» 2011年1月

  • 2011.01.31 (月) 18:40 仕事

    只今東京の@原田です。

     

    本日31日、

    午前中は築地市場へ取引先への挨拶回りと情報収集に行って参りました。

    結論としては「暇」の極致のようです。。。

    特に月末ですし、

    さらに輪を掛けて「時化(しけ)」でございますので、

    勝負のしようがありません。

     

    午後は、

    修理していた義母の時計をピックアップし、

    久しぶりに新宿の伊勢丹に行って参りました。

    月曜日という平日にもかかわらず、

    まぁ人が多いこと・・・(驚)

     

    報道では景気は上向いたとか言われていますが、

    確かにこのデパートを見る限り、

    「景気いいなぁ~」と、

    おもわず勘違いしてしまいますね。。。

     

    ただ、

    地下の食品売り場を徘徊していると、

    盛っているお店と、

    そうでないお店と何となくですが分かります。

     

    違いは何でしょうか???

     

    盛っているお店、

    決して安くありませんよ。

     

    う~~~~ん、

    よく分かりません。

     

    盛る理由が分かれば苦労しない訳で・・・。

     

    なんとなくですが、

    盛っているお店を覗いてみると、

    何にしようか悩んじゃうのです。

     

    でもこれって、、、、、大事ですよね?

     

    もしかしたら、

    死筋の商品もあるかもしれません。

     

    でも、

    「ここへ行けば何か美味しそうな食材があるかもしれない」と思うから、

    行くんですよね?

     

    飲食店の方、

    開業当時と比べ、

    現時点でメニュー構成、

    要するに、

    お客様が「迷う」ほどのメニュー構成でしょうか?

     

    俗に言う「売れ筋」のみに絞り込んで販売していませんか?

     

    当社「三力」にも非常に耳の痛い話でして・・・。

     

    要は、

    「原点に戻れ」と時代が望んでいるのでしょうか???

     

    他力本願、

    ダメなのでしょう。

     

    自力、

    「我発」ということでしょうか・・・。

     

    これってどこかの団体で聞いたフレーズだなぁ~。。。

    Comment0 Comment0
  • 2011.01.29 (土) 06:29 仕事

    おはようございます@ハラダです。

     

    今日で実質今月の営業は終了でしょう、多分・・・。

     

    去年が悪すぎたせいか、

    何日か前に前年の売り上げをクリアしました。

     

    社員やお客様には大変失礼な話でありますが、

    全然嬉しくありません。

     

    なぜなら去年は悪すぎたからです。

     

    また、、、、

    色々と問題が山積みとなっている訳でして・・・(汗)

     

    諸経費の削減

     主に携帯電話と配送代でしょうか・・・。

     カンパチ一本で@500円掛けてお届けするといったお恥ずかしい内容など、

     色々見直さないと。

     それに保険代もバカになりません。

     当社には定期的に車をぶつけてくる者もいますので。。。

     要は、

     個々の社員さんが「コスト意識」があるかどうか。

     これは社内教育でしょうか?

     それとも個々の資質(人間性)でしょうか???

     どなたか教えてください!

     

    自社ホームページ

     これはすぐには効果は上がりません。

     費用対効果となると・・・・・。

     ただ率先して発信しなければ「三力」を認知していただけないので。

     定期的に見直し必要。

     

    仕入先の新規開拓

     三力の商品構成が少々マンネリ化しております。

     そろそろ産地を物色したいと考えております。

     

    販売先の新規開拓

     閑散期にはこれが一番の仕事。

     物色しております。

     

    財務内容強化

     取引銀行さんは「借りてくれ借りてくれ」と連呼されますが、

     当たり前ですが返さなければなりません。

     とはいっても私の懐事情も厳しい訳で・・・。

     このジレンマは経営者ならば誰でも経験済みですよね?

     

    ・ズバリ、、、「人」

     「少数精鋭」

     聞こえは良いですが、なかなか良い方には巡り合えません。

     また、私の器量の無さから、

     人を育てる環境作りがイマイチで、

     その日その日の仕事をこなすのが精一杯となっているのが現状です。

     来週、来年度の最重要課題の一つとして

     外部の方にコンサルタントしていただく予定です。

     

    まだまだ細かいことはたくさんありますが、

    追々と書きますね。。。

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.01.28 (金) 07:12 仕事

    おはようございます@ハラダです。

     

    1月もあっという間に終わりに近づいていますね。

    来週はもう2月。

     

    来週は当社のお客様から試食会に呼ばれております。

    私の舌?で良いのでしょうか・・・?

     

    せっかくですので試食させていただきたいと思います。

     

    ところで、

    来週31日は言わずと知れた「月末」

     

    商売上では、

    売掛金の決済が特に頻繁な日が「月末」ではないでしょうか・・・。

     

    当社もご多分に漏れず、

    買掛金の支払い「ラッシュ」でございます。

    と同時に、

    売掛金の振り込みや集金業務がピークを迎えます。

     

    失礼を承知で申し上げますが

    お客様の中で当社を「銀行」「サラ金」と勘違いしていらっしゃる方々がいます。

     

    「売った買った」

    つまり、

    売らせていただいた商品をその報酬として「お金」でいただく。

    この集金が終了して初めて「売買成立」となります。

     

    人間性なのでしょうか。

    それとも、

    銀行などの金融機関に信用がないのでしょうか・・・。

     

    年に数件ですが、

    「支払いを少々待ってもらえないか?」という方々がいます。

     

    お気持ちも痛いほどよく理解できます。

    日頃支払状況の良い方は時々融通します。

     

    ところが、

    これを常習的に繰り返す方もいます。

    すなわち、

    売掛金の「延滞」となります。

     

    当社では、

    お客様ごとの利益額、

    並びに「支払い状況」をリアルタイムで知ることができます。

     

    時々取引のない方からの問い合わせがあります。

     

    その方々のパターンは2つですね。

    1つは、

    前向きで勉強熱心で現状の仕入業者に満足していない方。

    2つめは、

    既存の取引業者に売掛金の延滞が発生しており、

    再三の取り立てが発生すると苦し紛れで別の仕入業者を探す方。

    このような方は

    「自分は売掛金の延滞は他の仕入業者にバレテいない」と思っているようですが、

    ちゃんとバレテいるのですよ。

     

    業者間同士、

    特に異業種間(例えば酒屋と魚屋)は支払いの悪い飲食店はちゃんと把握していますよ。

    当社が口外しなくても、

    支払いの悪い飲食店は共通認識済みなのです。

    というよりご丁寧に教えてくれます(笑)

     

    子供でも分かります。

    お金を支払わないと商品が買えないことを。

     

    大人になると「悪知恵」が働くのでしょうか・・・。

    それとも、

    仕入業者を「銀行」「サラ金」と勘違いしているのでしょうか?

     

    これを読んでいただいている飲食店の方々、

    ちゃんと約束通りの支払いを遂行されていますか?

     

    仕入業者が延滞者に催促するのは当たり前です。

     

    特に延滞傾向にある方々、

    催促を嫌がって今の時期に仕入業者を物色しても無駄ですよ。

     

    なぜなら、

    飲食に携わる食品卸のほとんどが、

    支払いの悪い飲食店をしっかりと把握しているからです。

     

    買ったものは約束通り支払うのは当たり前。

    仕入原価を下げたいのであれば、

    支払った後に価格交渉をしてくださいね。

     

    くれぐれも開き直らないように!

     

    さぁ、月末だぞ。

    当社も仕入業者に12月分の支払いが待ち構えております。

    何千万円となるでしょうか。

     

    誠意のない方、

    開き直る方、

    あるいは

    常習性のあるお客様は容赦しませんよ。

     

    はっきり言います、売りません、「売り止め」します。

     

    いざ、覚悟。。。

    Comment0 Comment0
  • 2011.01.27 (木) 06:34 仕事

    おはようございます@ハラダです。

     

    ブログを2日程サボってしまいました。

    大変失礼しました。

     

    早速ですが、

    先日ブログでも取り上げました「お悩み相談」

     

    今回も同じ経済雑誌で投稿されていた質問をご紹介します。

    印象に残ったんですよねぇ~。

     

    質 問:(45歳・男・広告代理店)

    「不況のせいで売り上げが上がりません。私のせいですか?」

     

    この回答はユニクロの柳井社長が下記のように答えました。

    (私ハラダも同感です)

          ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

    ・「不況で売り上げが上がらない」といっている時点で仕事から逃げている

    ・「不況」は相談者のせいではないが、売り上げが上がらないのは相談者のせい

    ・ここで問題なのは、売り上げを上げる工夫を相談者自身がしているかどうか

    ・今の不況は大したことではない。

    ・今後も成熟しきったこの「日本」という不況市場は当面続く

    ・「不況だ、不況だ」と叫んでいても誰も助けてくれない

    相談者(45歳)もしくはマネージャー(管理職)ならば、

     「自分が自分の会社をどうにかしてやる」と言う位の姿勢が必要で、

     相談者がもし管理職ならば、全くもって責任感の欠落(部下がかわいそう)

    ・管理職(マネージャー)ならば、、、

     ①自分で問題点を発見する

     ②自分でチャンスを見つけ出す、もしくは奪い取る

    ・上記の2項目の意識が欠落し、言われたことだけをやる人は、、、

     管理職(マネージャー)の資格なし!

    脳みそが汗をかくほどの「努力」をする前、

     あるいは間違った努力をして結果が伴わない時に

     安易に自分自身に「能力がない」と決めつけるのは誤りだ

         ↓    ↓    ↓

     上記の文章は私ハラダの感想です。

     

    結論(柳井社長)

    商売というのは結局のところ売り上げが上がらない原因は、

    お客様が喜ぶ商売をしていないから。。。ということに尽きる!

     

    とのことです。

    私自身、骨身に染みる内容です。

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.01.24 (月) 04:35 日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    今夜、

    あるお客様の新年会に御呼ばれされまして、

    スキー場ですし、

    「お酒」をいただくし、

    明日は会社へ行けない、

    明後日は休市ということで、

    家族を連れて行くことにしました。

     

    つまり、

    家族で「初スキー」となる訳です。

     

    長男はまだ2歳9か月なので、

    スキーはできませんが、

    「雪」と戯(たわむ)れるのが初めてなので、

    どのような反応をするのか今から楽しみでもあります。

     

    と同時に、

    「不安要素」もある訳でして・・・。

     

    というのも、

    長女(5か月)が誕生して以来、

    俗に言う「赤ちゃんがえり」になってしまいまして・・・(困)

     

    このごろは特に拍車が掛かっており、

    とにかく「だっこだっこ」の連続でして。

     

    最初は

    長男も「おんなじ」と主張し、

    だっこも一緒にしていたのですが(これも実はキツイ!)、

    この頃は、

    「おんなじイヤダァ!」

    「ひとりじゃなきゃイヤダァ!」

    長女に向かって、

    「〇〇ちゃん、あっち行けぇ~」

    「〇〇ちゃん、キラ~イ」と言う始末。。。

     

    妻の実家ではあまりそういうことは言わなかったそうで、

    長男なりに相当我慢していたのでしょう。

     

    チヤホヤされ独壇場だったのが、

    長女に「ママ取られたぁ」という感じなのでしょう。

     

    とにかく、

    歩くことのできない長女と最低限同じように接しなければならず、

    「歩けな~~い」とだっこを強要するので肘が痛いのなんのって。。。。。

     

    体重13キロの長男だけでもしんどいのに、

    これに加えて

    長女も6キロ強ありますので、

    両手が悲鳴を上げておりま~~~す。

     

    ご存知かもしれませんが、

    私ハラダ、

    実は「一人っ子」

    つまり兄弟がいませんので、

    どのように2人の子供と接して良いのか分からないのです。

     

    ただ、

    完ぺきではありませんが

    出来る限り「平等」に接したいなぁ~と考えております。

     

    それと、

    長男には「お兄ちゃんなんだから」と言わないようにもしております。

     

    子供と

    当社の社員さんの接し方、

    難しいというか、

    永遠の課題なのでしょうか・・・。

    Comment0 Comment0
  • 2011.01.22 (土) 06:20 仕事

    おはようございます@はらだです。

     

    昨日、

    社内でミーティングが行なわれました。

     

    内容は先月、

    つまり12月期の反省というか、「総括」ってやつでしょうか・・・。

     

    冒頭で、

    私の視点で気づいたことを話し、

    その後は当社のO部長に実績と今後の課題について

    会議を進めていただきました。

     

    今までは私がほぼ仕切っていたのですが、

    12月期はほとんど長野にいなかったので、

    そして、

    やはり営業統括責任者であるO部長に徐々に移管しなければと考え、

    実績や今後の課題に関連したことは、

    私「一切」口を出しませんでした・・・。

     

    私が出席することで社員の皆さんも言いづらいこともあったと思いますが、

    O部長がミーティングを進め、

    ちょっと背伸びすれば2週間以内で達成可能なことを

    当面の課題として具体的に各自で決める。

     

    課題山積ではありますが、

    前進しつつあるのではないでしょうか。

     

    O部長並びに社員の皆さん、ご苦労様でした。

     

    このごろ時間の経過が早くて早くて・・・。

     

    あっという間に3月の連休となり、

    あっという間にゴールデンウィークに突入し、

    あっという間に7月の連休となり、

    あっという間に夏休みとなり、

    あっという間にお盆となり、

    あっという間に秋の「シルバーウィーク」となり、

    あっという間に年末になる。

     

    といった感じで繰り返すのでしょうか・・・。

     

    当社に必要な社員の基準の一つとして、

    「思考力」が養わられていることが求められます。

     

    いかにポイント(繁忙期→勝負時)で買っていただけるか。

    日頃の積み重ねが各時期のポイントで「評価」として現れるのではないでしょうか。

     

    ポイント時=通信簿ですね。

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.01.21 (金) 06:38 仕事

    おはようございます@はらだです。

     

    しかし毎日ホントに冷え込みますね、気温も懐(ふところ)も・・・。(爆)

     

    先日、

    あるビジネス雑誌を読んでいたら面白いテーマが目につきまして・・・

     

    というのは、

    32歳男性(金融関係)の仕事上での悩みについて。。。

      ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

    「失敗すると評価が下がるので、チャレンジしたくないのですが?」

    という質問。

     

    思わず目が点になってしまいました・・・。

     

    どのような会社に勤め、

    どのような企業風土なのでしょうか?

    また、

    この方はどのような性格の方なのでしょうか?

     

    こんなこと言っていたら、

    私ハラダはとっくに「クビ」ですよ。

     

    一体どれだけ失敗し、

    様々な方々にご迷惑を掛けてきたことか、、、

    思い出すだけでも「ゾォ~~」っとする訳で・・・。

     

    ちなみに、

    40歳を過ぎても失敗は絶えず起きている訳で・・・。

     

    「失敗」

    これも質の問題ではないでしょうか?

     

    以前、

    当社の会長に言われたことが脳裏に残っております。

    「前向きな『失敗』なら全然構わない」と。

     

    私も全くの同感であります。

     

    何かを始めようとするとき、

    未知の世界に足を踏み入れようとする時、

    当社で例えるならば、

    商品構成の品質向上を図る場合、

    相当の時間、

    そして何より莫大な「費用」が発生いたします。

     

    品質向上は「品物」に限ったことではなく、

    最大に費用を掛けているのはやはり『人財』ではないでしょうか。

     

    辞められてしまうことばかり考え、

    指摘しなければならないこと、

    つまり、

    人間関係を考えると言いたくないが、

    色々な方々にご迷惑が掛かることが予想されれば、

    該当する社員に物申さなければなりません。

     

    そして、

    指摘し続けても本人が改善する気がない、

    もしくは「心の余裕」「器量」がなければ、

    本人が活かされるように配置転換などの処置を繰り返します。

     

    そして、

    それでも改善せず、

    利益を圧迫するようならば、

    断腸の想いで別々の道を歩む、

    要するに退職していただくということになり、

    会社側としては、

    本人に投資した給与をはじめとする、

    「福利厚生」「社会保険」「厚生年金」等々、

    「無駄」となってしまう訳で、

    ある意味「バクチ」のようなものなのです。

     

    今ではそのような「とんちんかん」な社員は在籍していませんが・・・。

     

    私、

    かなりの授業料を支払いましたよ(笑)

     

    ただ、

    これらの失敗は無駄ではなく、

    今のような少数精鋭部隊が誕生したのも、

    上記に記載したように、

    私なりに『人財育成』に力を注ぎこんだというより、

    私自身の経験から、

    「権限移譲」が零細企業にとっては

    人財育成する上で最も早い方法ではないかと考えております。

     

    ただ~~~~~~し、

    この「権限移譲」

    誰にでもむやみやたらに任せる訳でもなく、

    そして、、、

    お金もかかることもさることながら、

    相当の覚悟と忍耐が必要となります。

     

    私、

    結構忍耐強くなった???つもりですが、

    いかがでしょうか???(笑)

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.01.20 (木) 06:52 仕事

    おはようございます@ハラダです。

     

    「出不精な私」

    実は私ハラダのことでございます。

     

    特に同業他社が集まる場所には行きません。

     

    なぜか?

     

    特に理由はないのですが、

    あえて言うならば、

    「暗い」「湿っぽい」雰囲気というか『空気』が漂っているのです。

     

    以前ブログでも書きましたが、

    「朱に交わらば赤くなる」

     

    どんなに志を高く抱いていても、

    余程の意志の強さがなければ良くも悪くも「環境」に染まってしまうとの例え。

     

    私ハラダ、

    所詮人間ですので「環境」に染まってしまう訳で・・・。

     

    特に「マイナス的」な環境だと・・・。

     

    また、

    情も出てきてしまい、

    冷静な判断ができなくなります。

     

    同業他社で、

    知り合いでない、

    もしくは親しくなければ、

    冷静に同業である「〇〇会社」のお客様に営業をすればよい訳です。

     

    余計な雑念は必要ありません。

     

    仲が良くなったり、

    例えば「仕入先が一緒」「ゴルフに行く」「無尽」などと親しくなると、、、

    「しょっちゅう会うのに『バツが悪い』」などと、

    くだらないことを想像してしまうのです。

     

    そうなると、

    冷静に先々の事を淡々と進めることができなくなるのです。

     

    それに、

    同業者から情報交換しなくても、

    あるいは世間話をしなくても業界の動向は何となく分かります。

     

    なぜなら、

    聞いても答えは「良くない」って言うに決まってるから・・・。

     

    仮に「良い」と言ったとしても、

    誰が同業他社に「良い秘訣」など教えてくれますか?

     

    そんなお人好し、いませんよ。

     

    私ハラダ、

    「これではダメだ!」

    「これで良いのか?」と

    常に感じていれば良いのではないかと日々過ごしています。

     

    自分自身が向上できる場所ならば、貯金を崩してでも国内外行きますよ!

    Comment0 Comment0
  • 2011.01.19 (水) 05:00 仕事

    おはようございます@はらだです。

     

    毎日毎日冷えますねぇ~。

     

    -8度とか、

    -10度とか、、、

    そりゃ~、こんな日は家で「冬眠状態」にもなりますよねぇ~?

     

    それでは、

    「外食産業」主体に販売している当社としては困る訳でして・・・。

     

    こういう時は、

    春先からの「新規開拓」に限りますね!

     

    ところで「四つの落とし穴」

     

    私の記憶が確かならば、

    去年だと思いますが、

    ユニチャームの高原会長が日経の「私の履歴書」でも触れていた

    この「四つの落とし穴」が強く印象に残りました。

     

    ・うぬぼれ

    ・おごり

    ・甘え

    ・マンネリ

     

    しかも、

    ユニチャームではこの四つの単語が会社の社訓であるということ。

     

    身につまされる思いであります。

     

    もちろん私にも該当しますが、

    ちょっと売り上げが良いと、すぐに気が抜けてしまいがち。

     

    継続しなければ意味がない。

     

    今期、

    つまり2010年度は特に痛感させられます。

     

    私ハラダも自問自答してみることに・・・。

       ↓

    うぬぼれ

    ちょっと売上が上向いているからといって調子に乗っていないか?

     

    おごり

    「これで良いのだ」と自分の行動を客観的に疑わず、向上心を忘れていないか?

     

    甘え

    「誰かがやってくれる」と、他力本願になっていないか?

    自分の都合あるいは段取りばかりを優先しがちで、

    お客様に対する基本姿勢を保てているか?

     

    マンネリ 

    例えば、

    「しょうがない」「これで良いのだ」と自己満足していないか?

    販売先を開拓(特に既存客)しない

    →決まりきったお客様にしか決まりきった商品しか販売しない、

    つまり新たな商品提案をしない、

    また、

    商品の動向や仕入れ価格を客観的かつ定期的に見直さない(言われっぱなし)など、

    ワンパターンに陥っていないか?

    コストを意識せずに、ただお客様の言いなりになっていないか?

    コスト削減を意識していないか?

    (販売するにも費用が掛かる→配送費、事務処理費、通信交通費など)

     

    この四つの言葉に隠れているメッセージとは?

     

    つまり、

    現時点での、

    「常識」を常に疑い、

    時代の「変化」というか「動向」を察知し、

    己の考え方や行動を常に客観的に見つめろということなのでしょうね・・・。

     

    Comment0 Comment0
  • 2011.01.18 (火) 08:19 仕事魚

    おはようございます@はらだです。

     

    早速当社ホームページを通じて、一般の方々よりご注文いただきました。

    ありがたいことですね。

     

    ご存じの通り、

    当社は業務用の食材、

    つまりお寿司屋さん、料理屋さん、ホテル向けの

    いわゆる品質重視の商品構成ですので、

    エンドユーザー(一般消費者)の方々も信頼いただけるのでしょう。

     

    「価格競争」

    自らの首を絞めることになります。

    あくまで、品質重視でございます。

     

    スーパーさんなどの量販店は日用品が主体ですので、

    冷凍品や鮮魚(大衆魚→アジ・サバ・イワシなど)の一部を除き、

    当社とはバッティングしませんね。

    なぜなら、

    商品構成が異なりますので・・・。

    量販店→大衆魚

    三力→→特種物(業務用)

     

    例えば、

    販売先の顧客に直接売ることは当然しませんよね?

     

    なので、

    当社は量販店や小売店さんには販売しておりませんので、

    気兼ねなく「小売」できる訳です。

     

    鮮度も自信あり!

    当社ホームページの

    「本日の入荷」情報並びに次営業日の入荷案内を参考にご覧いただければ、

    日頃お寿司屋さんや料理屋さんでしか食すことのできない

    生の鮮魚品が購入可能となります。

    (天候や時化により情報が随時変更いたしますので予めご了承ください)

     

    もし、

    お分かりにならないことがございましたら、

    どうぞご遠慮なく問い合わせてくださいませ。

     

    今後とも三力 信和水産をご贔屓の程宜しくお願いします。

     

    Comment0 Comment0
1  2  3 »

ページトップへ