» 2011年8月

  • 2011.08.30 (火) 08:14 仕事

    @はらだです。 

     

    先日ブログで書きました「マグロ船仕事術」

    上司が部下に接する際の心得が10箇条=10則あるそうです。

     

    私も耳が痛い訳で・・・。

     

    こんな感じです。

    ↓   ↓   ↓

     

    ①部下の能力を認める言葉をかける

    上司に技能があっても部下に好かれなければ組織は動かない

     

    ②部下の考え方や生き方に関心を持つ

    部下の話を聞いてやらないと、上司の指示は聞いてもらえない

     

    ③「人は指示通りに動かない」を前提に

    想いが伝わると思うから人間関係は壊れる

     

    ④部下の意見にはとりあえず「なるほど」

    部下のアイデアも数多く聞けば光るものに出会う

     

    ⑤売り上げ目標に振り回されない

    目標に届かない時に犯人捜しをせず、やり方を修正する

     

    ⑥部下に期待しすぎない

    未熟な部下にイライラするとその雰囲気が組織に伝染する

     

    ⑦船長が前向きだと船は沈没する

    危険を察知する後ろ向き(慎重)な考え方が組織を守る

     

    ⑧部下の成長した点を具体的に伝える

    できたいないところだけ指摘すると部下の士気が下がる

     

    ⑨叱る時には「期待していた点」を指摘する

    叱る言葉が激励の声に変わり、部下のやる気が増す

     

    ⑩注意する言葉は褒める言葉でサンドイッチにする

    相手の感情に嫌なものを残さないことが肝要

     

     

    なかなか理想通りにはいきませんが、

    意識すれば不可能ではないことではないでしょうか・・・。

    Comment0 Comment0
  • 2011.08.29 (月) 06:32 日常

    おはようございます@はらだです。

     

    今週は魔の一週間ですね。

     

    当社の年間データでは、

    毎年この週は年間ワースト5に入るほどの売上激減の週となります。

     

    確かに売上的には暇になるのですが、

    私も一応「社長」、

    うまくバランスが取れているというか、

    こういう時は雑務が増えるのですね。

     

    そして、

    今週半ばから約一週間は久しぶりの配送業務が・・・。

     

    これが意外とバカになりません。

    担当社員とお客様がうまくコミュニケーションを図っているかどうか、

    行けばすぐに分かるのです。

     

    やはり「現場」って大切ですね。

     

    ところで、

    一昨日もブログに書きましたが、

    週末は長女の誕生日、

    そして昨日は家族で海へドライブに行きました。

     

    そして帰宅後、

    自宅で一日遅れの誕生日のお祝いをしようと

    ケーキを用意したのですが、、、、、

    突如長男坊が発熱してしまい、

    ケーキを目の前にして結局食べずじまい・・・(涙)

     

    オ~マイ、ゴッッッッット。。。

     

    今日にお預けとなりました。

     

    子供相手なので仕方がありませんが、

    昨日は私自身ケーキモードだっただけに、

    悔やまれてなりませ~~~~~ん(爆)

    Comment0 Comment0
  • 2011.08.27 (土) 09:25 仕事日常

    おはようございます@はらだです。

     

    今週もやっと一週間が終わろうとしております。

     

    まず、、、

    当社の今月の売上推移ですが、

    何とか本日の朝一ぐらいの時間帯で

    前年対比をクリアできました。

     

    新規のお客様が増えているので、

    売上高も増えて当然と言えばそれまでですが、

    お客様に感謝するとともに、

    影となり働いてくれた当社の社員の皆さまにも

    重ねて御礼申し上げます。

     

    ありがとうございました。

     

    ところで個人的なことになりますが、

    本日は我が娘(長女)の誕生日であります(満一歳)。

     

    あまり父親らしいこともしていないなぁ~と、

    自己嫌悪に陥ることも度々あります(反省)

     

    また、

    長男(3歳)の長女への嫉妬(笑)も強く、

    何とか長女との時間を確保したいのですが、

    一日24時間しかないとなかなか難しい訳でして・・・。

     

    なので、

    明日はお休みということもあり、

    久しぶりに外食しようかと考えております。

     

    私には2人の子供がおりますが、

    一人っ子育ちの私にとって、

    2人に接するバランス感覚というのが

    なかなかうまくいきません(涙)

     

    つまり、

    親になっても日々「勉強」なのですね。。。

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.08.25 (木) 12:17 日常

    こんにちわ@ハラダです。

     

    昨日はお休みでしたが、

    島田紳助の突然の引退表明、

    そして我が息子の保育園「登園拒否」騒動と、

    アッという間に一日が過ぎてしまいました・・・。

     

    一昨日の夜、

    「保育園に行かな~い」と言っていた長男。

     

    冗談かと思いきや、

    当日になっても意志が変わらないようで、

    早朝から妻と長男との「行く、行かない」のバトル勃発!

     

    保育園とはいえ、

    子供たちにも子供たちなりの世界があるようで、

    予想するに長男なりに集団生活で我慢し、

    ストレスが溜まっているのでしょう。

     

    それに間もなく一歳を迎える長女(妹)に

    ママが取られてしまっていると感じているようなので、

    彼なりに日々悶々としているのでしょう。

     

    小学校ならまずいですが、

    「明日は保育園に行く」という長男の言葉を信じ、

    サボらせちゃいました。。。

     

    妻はご機嫌斜めになってしまいましたが・・・。

     

    という訳で長男と出掛けた訳でして。。。

     

    午前中は私の両親宅でおもちゃ三昧、

    午後は日帰り温泉という感じでしたが、

    子供なりに少しはストレスが発散できたのではないでしょうか。

     

    なお、

    昨日の妻はといいますと、、、

    私が保育園をサボらせてしまったばかりに、

    帰宅後もご機嫌斜めで、

    長女と二人で夕食に出掛けてしまい、

    踏んだり蹴ったりの一日でした。

     

    ただ、

    長男とゆっくり過ごせたので、

    それなりに有意義な一日でした。

     

    今日は保育園に行ってくれているかなぁ。。。

    Comment0 Comment0
  • 2011.08.22 (月) 11:10 日常

    おはようございます@はらだです。

     

    週末は妻の実家の三回忌法要と温泉一泊旅行。

    少々ハードでしたが楽しく過ごさせていただきました。

     

    旅館の部屋でテレビにスイッチオン、、、

    毎年夏の恒例行事と化している「24時間テレビ」

     

    その中の名物コーナー「24時間マラソン」

     

    今年は徳光和夫さん御年70歳。

     

    約70キロの道のりを走ったとのこと。

     

    比較的スローペースで、

    気温にも恵まれたのでしょうか、

    私の想像に比べ比較的スムーズだったのではないでしょうか。

     

    そうは申しましても御年70歳ですよ。

    チャレンジすることが素晴らしいですね。

     

    「仕事を見える範囲で、

    『こなしてばかり』いたのでチャレンジしたかった」とのこと。

     

    私のような若造には非常に耳の痛い話ですね(爆)

     

    そして感動のゴールへ。。。

     

    ベタでしたが、感動しましたね。

     

    ゴール直後、徳光さんから一言、

    「千里の道も一歩から。

     俺みたいなズボラな人間でもやればできるんだよ」と。。。

     

    いえいえ、ズボラではありませんよ。

     

    「王道」ってないのですね。

     

    地味ですが、

    一歩一歩前進あるのみ、

    後ろを振り返っても過去には戻れないのですから。

     

    改めて一歩一歩の大切さを実感した昨夜でありました。。。

    Comment0 Comment0
  • 2011.08.20 (土) 04:21 仕事

    おはようございます@原田です。

     

    本日も鮮魚系が少なくて大変困っております。

    お客様にはご迷惑をお掛けいたしまして申し訳ありません。

     

    昨日は羽田空港近辺が悪天候のため、

    出荷時の時間帯により中継のタイミングが合わない

    荷主さんの荷物の一部は

    引き返してしまったというケースも発生してしまいました。

     

    自分で荷物を手配するということは、

    このような不測の事態も発生します。

     

    天然物ってむずかしいですね・・・。

     

    ところで、、、

    先日週刊誌を購読しておりましたら気になる記事が・・・。

     

    お題目:「マグロ船仕事術」

    この記事の特集は私の愛読書である「週刊ポ〇ト」

     

    これは斉藤正明さんという方が実際にマグロの43日間に渡る遠洋漁業で

    経験を基に学んだ「マネジメント」や「リーダーシップ」について

    記載されている著書の題名であります。

     

    著者によるとマグロ船と日本企業には多くの共通点があるのだそうです。

    それは、

    「終身雇用の時代と比べて人材の流動性が高まったとはいえ、

     ダメ社員を簡単にクビにはできませんし、

     不景気で社員をたくさん採用することもできません」とのこと。

     

    うんうん、正しくその通りではないでしょうか?

    現実としてなかなか優秀な人財の確保は難しいもの。

    特に「零細企業」と位置づけされる会社では・・・。

     

    さらに著者は、

    「マグロ船も日本企業も、

     限られた人的資源をいかに最大限かつ効率的に活用するかが

     文字通り浮沈の鍵を握ります」と。。。

     

    確かに「マグロ船」という限られた環境で、

    船長のリーダーシップというのは真価が問われます。

     

    「あいつは使えない」といっても、

    マグロ船から海に落とす訳にはいかないですよね?

     

    日本国内の多くの一般企業=マグロ船

    ではないというのが著者の考えです。

     

    続きは次回のブログにて。。。

    Comment0 Comment0
  • 2011.08.19 (金) 10:40 仕事

    おはようございます@ハラダです。

     

    ここ数日、

    魚がありませんねぇ~。。。

    困ったものです(汗)

     

    ただ天然物を主体としている当社としては

    こればかりはいたしかたないことです。

     

    O部長も全国各地の荷主さんへ連絡し集荷に努めていますが、

    売れる価格帯もありますし、

    ただ売らなければ話になりませんし、

    利益も大切ですし。。。

     

    色々考えていても仕方がありませんので、

    結局のところ、

    こういう時は多少の相場高でも集荷するしかありませんね(大涙)

     

    ところで先日の続きを・・・。

     

    出世する人の仕事の習慣・・・ 

    「仕事を抱え込まない」

     

    部下を複数抱える上司の多くの悩みの一つが、

    仕事の遅い、

    つまり決断力が遅く優柔不断である部下に任せるより

    自分で処理した方が早いと、

    自らの仕事を処理してしまったことの経験ってありませんか?

     

    著者曰く、

    ↓ ↓

    こんな人はせいぜい課長止まりです。

    ある都市銀行の執行役員は銀行員なのに札勘定すらできず、

    事務処理が全然できない人ですが、人に頼むのが上手い。

    人柄で慕われ、何も言わずに部下が助けてくれるのです。

     

    とのこと。

     

    「うちは零細企業だから、社員に大事なこと任せられないよ」

    「お客様に迷惑かけちゃうから自分で処理しちゃうんだよ」

    「うちの社員は責任感ないから無理無理」

     

    確かに、

    他人さまに仕事、

    ましてや業績や将来に関わることを任せるというのは

    とても勇気のいること。

     

    上記の主張をする方々の気持ちも十分理解できます。

    優秀な人財も「運」や巡り合わせ次第ってところもありますしね。。。

     

    ただ、

    仕事を抱え過ぎ、

    忙殺の日々を過ごすようでは冷静に判断できず、

    結局のところ仕事が重なり処理が遅くなる、

    あるいは穴を開ける事態が関の山でしょう。

     

    ちなみに私ハラダはこう考えます。

     

    仮に、

    もし私が急病になったら、

    又は

    休養ができたら、

    またまた、どうしても県外に行かなければならない案件が発生したら、

    一体誰がこの「三力」を運営するのだろうと・・・。

     

    お客様は、

    「良い品物を適正価格で」とスタンスだけではないでしょうか?

     

    万が一、

    私に何か不測の事態が発生しようとも、

    お客様には全く関係のないことであります。

     

    なので、

    当社は極力「権限移譲」を推進しております。

     

    時々「任せ過ぎでは?」と指摘を受けることもありますが、

    大企業のように杓子定規的な対応では、

    お客様はすぐに心変わりしてしまいます。

     

    零細企業では現場の小回りを利かせた「迅速な対応」に

    勝るものはないのでしょうか?

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.08.18 (木) 04:58 仕事

    おはようございます@はらだです。

     

    昨日は当社のお客様へ2件程表敬訪問して参りました。

     

    私みたいな者でもアポなしで伺っても先方は歓迎していただけます。

    また、

    担当社員が日々対応をきちんとしているかどうかも分かりやすいので、

    失礼を承知でアポなしで伺うことにしております。

     

    当然伺って良いであろうタイミングを見計らってですが・・・。

     

    「日々迷っているんです」

    2件目に伺った会社の社長様。

     

    私より若く、

    情熱に満ち溢れているの方なのですが、

    雑談をする中で色々迷っている様子。

     

    経営者となり、

    今まで見えなかった部分、

    あるいはあえて見なかった部分、

    経営者となると否応なしに現実を直視しなければなりません。

     

    つまり、、、、、「逃げられない」ということですね。

     

    今まではこだわっていた部分も、

    経営者となると形(なり)振り構っていられない。

     

    ただ、

    あまり追求しすぎるとそのツケは

    社員にとって多大なる負担となる・・・。

     

    お客様に満足なサービスが行き届かなくなる・・・。

     

    就任間もないこの社長様、

    日々試行錯誤と申しますか、

    予想するに葛藤の連続なのでしょう。

     

    分かっていても、

    なかなか吹っ切れず断ち切れないもの。

     

    この迷い、そして「決断」

    先行事例がある訳でなく、

    経営者あるいはリーダーの方々ならば、

    幾度となく経験されているのではないでしょうか。。。

     

    本来ならば、

    「リーダー」という頂点に立つもの、

    「羅針盤」とならなければならない立場、

    「迷う」などという発言は口が裂けても発言できないもの。

     

    ただ私の主観ですが、

    肩書がリーダーでも所詮「ただの人」

     

    完ぺきな人などいません。

     

    日々迷い、

    修練や試練の積み重ね、

    そして逃げないことが「人」として磨きが掛かっていくのでしょうね。

     

    経営者ならば誰でも心掛けていると思いますが、

    私の会社に対する思い、

    それは私自身がオーナー社長として、、、

    「命に懸けて絶対この会社を潰さない」

     

    この一点に尽きるのであります。。。

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.08.17 (水) 05:53 仕事

    おはようございます@はらだです。

     

    久しぶりの投稿です。

    少々サボってしまいました(爆)

     

    8月というのは、

    本来当社にとっては「稼ぎ時」

     

    ただ、

    ここ1、2年の傾向として、

    あまり盛り上がらないといった感じでしょうか・・・。

     

    今月10日までは売上前年対比でほぼトントン(一緒)。

    新規が増えているにも関わらず、

    「トントン」ではお話しになりません。。。

     

    そして、

    盆前に辛うじて昨対をクリアしているものの、

    油断ならない状況に変わりはありません。

     

    原因をきちんと把握し、

    年末に向けて対策を練らなければ・・・。

     

    ところで、

    手前味噌ですが当社のO部長、

    まぁ、販売では責める責める。

     

    さすが営業部門の統括責任者だけのことはあります。

     

    常に自分を追い込み、

    「こなす」という手抜きは一切せず、

    商品があれば積極的に集荷し、

    粛々と業務を遂行する。

     

    女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」の

    澤キャプテンの言葉ではありませんが、

    「苦しくなったら私の背中を見なさい」

     

    リーダーとして背中で指導する姿に、

    非常にたくましく感じる次第であります。

     

    また彼のすごいところは、

    やる気のない方々に対して、

    積極的に販売しないこと。

     

    立派です。

    時間の無駄ですからね。

     

    偶然かもしれませんが、

    彼が積極的に売り込んでいるお客様は、

    このご時世の中、生き残っています。

     

    先日あるお客様にご指摘されました。

    「三力は注文通りの商品しか売らないのか?」と。

     

    残念ながらこのお客様、

    残り物を安く叩こうとする方。

    そして、

    とてもネガティブ(後ろ向き)な方。

     

    O部長はこのようなお客様にはお声掛けしません。

    私もそれで良いと考えます。

    無理に販売する必要はありません。

     

    魚がかわいそうです。

     

    欲しい魚を仕入れたいのならば、

    どのお客様よりも早く来店すれば良いのです。

     

    それが差別化、

    つまり生き残りに繋がるのではないでしょうか・・・。

     

    私も下に続く社員にこう申しております。

    「出世したければ、お金が欲しければ、

    O部長のどん欲な姿勢を見習いなさい」と。

     

    「利他」「我発」

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.08.09 (火) 11:04 仕事

    おはようございます@ハラダです。

     

    昨夜は久しぶりにプライベートで、

    日頃より親しくさせていただいているご家族と居酒屋で食事し、

    楽しい一時を過ごすことができました。

     

    タイミングが合えば、

    旅行でも行きたいですねぇ~といった会話になり、

    実現できるように仕事に精進します(笑)

     

    では昨日の続きを・・・。

     

    「できない」

    つまり「NO」と言える。

     

    詳細は下記に・・・。

    ↓   ↓

    ただ無理だと言えばいいわけじゃありません。

    例えば来週までに1万個納品しろという取引先に、

    無理なのを承知で『なんとかします』というのは残念な人。

     

    出世する人は、

    最初に無理だと伝えた上で、

    分納を提案したり納期の理由を聞いたりして、

    急を要する本当の理由を知ろうとする。

    上司にどう説明できるかを一緒になって探るんです。

     

    なかなか売り上げが上がらないこのご時世、

    少し無理してでも仕事を取りたいですよね?

     

    取引先が困っている時こそ、

    実力が試されることもありますが、

    同時に客観的かつ冷静に対処しなければなりません。

    ↑   ↑

    といった内容。

     

    取引先もしたたかな方々、

    百戦錬磨の方々等、

    主導権を握ろうと、

    あの手この手で駆け引きや「飴と鞭(むち)」で

    担当者を丸め込もうとします。

     

    主導権を取っているつもりが、

    いつのまにか手のひらで転がされている、

    こんな人思い当たりませんか?

     

    くれぐれも

    ただただ、、、「利用」されないように・・・。

    Comment0 Comment0
1  2 »

ページトップへ