    基本方針、

    将来への方向性(展望)、

    つまり仕事に対する「思い」をお聞きします。

     

    その後社長さんの方針を社内で報告し、

    具体的な商品の品質や価格に関しましては、

    営業の社員さんにバトンタッチします。

     

    言いたいことばかり主張し、

    時には炎上させてしまう「フェイスブック」

     

    このFBを通じて、

    見知らぬ私に勇気を出してメッセージをいただいた社長さん、

    ありがとうございました。

     

    やっぱり人間、

    正直でいいんだなぁ~。

     

    私、そんなに器用ではありませんので・・・。

    Comment0 Comment0
  • 2012.01.16 (月) 04:50 仕事

    おはようございます@はらだです。
     
    初老?のせいか、
    先週からひいているカゼがなかなか治らず、
    やっかいなもので、困ったものですね・・・。
     
    ところで、
    昨日偶然見ていたテレビで聞いた言葉が心にグサリと...。
     
    「出来ないのは、能力の限界ではなく、執念の欠如だ」と。
     
    できない理由を言い並べてはリスクを取らず、
    目の前の問題点に目を背け、
    覚悟ができないサラリーマン社長(リーダー)が横行すると、
    取り返しが付かないことに。
     
    リーダー自ら覚悟し、一時的には身を削り、
    率先垂範しろと誰かが問い掛けているような気がします。

    飲食店の皆さん、
    仮に現在利益が出ているとしたら、
    このような時こそ人財補強(教育)、
    あるいは原材料の付加価値化に投資すべきではないでしょうか・・・。
     
    「とにかく自社を大きくしなければ話しにならない」という方。
     
    私の主観ですが間違ってはおりません。
    確かに仕入等のスケールメリットにも生かせます。
     
    ただ、規模の拡大と比例して、
    「幹部候補」となるべく人財教育も比例しているのでしょうか?
     
    これをご覧の社長さん、あるいはリーダーの方、
    片腕はいますか?
     
    自分の身に何か突発的な問題が生じた時、
    代わりに職務を全うしてくれる部下はいますか?
     
    百歩譲って「片腕」を育てる土壌を作ろうと意識されていますか?
     
    あるいは「リーダー=管理職」の方、
    会社(社長)は率先してリーダーに対して権限移譲を行なっていますか?
     
    つまり冒頭の言葉は、
    腹を括れる経営者あるいはリーダーが存在する企業しか生き残れないと
    苦言を呈しているのかもしれません。
    Comment0 Comment0
  • 2012.01.14 (土) 07:20 仕事

    おはようございます@はらだです。
     
    いきなりですが、
    フェイスブック仲間(以後「FB」)からの投稿で、
    私と同じ経営者の立場の方のコメントを張り付けましたので、
    どうぞご覧ください!
    ↓   ↓   ↓   ↓
    「給与20万」と言っても
    貰う方は16万で払う方が24万としたら感覚のズレは埋め難い。
    職場に自己実現の要素をいかに盛り込めるか!
    でも経営者都合の詭弁と思われますかね??? (原文)
     
    おそらく多くの一般社員さんは、
    貰う=「手取り」の支給額という解釈ですよね?
     
    「手取り」というのはご存じのごとく、
    個々の給与の総支給額より諸々の負担分を差し引いた給与のこと。
     
    総支給より所得税や市県民税は義務なので仕方のないこと。
    厚生年金や社会保険、そして退職積立金も仕方のないこと。
     
    皆さまご存じの通り、
    基本的に会社側は上記に記載した
    厚生年金」「社会保険」「退職積立金」を一部負担しているのです。
     
    なので、
    会社側はあくまでも「総支給」ということになるのです。
     
    ましてや上記の負担分を支払わない企業も存在するようですね・・・。
     
    あるいは「契約社員」「パート社員」等で、
    雇われている方々がいれば、
    当然企業の負担分は減る訳でして。。。
     
    あくまで私の「雇用主」の立場で主張するならば、
    今のこのご時世、
    契約社員制度やパート制度が横行する中、
    「正社員」という立場がいかに保障され、
    恵まれているかということを自覚すべきです。
     
    何回も繰り返しますが、
    あくまでも会社側は「総支給」
     
    国の都合で天引きされるものまで、
    「手取り」という都合の良い解釈をされても、
    総支給との差額分について会社側は負担できません。
     
    企業というのは毎月の利益が変動しても、
    固定費が変動する訳ではありません。
     
    ・給与(+賞与)
    ・水道光熱費
    ・社会保険等含む「福利厚生費」
    ・燃料費
    ・車両保険
    ・火災保険
    ・リース料
    ・消費税等の租税公課
     
    そして、
    純利益に対して40%余り発生する「法人税」
     
    という訳で、
    経営者側の立場で主張させていただきました(笑)
     
    それでは私の川柳!
    「『正社員』、当たり前だと、思うなよ。今のご時勢、『契約』が主流」
     
    Comment0 Comment0
  • 2012.01.12 (木) 05:00 日常

    おはようございます@はらだです。

     

    今週明けより築地と、

    ついでに家族を連れてディズニーランドへ行って参りました。

     

    築地は仕入先の社長さんが息子さんへ引き継がれたということで、

    お祝いの品を持参し伺いました。

     

    それともう一つの目的、

    それは、まだまだ幼少で記憶に残らないと思ったのですが、

    子どもたちに世界一の魚市場「築地」や、

    たくさんの魚を見せてあげたくて連れて行ったというのが本音でしょうか(汗)

     

    そして、ディズニーランド。

    去年の10月上旬だったと記憶しております。

     

    学生時代の後輩より、

    「年明け1月9日午前11時にシンデレラ城に集合してください」と、

    それっきり当日まで全く連絡がなく不安だったのですが、

    いざ家族を連れて行ってみると、

    あれよあれよと懐かしい顔ぶれの後輩たちが家族やお友達を引き連れて、

    集まった人数がナント40人オーバー(驚)

     

    大学在籍当時から仲の良かったメンバーが勢ぞろい。

    何年ぶりだったかな・・・・。 

    元気な顔を見られてうれしかったなぁ~。

     

    東日本大震災で被災した後輩一家も、

    宮城県気仙沼市より家族を連れて駆けつけてくれました。

     

    ホント、生きていてくれて良かった。

     

    集合写真を撮り、

    シンデレラ城を見学し、

    解散の運びとなりました。

     

    またいつか会えるといいなぁ~。

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2012.01.06 (金) 06:40 仕事魚

    おはようございます@はらだです。

     

    昨日は築地市場の生マグロの初セリ、

    テレビでもあちらこちらで放映され、

    「宣伝」だけみるとすごいですねぇ~。

     

    費用対効果があるかどうかは分かりかねますが・・・。

     

    「すしざんまい」

    この単語が日本国内で連呼されました。

     

    テレビでちょっとだけしか見ることができませんでしたが、

    確かに鮮度は良かったですね。

     

    腹の断面を見る限り、

    鮮度が良すぎるので脂がまだ熟していない、

    つまり出切っていないということですね。

    一週間程熟成させれば脂も上がり、

    身に馴染んで美味しくなるのでは。

     

    閑散期ならば、

    あくまで私の下付け(予想)ですが、

    がんばってキロ1万円くらいではないでしょうか・・・。

     

    ご祝儀相場と言ってしまえばそれっきりですが、

    ものには「限度」というのがあります。

     

    私の見解、

    「異常」「クレージー」に他なりません。

     

    確かにセリですから、

    一番高額な評価をした方が買うのは至極当然。

     

    ですが、私は少々違和感を感じます。

     

    1キロ21万円、5000万円オーバーですよ!!!

     

    何か他に使い道はないのでしょうか・・・。

     

    人のお金ですから私がとやかく言うべきことではありませんが、

    資金に余裕があるのならば、

    慈善団体やNPOに寄付するとか、

    あるいは社員に還元するとか。。。

     

    見ていて気持ちが悪くなります。

     

    このマグロを食べたある方は、

    「縁起物だから今年は良いことが起きるかも・・・」と。

     

    明らかに損した商品を食べて、

    果たして幸運が舞い込んでくるのでしょうか。。。

     

    ただ、唯一救われること、

    それはイジメ抜いて「買い叩く」よりはマシですが・・・。

     

    今日は挨拶回り3日目。

     

    主に長野県の東信地域を行脚します。

    30~40軒程でしょうか・・・。

     

    では、行ってきま~~~す!(笑)

     

     

    Comment0 Comment0
1  2 »

ページトップへ