» 2011年7月

  • 2011.07.30 (土) 12:05 仕事

    おはようございます@はらだです。

     

    今日は月末。

    いやいやぁ~、

    今月は苦戦しましたね。

     

    振り返りますと、

    上旬からのダッシュが弱かったような・・・。

     

    何とか、

    売上だけは前年対比をかつかつでクリアしましたが、

    利益は・・・。

     

    このような世知がない時代となりますと、

    キーワードとなるのが「経費削減」。

     

    ホント嫌ですね、この言葉。

     

    重箱の隅を突くような感じでしょうか・・・。

    不景気になると、

    色々目に付いてしまいます。

     

    一万円の純利益を稼ぐことって、

    卸売業の当社にとってはホント、大変なのですよ。

     

    しかし、

    効率ばかり求めていてもニーズが伴わなければ

    まさに「本末転倒」ですね。

     

    また、

    「情」だけでも商売は回らない訳でして・・・。

     

    人間同士が関わっている訳ですから、

    普通ならば簡単に割り切れるものではありません。

     

    私も一応零細企業の「一経営者」。

     

    当たり前ですが最初に心掛けること、

    それは「会社を絶対に存続させる」こと。

     

    これしかありませんね。

     

    どの経営者も、

    最初から「倒産ありき」で営む人は誰もいません。

     

    存続のための対応策、

    これに伴うタイミングは十人十色。

     

    それぞれの背後にある、

    責任の重さ(重圧感)や経済的な状況により、

    対応はまちまちといった感じでしょうか・・・。

     

    「利他の心」

     

    この反対語は・・・「利己の心」

    当社も目線によってはそのように解釈されても仕方がありません。

    なぜならば、

    存続のためには手段を選んでいられませんから。

     

    このところ私の周りでは本業の使命感を完全に失う

    仕入業者さんや販売先の方々が非常に多いですね。

     

    「利他の心」で創業、

    当初は地域密着で営んできた方々が、

    結果的には己の企業努力を行なわず、

    地域に根付かない商売をしてきたため業績を悪化させ、

    いつの間にか本業の使命感を忘れてしまった方々・・・。

     

    何を勘違いしたのか、

    一体何がそうさせてしまったのでしょうか?

     

    つまり、

    本業を柱とした「信念」が全くないのです。

     

    「信念」のない会社に在籍されている方々、

    働いていて楽しいのでしょうか?

     

    「信念」や「使命感」を失った会社に、

    全く魅力を感じません。

     

    そして、

    何も望むものはありません。

     

    「コンプライアンス」

    「若手の社員が育たない」

     

    当たり前でしょ。

    やる気のない上司を見て、

    その会社に未来や魅力を感じるのでしょうか?

     

    コンプライアンスを順守する前に、

    会社として、

    使命感や信念がないのでしょうか?

     

    当社も人事ではありませんが、

    これからも存続のためには、

    心身共々「逃げず」に、

    正面から様々な試練に立ち向かい、

    乗り越えなければなりません。

     

    効率と「情」の狭間で日々葛藤の連続が予想されますが、

    これも経営者の宿命。


    終わりなき「弱い自分」との戦いですね(疲)

     

    うまく付き合っていくしかありませんね。

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.07.29 (金) 11:34 仕事日常

    おはようございます@はらだです。

     

    先日、

    某有名ビジネス書を拝読していましたら、

    短文で分かりやすい教訓が記載されておりました。

     

    現役大リーガー松井秀喜選手が、

    母校星稜高校野球部時代の恩師・山下智茂監督からの

    教えられた言葉とのこと。

     

    人間、

    節目ごとに岐路に立たされることが

    自身が望まなくても幾たびか訪れることがあります。

     

    いわゆる、

    人生の選択というやつでしょうか・・・。

     

    皆さんは一体どのような選択をされているのでしょうか。。。

     

    そして、

    ある目標に選択した後に意識は変化するのでしょうか。。。

     

    山下監督が原理原則を単純明快に説いた、

    その教訓とは・・・。

     

    意識が変わると行動が変わる。

    行動が変わると習慣が変わる。

    習慣が変わると人格が変わる。

    人格が変わると人生が変わる。 

    Comment0 Comment0
  • 2011.07.27 (水) 18:25 仕事

    おはようございます@ハラダです。

     

    昨日より明日まで東京に滞在しております。

    目的は、

    ・展示会に新人さんと視察

    ・生マグロの買い付け  などなど

     

    ご存知の方もいると思いますが、

    東京出張の多い私の移動手段は、

    経費削減のため高速バス。

     

    乗車時間が長いため、

    週刊誌やビジネス誌を持ち込むのですが、

    今回の週刊誌で印象に残った項目

    それは、

    「投手という生き物」というタイトル。

     

    読むと結構内容が濃かったのであります。

     

    本文中で特に印象に残った項目は

    「人に嫌われろ」という内容

     

    この本文を記載したのは、

    北海道日本ハムファイターズで現投手コーチの

    吉井理人さん。

     

    彼曰く、

    投手にとって一番大切なのは「闘争心」とのこと。

     

    大事な場面で活躍できない投手の共通点は、

    バッターと闘っていないとのこと。

     

    具体的にどういう意味か?

    それは、

    エエカッコしたいというか、

    自分の思ういい球を投げたいばっかりで、

    いつの間にか自分の枠の中でしか闘っていない。

    結果の出せない自己満足の固まり。

     

    つまり、

    予測できることしかしないということ。

    それでは大成できないとのこと。

     

    生き残る投手は、

    「このバッターをやっつけたるぞ」っていう

    強い気持ちを持っている奴だけが、

    やっぱり上で残っていくとのこと。

     

    そして結果が伴わなかった場合、

    結果が出せなかった愚かな自分を

    素直に認めることができるかどうか。

     

    そうでなければ、

    前進できないということ。

     

    この内容、

    実は会社や組織でも十分当てはまりますね。

     

    勝負の場面あるいは繁忙期に貢献できない社員、

    「弱い自分」

    「嫌われたくないという自分」という最大の敵に、

    正面から闘おうとしないということ。

    これを辞書では「卑怯者」と言うそうです。

     

    安易で簡単な選択のみしかせず、

    あくまでマイペース。

     

    お客様にノーと言えず、

    「弱い自分」「自信のない自分」を隠すため、

    利益なしの実質赤字続きでしか販売できず、

    いつの間にか自分自身を安売りしてしまう社員。

     

    自分の殻を破れず、

    予測できることしか行動できず、

    「嫌われたくない」一心でしか動けず、

    気がつけば無難で、

    同じ闘争心がなく向上心のない同僚と傷のなめ合いをし、

    無意識のうちに現実逃避をする、

    つまらない人間になってしまっている。

     

    生き残る社員、

    つまり会社で生き残る社員、

    苦手な分野を乗り越える社員、

    現実(特に都合の悪い内容)を直視できる社員、

    それは上司や同僚に媚を売る「茶坊主」ではなく、

    壁にぶち当たった時に、

    「絶対にこの壁を乗り切るぞ」という、

    石のような強い意思を持続できる社員しか

    生き残れないと言うこと。

     

    「好青年」

    「お人好し」

     

    「勝負師」という大役ががこれでは務まりません。

     

    ピッチャーも嫌われだしたら一人前とのこと。

     

    社員も、

    結果=利益追求のため、

    お客様あるいは仕入れ業者との一定の緊張感を持ちつつ、

    最終的には内面にある「弱い自分」と闘えるか。

     

    良い意味でお客様に煙たがられ、

    嫌われるようになってようやく「一人前」と

    なるのではないでしょうか。。。

     

    ホントに嫌われたら困りますが、

    嫌われないためには、

    魅力ある「商品力」に磨きをかければ良いだけです。

     

    現状に満足せず、

    常に仕入先開拓、

    そして新規開拓。

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.07.26 (火) 10:56 日常

    おはようございます@はらだです。

     

    明日より開催されるシーフードショーを見学するため、

    これよりいつもの「高速バス」にて東京へ行って参ります。

     

    ところで本日のお題「ストレス解消法」

     

    私のストレス解消法って一体何だろう?

    と、

    自問自答してみると、、、

    その時によって違うのかなぁ~。

     

    皆さんは、

    ストレス解消として何をしていますか?

     

    その時の家族構成(結婚or独身)や仕事の責任の重さ、

    そして個々の経済状態によって違い、

    まさに十人十色・・・。

     

    では私の現在のストレス解消とは・・・?

     

    私の妻が気を使っているのか分かりませんが、

    時々子供を連れて実家へ里帰りするので、

    長野でひとりで過ごす時には自宅で「ボォ~~」っとできますね。

     

    あとは、、、

    出張時の移動の際の車内で「ボォ~~」とすること。

     

    あとは、、、

    お金を掛けずに美味しいものを食べる時。

     

    男性たる者、

    本来ならば「武勇伝」?をご披露したいところでありますが、

    長野県内では無理ですよね、該当者の皆さん?(笑)

     

    該当者の方々が遊ぶとしたら、

    お盛んな方々?はおそらく県外ではないでしょうか・・・。

     

    私は「お盛ん」ではありません、、、が、

    あまり県内では活動しませんね。

     

    家族と小旅行する程度でしょうか(ホントですよ)

     

    でも、

    ストレス解消は大事です。

     

    ただ、

    なかなか無料でできるストレス解消は、

    私の範囲内では見当たりませんね。

     

    なので、

    コツコツ仕事をして「稼ぐしかない」のだと考えております。

    (パチンコや先物ではなく・・・)

     

    ない袖は振れませんからね(笑)

     

    では、行ってきま~す。

     

     

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.07.25 (月) 05:03 仕事

    おはようございます@はらだです。

     

    15年来の私の夢が叶いました。

    当社の「全面禁煙」

     

    私が入社した頃は、

    「禁煙」などという言葉を発する雰囲気ではありませんでした。

     

    当時は事務所でも平気で煙草をスパスパ吸われ、

    こちらも受動喫煙になってしまい、

    禁煙者にとってどれだけ嫌な思いをしたことか・・・。

     

    時が流れ、

    世の風潮がようやく「禁煙」という空気になり、

    当社も段階を踏んで禁煙箇所を徐々に広げました。

     

    そしてついに本日7月25日、

    当社の店舗並びに駐車場、

    すなわち敷地全面を禁煙にさせていただきました。

     

    理由として、

    1、健康に良くない。

    2、灰が散らばる。

    そして最も全面禁煙するようになった要因、

    3、「マナー」が悪い。

    具体的に申しますと、

    喫煙所を設けているにも関わらず、

    ・歩きタバコ

    ・くわえタバコ

    挙句の果てには灰ガラを地面に捨てたり、

    さらにはゴミ箱に捨てる族(やから)も・・・。

     

    火事になったら責任取れるのですか?

    灰は他のお客様の商品にも散らばるのですよ!

     

    という訳で一部の喫煙者に、

    マナーが守れず、

    節度を保てない方々が見られ、

    改善の余地が図られないと判断し、

    今回の全面禁煙(駐車場を含む)に踏み切りました。

     

    当社は飲食店さん程清潔ではありません。

     

    ただ私の信条として、

    店舗内はお寿司屋さんで言うところの

    「カウンター」という認識であります。

     

    板前さん(当社社員)がカウンター越しにお客様に

    くわえタバコをしながら接客するのでしょうか?

     

    そのような手で握るお寿司(魚)を

    仕入れたい方々はいるのでしょうか?

     

    タバコを吸う方々にはストレスを与えてしまうと予想しますが、

    吸わない禁煙者もマナーの悪い喫煙者を見て、

    非常に不愉快で強烈なストレスを抱えておりました。

     

    当社は「魚」を売る店舗であって、

    スナックではありません。

     

    今の時代、

    多くのお寿司屋さんも店内は禁煙が主流。

     

    同じ商品を扱うものとして、

    全面禁煙にすることを遅らせてしまったこと、

    誠に申し訳ありませんでした。

     

    ようやく普通になりました。

     

    当社に関わっていただいております喫煙者の皆さま、

    今回の全面禁煙に関しまして、

    一方的な告知で申し訳ございませんでした。

     

    冒頭の説明通り、

    一部の喫煙者の方々による最低限のマナーが守られないため、

    本日より全面禁煙とさせていただきました。

     

    タバコを吸いたい気持ちは分からなくもありません。

    日々のストレスやイライラ感は拭えませんからね。

     

    きちんとマナーを守り喫煙場所で吸う方々もいました。

     

    喫煙者全員がマナーを守り、

    周りに対する配慮ができれば全面禁煙に至らずに済みました。

     

    しかし、

    その最低限のマナーさえ守れず、

    禁煙者に対する配慮ができない方々は、

    たとえお客様でも社員でも論外です。

     

    今回の処置に関しまして、

    ご理解並びに協力の程宜しくお願いいたします。

    Comment0 Comment0
  • 2011.07.21 (木) 07:17 仕事魚

    おはようございます@はらだです。

     

    先日あるお客様とお話しいたしました。

     

    今後の取引の中で、

    お客様はかなり品質に意識されている方。

     

    いいんじゃないですか。

     

    大事ですね。

    「安心安全」

     

    私もお客様に失礼を承知で申しました。

    「『安心安全』の商品はお安く販売することはできません。

     高く販売するのではなく、適正価格で販売します」

     

    当然のことながら、

    誰だって安く仕入れるに越したことはありません。

     

    ただ残念ながら、

    「良いものを安く」という発想は

    今後の生鮮食材における商取引では

    非常に難しいのではないでしょうか。

     

    先程の私の発言で、

    もしこのお客様に受け入れられないようならば、

    残念ながら断腸の思いで、

    今後の取引をお断りする覚悟をしておりました。

     

    なぜならこのお客様単独の損益分岐点は、

    大きく割り込んでいたからです。

     

    このお客様、

    以前から耳にしておりましたが、

    無意識のうちに当社社員にやくざ紛(まが)いに恫喝することも

    しばしばあったようです。

     

    熱心な思い、

    そして絶対に信用をなくしてはならないお気持ち、

    理解できます。

     

    ただ、

    当社の社員も成人。

    大人の話し方というか、

    最低限のマナーがあるのではないでしょうか。

     

    社員には、

    「このお客様には品質重視で提案しなさい。

     当然品質に相当の適正価格を提示しなさい。

     自信のない商品は売るな!

     あまりにも理不尽なことを言われるならば、

     取引を停止しても構わない」と強く申しました。

     

    高すぎてもいけませんが、安すぎるのも問題です。

     

    縋(すが)り付いて、甘える必要もありません。

     

    当社のような零細企業でも、

    譲れない「一線」があります。

     

    「良いものを安く」

     

    「安心安全」が多く言われる昨今、

    「良いものを安く」は無理なのです。

     

    価格を安く叩いて、

    「商品がイマイチ・・・」と言われてましても、

    その価格がその商品の適正価格ですので仕方がありません。

     

    「料理」

    自信を持って提供されたいならば、

    毎日仕入にご来店されて、

    自分の目で確かめて、

    納得した上で仕入れ、

    仕事をすれば良いのです。

     

    できなければ、

    仕入業者を信用し、

    不測の事態が生じた場合は、

    共同責任を負えばよろしいのではないでしょうか?

     

    飲食店の方々、

    そう思いませんか?

     

    仕入を軽んじている方、

    こだわりのない方々が多すぎる今日この頃です。

     

    今後の課題、

    「整理」「精査」「改善」ですね。

    Comment0 Comment0
  • 2011.07.20 (水) 05:00 仕事日常

    おはようございます@はらだです。

     

    先週末、

    当社の社員の中澤君がこの度、

    多くの友人や知人やご親族、

    そしてご両親に見守られ、

    二人の前途が明るいかのような素晴らしい快晴の中、

    結婚披露宴が無事に執り行われました。

     

    ほのぼのとした良い披露宴でしたね。

    当社の社員もご招待いただきありがとうございました。

     

    だらだらした結婚披露宴が多い昨今、

    手作り感が伝わり、

    あっという間に中締め。

     

    そして私、

    お恥ずかしながら主賓としてご挨拶させていただきました。

     

    夫婦円満の秘訣?

    そんな大恐れたこと言える訳ありません(汗)

     

    失敗ばかりの私の人生、

    言えることはあまりなかったのですが、

    あえて言うならば、

    「利他の心」を意識してくださいと申しました。

     

    「利他」

    ご存知の方もいるかと思いますが、

    ある辞書によると、

    「自分のことは二の次にして、

    あるいは自分を犠牲にしてでも他人に利益を与えること。

    他人の幸福を願うこと」とのこと。

     

    では私ハラダはできているか?

    と申しますと・・・(爆)

     

    なかなかできるものでありませんが、

    意識すれば少しは良いかと思いまして・・・。

     

    妻にはこんなこと、

    恐ろしくて言えませんよぉ~~~(沈)

     

    追伸、中澤ご夫妻へ

    マグロ解体ショー、楽しんでいただけたでしょうか?

    末永くお幸せに・・・。

    Comment0 Comment0
  • 2011.07.19 (火) 03:40 日常

    おはようございます@はらだです。

     

    連休中は当社の社員さんの結婚式が執り行われ、

    なごやかなムードに久しぶりに心が和みました。

    詳細は後日のブログにて・・・。

     

    ところで、 

    昨日は日本中がこの話題で盛り上がったのではないでしょうか。

    FIFAワールドカップ女子サッカー日本代表、

    通称:「なでしこジャパン」の大活躍による優勝「世界一」

     

    世界一ですよ。

    すごいですね。

     

    点を取られては取り返し、死闘を繰り返す両陣営。

    おそらく歴史に残る名試合ではないでしょうか。

     

    3・11の東日本大震災による「自粛ムード」

    未曽有の大不況、

    節電による消費自粛、

    政権の不安定等々、

    昨今の日本では久しぶりに明るい話題。

     

    この試合を見た方々、

    私も含めて多くのことを学んだのではないでしょうか・・・。

    多くの日本人が「勇気」と「感動」をいただきました。

     

    主役の選手の皆さんは満身創痍、

    疲労困憊と予想される中、

    最後まで絶対に「あきらめない」という姿勢を

    彼女たちから学ぶことができました。

     

    また栄光の裏では、

    当然のことながら多くの挫折、

    そして数多くの犠牲と、

    失うものもあったことでしょう。

     

    勝利の一因、

    色々あるでしょうが、

    最後は「勝ちたい」「絶対勝つぞ」という

    石のような固い想いがどれだけ強いかどうか、

    これに尽きるのではないでしょうか。

     

    「澤穂希」選手、

    この人は持っていますね。

     

    私自身、

    日々仕事に追われ精神的にも折れそうな事ばかり・・・。

     

    なでしこジャパンの方々の足元には及びませんが、

    最後まで絶対に諦めない姿勢は学ばなければならないと、

    改めて気づかせていただいた試合でありました。

     

    ありがとうございました(感謝)

     

     

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.07.15 (金) 08:58 仕事魚

    おはようございます@ハラダです。

     

    昨日のブログでも書きましたが只今東京です。

     

    もちろん生マグロを買うために。

     

    結論、

    今日も空振り(泣・涙・爆)

     

    誰に命令されたわけではありませんし、

    私が国内外の情報を収集し、

    自らの決断で決めたこと。

     

    でも正直言うととても悔しいです。

    こればかりは生ものですので仕方のないこと。

     

    リスクは覚悟の上です。

     

    またのチャンスを伺うことにします。

     

    そうは申しましても手ぶらでは寂しいので、

    上口のお客様向けに、

    アイルランド産冷凍本マグロを仕入れました。

     

    毎年のことですが、

    この時期は特にメバチマグロの品質が

    著しく低下しますので、

    その代替ですね。

     

    興味のある方はお問い合わせくださいませ。

     

    ところで偶然ですが、

    当社の会長夫妻、

    いわゆる私の両親が昨日より東京に来ております。

     

    という訳で、

    ランチでもお誘いしようかと・・・。

     

    「親」と言えども、

    一応主要株主ですので(笑)

     

    親子3人で食事するのも久しぶりだなぁ~。

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.07.14 (木) 10:09 仕事魚

    おはようございます@ハラダです。

     

    只今築地近くのビジネスホテルでブログ書いてます。

     

    先ほどニュースで知ったのですが、

    築地の場外で家事が発生したとのこと。

     

    しかも、

    宿泊しているホテルと至近距離。

     

    びっくりしましたが熟睡中であったため、

    消防車や救急車の音に全く気づきませんでした(汗)

     

    本日築地にいるのは、

    ズバリ「生本マグロ」の買い付け。

     

    昨日早朝に、

    鳥取県境港で天然本マグロが35トン

    水揚げされたとの情報を入手したため、

    急遽築地出張を決めました。

     

    私の狙いとして鳥取産の本マグロと

    それ以外のマグロが欲しかったのですが・・・。

     

    本日早朝、

    生マグロのセリ場へ行ったところ、

    想像したよりもマグロの本数が少なく、

    総体的に鮮度や品質がよろしくなく・・・。

     

    私が下付け(選別)した鳥取産の本マグロは

    260キロと318キロの2本。

     

    1本は鮮度は良いけど脂の乗り具合はいまいち。

    もう1本は脂はあるけど赤身の部分はいわゆる「焼け」

     

    ボストン産の本マグロも、

    私が予想した価格の倍近くで、

    しかも品質が最悪。。。

     

    という訳で、

    当社のK係長と打ち合わせした結果、

    本日の買付けは見送ることにしました。

     

    滞在経費も掛かり辛いところでありますが、

    品質重視をコンセプトとしている

    当社にとりましては仕方のないこと。

     

    もしかしたら、

    明日も空振りになるかもしれませんが、

    これもまた仕方のないこと。

     

    特に一網打尽に取り上げる漁法(巻き網)のマグロ、

    やはり見て買わないと、

    えらい目にあいますので仕方のないことですね。

     

    時には、

    当てにしていたお客様に外される事もありますが、

    これも仕方のないこと。

     

    外されたら他のお客様にお願いすれば良い事。

     

    甘えたくありませんので。

     

    その分協力していただいた方々には、

    何かあればもちろん優先的にご協力しますけど。

     

    とは申しましても、

    築地で何も買わない訳には参りませんので、

    活魚と小物を少々買いました。

     

    興味のある方は、

    どうぞお問い合わせくださいませ。

    Comment0 Comment0
1  2 »

ページトップへ