» 2010年12月

  • 2010.12.31 (金) 11:05 仕事日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    只今会社に来ておりますが、

    予想通り幹部の一部が会社に来ており、

    伝票チェック等の作業を行なっておりました。

     

    もちろん私が「来い!」って言いませんよ。

    ここが、

    三力の原動力なのです・・・。

    (手前味噌ですが)

     

    私もこれから何件か量販店などを巡りながら、

    妻の実家で行き、

    その後私の両親と合流いたします。

     

    三力のお客様、

    一年間大変お世話になりました。

    本当にありがとうございました。

     

    皆様にとりまして、

    来年2011年が飛躍の年となりますよう、

    切に祈っております。

     

    それでは、

    良いお年をお迎えください・・・。

     

    感謝。

     

    平成22年12月31日

    三力 信和水産(株)

    代表取締役社長 原田 達矢

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.12.30 (木) 19:30 仕事

    こんばんは@ハラダです。

     

    やっとのことで、

    三力も本年12月の営業を終了いたしました。

     

    利益は在庫次第ですので何とも言えませんが、

    何とか売上だけは前年の実績を達成いたしました。

     

    私、経理担当の社員「〇ざわ」君に、、、

    私 :「今月の累計額は?」

    ざわ:「〇万円です」

    私 :「うっそう、マジで?????」

    ざわ:「はい」

    私 :「何かイレギュラーでもあった?」

    ざわ:「いいえ、特にありません」

     

    当社の社員、

    「マジ」ですごいです。

     

    正直申しますと、

    お恥ずかしながら目標達成は諦めておりました・・・。

     

    今月はスタートダッシュは良かったものの、

    クリスマス近辺で失速してしまい、

    達成は厳しいと予想しておりましたので、

    なおの事嬉しい気持ちでいっぱいです。

     

    あまり好きな言葉ではありませんが、

    今風に表現するならば、

    「マジやべぇよ」って感じでしょうか?

     

    「デフレ傾向」と言われ、

    リーマンショックより実質景気が悪いと言われる昨今、

    前年売上対比クリアーって、

    すごくありませんか?

     

    しかも私、

    何も指示もせず、

    何も販売していないのですよ。

     

    これって、

    すごくないでしょうか?

     

    しかも、一番の繁忙月ですよ・・・。

     

    すごい、うちの社員さんは。

     

    ただし、、、

    問題は「中身」、すなわち「利益」。

     

    しか~~~~し、

    今夜ぐらいは売上達成の余韻に浸ろうっと・・・。

     

    明日大晦日は、

    私の両親も交えた原田家のお年取でございます。

     

    さぁ~て今夜は、

    売上達成を祝って「プチ祝酒」だぞぉ~。

     

    あっ、いけない、、、

    まだ数名の社員さんが配達から帰ってきていない。。。

     

    浮かれている場合ではない。

     

    年明けからの

    1~3月期も「三力祭り」開催しましょうか? 

    ねぇ、

    社員の皆さん?

     

    どこからか「悲鳴」が。。。

    いや、空耳だった・・・。(笑)

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.12.29 (水) 07:48 仕事

    おはようございます@ハラダです。

     

    先程築地からマンションに戻り、間もなくこの地を後にします。

    あっという間の1カ月間でした。

     

    先日、

    ある番組で確か小学生だったと思いますが、

    何か偉業を成し遂げようと思う時、

    このように考えるようにするそうです。

     

    好きなことだけするのではなく、

    目の前で、

    今自分がやらなければならないことを

    好きになるように努力するのだと・・・。

     

    おいおい、

    小学生の言う言葉かよぉ~~。(驚)

     

    仕事において、

    目の前でやらなければならないこと、

    それって、

    結構自分自身が苦手分野だったりしませんか?

     

    つまり、

    好きなこと、

    あるいは得意なこと

    あるいは「楽」なことを先行してしまい、

    苦手の部分を後回しにするならまだしも、

    結局やらなくなる。

     

    それこそが、

    会社にとって最優先事項にもかかわらず、

    いわゆる「逃げる」「現実逃避」してしまう。。。

     

    三力に当てはめるならば、

    相性の良いお客様、

    乱暴な言い方をすれば、

    こちらサイドで売り込むことができる、

    つまり「主導権」を自分が取れるお客様しか取り組まない。

     

    そんなことでは、

    自分自身の「幅」あるいは「引き出し」が増えるでしょうか?

     

    せちがない時代です。

    お客様も高いアンテナを張り、

    少しでも仕入れ価格を抑えようと日々努力をされています。

     

    確かに、

    そのようなお客様は扱いづらいし、面倒くさいものです。

     

    しかし、三力も必死ですが相手も必死なのです。

     

    また、

    そのような厳しいお客様と取り組まなければ、

    「三力」そのものの実力というか、

    底力が付きません。

     

    当社のような零細企業が、

    ましてや、

    繁忙期の1カ月を社長が仕事とは言えども、

    現場を抜けるというのは金銭的にも人材的にも

    大変なリスクを背負うことになります。

     

    利益も

    社員次第になり、

    私にはどうすることも操作することも不可能となるからです。

     

    私もできることならば、

    長野でどっしりと構えていたいのです。

    月の半分近くは東京。

    移動はコスト削減のため移動の半分以上は「高速バス」

    正直体がしんどい。

     

    そして、

    家族と過ごす時間もろくに取れずにいる。

     

    ただ、

    これは考え方一つであって、

    移動時間も「妄想」に耽(ふけ)る、

    築地へ行けば情報収集や人脈が広がると思えば、

    有難いことなのだと、

    ある意味楽しんでおります。

     

    この12月、

    私が築地へ行き、

    情報などを収集しつつも、

    買い付け業務を行わなければ、

    多分12月は悲惨な結果となったでしょう。

     

    なぜなら、

    地元には魚がないからです。

     

    たとえ同じ商品があったとしても、

    県外の同業他社には残念ながら「価格的」にも「品質的」にも勝てません。

    喧嘩にもなりません。

     

    良い顔をするのは簡単。

    「暇だねぇ~」と口裏を合わせ、

    傷の舐め合いをしていれば良いし、

    その方が楽ですからね。

     

    しかしそれでは、

    当社のお客様が同業他店との差別化が図れなくなるという犠牲を払い、

    そして、、、最終的には、

    末端のお客様に満足していただけないという「犠牲」を払うこととなります。

     

    私が「今」やらなければならないこと、

    私にしかできないこと、

    先々を考えると「今」しかできないこと、

    「今」の、

    このタイミングを逃したらもうチャンスはないと。。。

     

    「産地直送」「築地直送」

    これではいずれ限界がきます。

     

    さぁ~て、、、どうしましょうか???

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.12.28 (火) 14:14 日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    今日はさすがに

    築地やその周辺もようやく忙(せわ)しくなってきたような気がします。

     

    この年末年始、

    一部の量販店では「元旦」

    つまり1月1日を休日にする傾向が多いとのこと。

     

    理由は、

    1、最初こそお客様が来店したものの、どの量販店も営業するようになり、

      差別化できなくなった。

    2、従業員の士気の向上(やはり元日ぐらいは休みたいようで・・・)

    3、元日営業の費用対効果がなくなりつつある。

      (特に給与面で厳しいようで・・・)

    4、メリハリした方が売上向上につながる。

     

    私個人としては、

    この方向に向かうことは大賛成であります。

     

    年中無休で営業すると、

    消費者は「いつでも購入できる」という感覚が生まれる。

     

    これは業務用の、

    つまり当社のお客様にも該当することであり、

    スーパーなど元日営業することにより、

    正月などのイベント事が全然盛り上がらない理由の一つと、

    以前より懸念しておりました。

     

    コンビニのように日用品中心ならば逆に都合が良いのだが、

    生鮮品となると、

    やはり「メリハリ」が必要ではないかと・・・。

     

    ごちそうが毎日食べられても感謝の気持ちは生まれない訳で・・・。

     

    業界毎によってローテーションで休暇を取らなければ、

    人々が流動化しない、

    すなわち「お金」が回らないのではないでしょうか・・・。

     

    食品業界、

    特に量販店の方々こそが一斉に休まなければならないのが「正月」。

     

    これだけでも、

    経済効果は多少ながら上向くのではないでしょうか・・・。

     

    お盆に然り、ゴールデンウィークに然り、

    今まで休暇を取れていた人々(業界人)が本来の休暇を取れるようになれば、

    先程述べたように経済効果が期待できますね。

    (あくまで私の憶測ですが・・・)

     

    今の、

    物があふれているこの時代、

    ダラダラ毎日営業したって売上アップには繋がらないと考えます。

     

    と言いながらも

    毎月考えることは、

    今月の営業日は前年同月との差異はどの程度かと、

    気にしてしまうのですが・・・。

     

    ところで、

    飲食店関係者の方々、

    「差別化」「独自化」大丈夫ですか?

     

    いつもと変わらないものを使って、

    「年末年始で今までの分を取り戻すゾ!」と

    意気込んでいる方、、、

     

    末端のお客様は、

    いつもと変わらない、

    そして、

    「魅力」のない飲食店を

    大事な年末年始に貴重な身銭(お金)を使いませんよ。

     

    それならば、

    スーパーのお寿司やお刺身で十分ですから。。。

     

    例えそれがお客様にすぐには気づかれなくても、

    ちょっとした「差別化」「独自化」の積み重ね、

    これこそが、

    生き残る手段ではないでしょうか。。。

     

    「美味しいものを食べたくなったら」と、

    最初に思い付いてもらえるお店、

    もしくは、

    「ここならお値打ちだから」と

    最初に思い付いてもらえるお店

     

    飲食店のみなさま、

    どちらに貴店は該当しますか?

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.12.27 (月) 18:20 仕事

    こんばんわ@原田です。

     

    本日は27日ですね。

    私もあと2日でこのマンションを後にすることとなります。

     

    「築地」

     

    私にとっては、

    大学卒業後の初勤務先でもあり、

    思い出深い場所。

     

    15年ぶりに築地で働きましたが、

    当時の知り合いの方々はもちろんの事、

    今回の駐在で様々な方々と出会うことができました。

     

    人との出会い、

    お金では買うことのできない「財産」ですよね?

     

    今後の三力のあり方について、

    考える機会を与えてくれた当社の社員の皆さんには本当に感謝しております。

     

    「築地」

    悔しいですが認めざるを得ないです、

    「世界一の市場」であるということを・・・。

     

    「魚」も集まることもさることながら、

    「人」、

    そして、

    「質」の良い情報、

    これに勝るものはありません。

     

    「長野」という狭い場所で、

    いかに自分自身が胡坐(あぐら)を掻(か)いていたということが、

    恥ずかしながら改めて認識いたしました。

     

    今後、

    三力はどのように方向を向けていけば良いのか。

     

    何を「売り文句」に、

    何を「強調」すれば良いか。。。

     

    「産地直送」「築地直送」

     

    これは、

    ちょっとした規模の会社や個人店では既に行われていること。

     

    プラス『α』とは、何でしょうか?

     

    答えが見えてきたような気がします。

     

    用は、

    同業他社ができないことをすれば良いのだと。。。

     

    常に向上しなければ。

    常に向上しなければ。

     

    そして、

    常に向上しなければ。

     

    新規のお客様に対して、

    「産地直送」「築地直送」

    この程度の売り文句は、あと1年ももちませんね。

     

    当社の社員が売り込むときに、

    お客様がおもわず、、、

    『グラッ』とくるような「フレーズ」

    あるいは「売り文句」。

     

    同業他社ができないことの追及、

    仮にできても、

    よりフットワークを軽くする、

    より早く対応する、、、、、、、

     

    零細企業の三力が生き残るためには、この追及に尽きますね。

     

    この生き残りの追及ができるのも、

    少数精鋭で汗水流しながら、

    愚痴一つこぼさない社員の皆さんのおかげ。

     

    私も少々疲労困憊ではありますが、、、

    常に頭の悪い自分自身との戦いであります。

     

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.12.26 (日) 07:43 仕事

    おはようございます@ハラダです。

     

    今日から築地も年末モードに突入で、

    浜止めされた青森県大間産(はえ縄)163キロの本マグロが、

    何百万円にもなり、

    私のような「田舎者」がセリ場にいるのが恥ずかしくなりました。。。

     

    また、

    冷凍マグロもすごいことになってますよ。

     

    ホントに良かった、

    アイルランド産の天然本マグロを押さえておいて。

    危うく無くなるところでしたよ・・・(汗)

     

    当社では、

    国産の畜養生本マグロも

    素晴らしいやつを取り揃えてありますので、

    ご心配なく・・・。

     

    ところで、

    先日もブログに書きましたが、

    さすが築地、

    全国から色々な魚も集まりますが、

    様々な「人」、

    つまり漁業関係者やメーカーさんや卸売業者も同様に集まってくる訳で。

     

    先日、

    ある卸売業者さんとの会話で、

    業者:「何かご提案できることはありませんか?」

    原田:「何か差別化できるものはありますか?」

    業者:「当社は量販店が主体ですので・・・」

    原田:「御社が強いのは養殖とかアジとかイワシとかですか」

    業者:「そうなります」

    原田:「それだと差別化できないのです」

    業者:「どのような商材を探していますか?」

    原田:「当社はいわゆる『業務筋』なので、特種物ですね」

    業者:「ということはお寿司屋さんとか料理屋さんとか居酒屋さんとか?」

    原田:「そうなりますね」

    業者:「実は特種物は苦手で・・・」

    原田:「なぜですか?」

    業者:「量販店は特種物は扱わないので・・・」

    原田:「今後の御社の方向性あるいは方針は?」

    業者:「特種物を強化したいのですが・・・」

    原田:「言うだけならば誰でもできるので」

    業者:「どうすれば良いでしょうか?」

    原田:「『有言実行』、『やる』か『やらない』か、じゃないでしょうか」

    業者:「上司に・・・」

    原田:「いちいち上司にお伺いを立てていたら、同業他社にやられちゃいますよ!」

     

    相手の業者さんはそこそこの規模なので、

    いわゆる「大企業病」になっているのでしょう・・・。

     

    当社は俗にいうところの「零細企業」。

     

    いちいちお伺いを立ててる間に、ホントに同業者に取られちゃうのです。

     

    「危機感」の温度差の違いでしょうか?

     

    上場企業などの一部の会社の経営者は「サラリーマン社長」。

     

    多くの零細企業の経営者は、家などの固定資産を「抵当」に押さえられています。

     

    なので、

    危機感の温度差が生じても仕方のないことなのです。

     

    私は、

    危機感を共有できる業者さんと取引をしたい、

    つまり、

    「仕事」に対する意識を共有できる方々と取引したいと

    常日頃より考えております。

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.12.25 (土) 06:53 日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    昨日は仕入終了後、

    家族4人で久しぶりにゆっくり過ごしました。

     

    今借りているマンションの近くにショッピングセンターがあり、

    ランチはその「フードコート」で済ませ、

    「さぁ~て、これから買い物地獄かぁ~~」と

    内心冷や冷やしていましたが、、、、

     

    特に妻の行動が気になる訳で。。。

     

    一番最初に妻が向かったショップ。

    それは、

    子供服売り場。

     

    今回は長女の服を中心に物色していた。

     

    子供を授かる前は、

    妻は無類の「ブランド好き」と「ワイン好き」でありましたが、

    今は何か購入するにしても、

    子供中心の買い物になっているようであります。。。

     

    授乳中なので「アルコール」も控えているようだし・・・。

     

    やはり「母親」なのでしょう・・・。

     

    私:「何か欲しいものは?」

    妻:「靴下」

    私:「なんで靴下なの?」

    妻:「2足しかないから・・・」

     

    やや拍子抜けしてしまいましたが、

    では、

    お言葉に甘えて・・・(靴下?)

     

    @妻へ

    なにか考えておきますね。

     

    今日はもんじゃだな。

     

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.12.23 (木) 05:30 日常

    おはようございます@ハラダです。

     

    昨夜は妻の妹の旦那さん、

    つまり義理の弟と飲みました。

     

    先日弟夫妻に第一子が誕生したからです。

     

    お祝い事なので、飲んじゃいました。

     

    出産前にお医者さんから、

    「もしかしたら障害が残る可能性がある」と言われていて、

    結構落ち込んでいました。

     

    結果的には特に先天的な異常はなく、ホッとしているようでした。

     

    健康って有難いものですね。

     

    当たり前ではないのです。

     

    だからこそ、一生懸命生きなきゃ・・・。

     

    ところで、

    社員から報告があり、

    昨夜システム上の異常なのか、

    「本日の入荷情報」が一部更新できませんでした。

     

    結構見ていただいているようで、

    期待された方々には大変失礼いたしました。

     

    今日はこれから妻の実家へ行き、その後家族共々東京へ戻って参ります。

     

    一人生活に慣れた私にとってはにぎやかな日々となり、

    ひと悶着(もんちゃく)ありそうな気配がありますが、それも楽しみたいと思います。

     

    ではこれから行って参りま~~す。

     

    (あっ、いけない、、、掃除しなくちゃ・・・)(焦)

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.12.22 (水) 11:28 仕事

    こんにちわ@ハラダです。

     

    年の3分の1近く築地にいると、

    それなりに知り合いもチラホラとできる訳で、

    私が相手を知らなくても相手は私のことを知っていたり、

    いきなり、

    商品を売り込んできたりと、

    面白い場所ですよ、築地は・・・。

     

    ところで、

    先日に引き続き、

    私が「二代目」「後継者」になるまでの

    本日は「その4」です。

     

    過去のブログでも触れましたが、

    やはり、

    人財は会社にとっては「生命線」。

     

    様々な企業を見るたびに痛感します。

     

    人ひとりを一人前にするには、

    個々の感性(俗に『センス』)もありますが、

    5~10年の期間は必要、

    つまり、

    先行投資、

    用は「お金」が掛かるのであります。

     

    ご多分に漏れず、

    三力も零細企業ではありますが、

    この何千万円という『先行投資』をそれなりに投じて参りました。

     

    入社したての社員さんは、

    給与は安いかもしれませんが、

    会社側からは福利厚生、社会保険、退職金積立など、

    結構間接的に負担しているのです。

     

    また、

    すぐには生産性のある仕事が期待できない、

    要するに、

    すぐに戦力とはならず、

    その間は幹部クラスが新人さんを食わせなければなりません。

     

    その新人さんが

    成長しないと困ったもので、

    本人は「自分はやっている」と勘違いしているものなら、

    さらに立ちが悪く、

    努力も観点が違う、

    つまり、、、稼ぎが悪ければ「『絵』に描いた餅」なのであります。

     

    商品に惚れこむばかりで、利益を出せない人。

    自分の担当しか力を入れない人。

    会社の備品(例えば『車』)を何回も破損する人。

    上司なのに部下の面倒を見ない奴。

     

    これらは、

    費用が発生します。

     

    つまり、

    少ない利益をさらに圧迫します。

    結局のところ、

    最終的に会社に利益を還元できない。

     

    まずは、会社を残すこと。

    私はこのためなら手段は選びません。

     

    経営者が会社のために何を一番最初にするべきか?

     

    それは、

    会社を存属すること。

    そして、

    会社を発展させること(お客様に還元する)。

    さらに、

    社員に還元すること。

     

    会社を存続させるためには2つの方法があります。

    1、増収増益もしくは減収増益

    とにかく「新規開拓」

    とにかく「商品構成」の充実化

    とにかく「小回り」「フットワークの軽さ」

    徹底した「差別化」「独自化」

     

    上記が厳しいようならば、

    2、間接費用の見直し

    車両保険、ガソリン代、携帯電話など。

     

    これでも利益を圧迫するならば、

    伝家の宝刀、

    3、給与のカットあるいは人員削減

     

    今のご時世、

    ひとりで4~5人分の仕事量は仕方のないこと。

     

    どうせ忙しくなるのなら、

    諸々の経費を削ることよりも、

    売上増に繋がる忙しさの方が良いでしょ?

     

    私が「二代目」になるまで、

    約8年の月日がありましたが、

    その間、

    衰退する会社の社員の動向を観察する機会が数多くありました。

     

    教訓、

    少々追われることがあっても仕事は忙しい方が良い。

     

    なぜなら、

    暇になると人間マイナス的なことしか発想しなくなります。

     

    「暇なのは〇〇さんが悪い」

    「〇〇さんが使えないから仕事の効率が捗(はかど)らない」

    「お客さん減ってるのに社長、何もしないよ」 など、

    悪口を言い出したら切りがありません。

     

    なので、

    当社の社員さんには申し訳ないと思います。

    なぜなら、

    当社は忙しく、人使いが荒いようです・・・(謝)

     

    でも、

    暇より良いと思います。

     

    売れるお客さんがいるって、有難いことです。

     

    それに当社には、

    仕入販売において即断即決できる頼もしい社員が多いので・・・。(プチ自慢)

     

    人は仕事に追われる方が幸せだと、

    私は考えますが、

    みなさん、

    いかがでしょうか・・・。

    (題名とちと脱線しちゃいました・・・)(汗)(爆)

     

     

     

    Comment0 Comment0
  • 2010.12.21 (火) 18:06 日常

    こんばんは@ハラダです。

     

    明日22日はそこそこ動きそうなので、

    少々強めに仕入れております。

     

    当社には精鋭揃いの社員がおりますので、

    多分完売するでしょう!

     

    報告を楽しみにしていますよ!

     

    ところで、

    明後日は私の妻と2人の子供が東京へやってくる日。

     

    家族4人水入らずで過ごすのは、

    実に4か月振りでしょうか・・・。

     

    昨日恒例の電話をし、

    言葉がまだタドタドしい長男が、

    「パパァ~、一緒に遊びた~い」と

    催促されてしまいました。

     

    ここ4カ月、

    まともに子供と遊んでいない。

     

    新幹線や高速バスの時間ばかり気にして、

    父親として、

    ろくに何もしてあげられなかったのであります。

     

    滞在は3~4日でしょうが、

    長男に一番最初に連れて行きたいところ、

    それはもちろん

    「築地市場」であります!

     

    まあ、

    2歳半の子供を連れて行っても記憶に残らないのは承知であります。

     

    ただ、

    私が働いている職場の空気を共有したいのであります。

     

    多分1~2回しか履かないであろう、

    長男用の長靴を買っちゃいました・・・(親ばか)

     

    長野で一生懸命稼いでくれている当社の社員の皆さんには

    大変申し訳ないのですが、

    つかの間の親子の時間を楽しませてください。

     

    ただ、なぜこのタイミングで家族が上京するのでしょうか???

     

    もしや・・・

    「ク・リ・ス・マ・ス」・・・(やばい)(汗)

     

    気づいた時には既に時遅し・・・。

     

    そういえば、

    事前に妻が3人分の荷物を送ってきたのですが、

    なぜか、

    荷物の量が少ないと思ったので聞いてみたところ、、、

    「おむつがないから、かさ張らないのよ」と、

    微妙な回答・・・。

     

    24日は銀座へ行かないように、

    何とかしなければ・・・。

     

    私の願い。。。

    神様、

    どうか24日は月島から勝どき橋を渡らずに、

    そして、

    銀座へ行きませんように・・・。

    切に祈っております。。。

     

    拝啓、妻へ・・・。

    24日のディナーは近所の「もんじゃ焼き」でいかがでしょうか・・・?

     

    以上、

    はかない私の小さな要望でした。

     

    (多分、撃沈・・・)

    Comment0 Comment0
1  2  3 »

ページトップへ